68件中 51 - 60件表示
  • 6月21日

    6月21日から見た石井浩郎石井浩郎

    1964年 - 石井浩郎、元プロ野球選手6月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年

    1964年から見た石井浩郎石井浩郎

    6月21日 - 石井浩郎、元プロ野球選手1964年 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松真人

    赤松真人から見た石井浩郎石井浩郎

    、開幕直後に右肩関節上方関節唇損傷で登録抹消されたが、4月中旬に復帰した。4月29日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)でプロ初本塁打となる初回先頭打者本塁打を放つと、同カード・同球場の翌日の試合でも2試合連続となる先頭打者本塁打を放った。プロ第1、2号が2試合連続初回先頭打者本塁打となったのはプロ野球史上初のことである。翌5月1日も本塁打を放ち、の石井浩郎以来となるプロ初本塁打から3試合連続本塁打を記録した。この年の赤松は左打者の天谷宗一郎と併用されたため規定打席には届かなかったが、開幕からの右肩痛と戦いつつシーズンを通じて堅実な守備で数字以上の貢献を見せた。走塁面でも非凡な才能を見せ、盗塁数こそ12個に終わったが高い成功率 (.857) を記録した。12月20日、入籍していた女性と広島市内で結婚式を挙げた。赤松真人 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た石井浩郎石井浩郎

    石井浩郎の加入で外野での出場が前年よりも増加。シーズン中に母親を亡くすという不幸に見舞われるがレギュラーとして定着し、初のオールスターゲーム出場を果たす。シーズン成績は僅かに3割に届かず、打率.296で終えたことを反省し、ワンプレーを大切にすることを強く意識するようになる。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 河本育之

    河本育之から見た石井浩郎石井浩郎

    翌は開幕から一軍にはいたものの前年の肩の故障からフォームを崩し状態が上がらず春先に一軍登録を抹消された。その間にブライアン・ウォーレンが抑えを務め、一軍に復帰後も同年に就任した山本功児監督の方針もあって主に敗戦処理に回された。シーズン2回目の2軍行きとなった8月頃から違う球団に行ってやり直したいと考え始めた。同年は21試合の登板に終わった。オフの11月8日に石井浩郎との交換トレードで巨人に移籍した。河本育之 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡雄二

    吉岡雄二から見た石井浩郎石井浩郎

    の開幕一軍入りを果たす。しかし、その年はジェフ・マントが開幕から三塁手でスタメン出場していたため、吉岡はベンチ入りしていながら落合博満の代走・守備固めのみでの出場機会であり、打席の機会がしばらくない状態が続いた。マントは開幕9試合でスタメンを外されたが、開幕10試合目からは長嶋一茂が一軍に昇格してきて9試合連続の三塁スタメンとなり、吉岡自身はやはり打席の機会がなく、シーズン初打席は開幕18試合目での代打であった。その後は仁志敏久の三塁コンバートにより、前年よりも出場を減らす結果となった。1月に石井浩郎との交換トレードで石毛博史とともに近鉄バファローズへ移籍。吉岡雄二 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋茂雄

    長嶋茂雄から見た石井浩郎石井浩郎

    1997年は西武からFAで清原和博、ロッテからエリック・ヒルマン、近鉄から交換トレードで石井浩郎を獲得するなど大型補強を行ったが補強戦力が不振や故障に泣き、またエース斎藤雅樹の不振もあり4位に終わり、若手も伸び悩むなどで長嶋への批判も多くなる。長嶋茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 金村義明

    金村義明から見た石井浩郎石井浩郎

    13年間にわたった在籍期間中には、一軍公式戦でシーズン2桁本塁打を6回、全試合出場を3回記録。通算成績は打率.258、本塁打127本で、近鉄?大阪近鉄時代の中村や、「いてまえ打線」で共に中軸を担ったラルフ・ブライアント、石井浩郎、タフィ・ローズを下回った。金村自身も、「成績の面では一流ではなかった」と認めている。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 赤木誠

    赤木誠から見た石井浩郎石井浩郎

    1992年7月18日、オールスターゲーム第3戦(甲子園)ラジオ中継(MBS制作・ニッポン放送との相互ネット分、解説:安藤統男、ゲスト:西川のりお)で、5回表にパシフィック・リーグの石井浩郎・田辺徳雄・佐々木誠がセントラル・リーグの小松辰雄から3者連続本塁打を放った瞬間を実況。赤木誠 フレッシュアイペディアより)

  • 青木宣親

    青木宣親から見た石井浩郎石井浩郎

    シーズンでは7月21日に行われたオールスターゲームの第1戦目(明治神宮野球場)ではMVPを獲得(フレッシュオールスターMVP経験者によるオールスターMVP受賞は簑田浩二(阪急)・石井浩郎(近鉄)以来となる3人目。翌日にも藤本敦士(阪神タイガース)がMVPを受賞し、4人目のダブル受賞者となっている)。オールスター第1戦目でMVPを獲得した際は、松坂大輔から先頭打者安打、二盗成功後に三盗失敗、平凡な右翼フライを落球、吉井理人から本塁打を打つなどした。2006年1月1日に放送されたスポーツマンNo.1決定戦の「ショットガン・タッチ」で世界新記録となる13m60cmを記録。パワーフォースでもNo.1を獲得し、総合3位に輝いた。シーズンでは首位打者こそ逃したものの、両リーグトップの192安打を放ち2年連続の最多安打のタイトルを獲得。課題であった三振が減少、四球が増加し、本塁打や打点、出塁率も大幅に向上した。得点圏打率.399はリーグトップ。また、41盗塁を記録して赤星憲広の6年連続を阻止し、自身初の盗塁王を受賞した。青木宣親 フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「石井浩郎」のニューストピックワード