61件中 51 - 60件表示
  • 遠山奬志

    遠山奬志から見た石井浩郎石井浩郎

    阪神復帰1年目のは、投手への再起のためシーズンの大半を二軍での練習などに費やした。は登録名を遠山 奬志に変更。新監督野村克也のもとでサイドスローへの転向、シュートを習得して復活し、主に左打者へのワンポイントリリーフとして活躍。野村阪神の左の中継ぎエースとなった。同年5月22日の対巨人戦(阪神甲子園球場)で、10年のブランクを経て勝利投手となり、当時史上最長ブランクでの勝利を記録した(2010年に大家友和が日本球界で16年振りの勝利を記録、大幅に更新された)。同年は当時巨人の松井秀喜を13打数無安打に抑え込み、6月13日の対巨人13回戦(甲子園)ではピンチで前のバッター(右打者の石井浩郎)敬遠で松井勝負で三振に打ち取るなど「松井・高橋キラー」と呼ばれた(ちなみに松井はこの時期「(遠山の)顔も見たくない」と憂鬱そうに語ったり、ヤンキース移籍後も「打ち取られる夢を見た」と話している)。遠山奬志 フレッシュアイペディアより)

  • 打撃 (野球)

    打撃 (野球)から見た石井浩郎石井浩郎

    石井浩郎、中島裕之のぶった切り打法打撃 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立野球場

    秋田県立野球場から見た石井浩郎石井浩郎

    2011年8月30日、秋田県と秋田市が連名で、「2014年のプロ野球オールスターゲームを当球場に誘致したい」との要望書を、日本野球機構(NPB)の事務局長に対して提出した。9月9日には、佐竹敬久秋田県知事が「秋田県で開催される国民文化祭に合わせての開催を要望する」と表明した。これに対し、日本野球機構(NPB)は「地方開催を行うかどうかも決まっていない」と答えたという。その後、同年10月25日、石井浩郎参議院議員と佐竹秋田県知事、穂積志秋田市長が日本野球機構(NPB)を訪問し、加藤良三コミッショナーにオールスター開催の要望書を提出した。石井参院議員は「秋田ではまだ一度もオールスターが開催されていない。子どもたちの一生の思い出になるよう優先的に開催してほしい」とコメントしている。なお、2014年の開催については、沖縄県那覇市も沖縄セルラースタジアム那覇への誘致を表明している。秋田県立野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た石井浩郎石井浩郎

    「日本一」「三冠王」の2つを目標に掲げて10年目のシーズンをスタート。開幕後間もない4月13日にFA権を取得。7月9日に黒田博樹から通算300号本塁打を放つ。28歳0ヶ月での到達は王貞治の27歳3ヶ月に次ぐ史上2番目の年少記録であり、1200試合目での達成は史上6番目に速さであった。また、8月1日には4番打者としての連続出場を363試合に伸ばし、石井浩郎の記録を抜き当時の単独1位となった。オールスターゲーム前までは、前年同様打球が上がらず76試合で18本塁打だったが、後半戦は64試合で32本塁打という驚異のペースで打ち続け、自己最多、史上8人目の50本塁打を記録する。セ・リーグでは1985年のランディ・バース以来17年ぶり、巨人では同じく1977年の王貞治以来の25年ぶりの快挙となった。ペタジーニに9本差をつけた50本目のホームランは2002年の本拠地最終戦の対ヤクルト戦(東京ドーム)で記録。最終打席はキャッチャーへのファウルフライを打ったところ捕手の米野智人が落球。次の投球で本塁打を放った。7・8月と2ヶ月連続で月間MVPを受賞。9月7日の広島戦でプロ野球新記録となる5年連続100得点を記録した。シーズン終盤までは打率3割5分台を維持し、三冠王目前だったが、シーズン終盤に調子を落とし、首位打者争いで福留孝介にタイトルを譲った。打率、本塁打、出塁率では自己最高の成績で、本塁打王、打点王、最高出塁率、シーズンMVPを獲得した。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た石井浩郎石井浩郎

    中日在籍当時、ライバル・巨人の関連会社である日本テレビの『THE・サンデー』で、「ウッス!川上憲伸っス!」という彼の1週間を追うコーナーが放送されていた時期があった(石井浩郎、三沢興一のコーナーと同時に放送されていたが、この2名は巨人在籍経験があった)。また、『THE独占サンデー』では川上のパロディのパペット人形キャラ「川上犬・シン」(本物の川上は犬好きである)も登場していた。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 川相昌弘

    川相昌弘から見た石井浩郎石井浩郎

    には大型遊撃手の二岡智宏の加入により出場機会は減少したものの、守備要員・バント要員で依然チームに欠かせない存在だった。遊撃手での出場機会が大幅に減り、三塁手での出場が中心になる。より、同い年の石井浩郎の退団に伴って空いた6番に背番号を変更。川相昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • イ・ジョンヒョン

    イ・ジョンヒョンから見た石井浩郎石井浩郎

    デビューアルバム「Let's Go To My Star」の表題曲『ワ』等を歌った際は、マイクを左手の小指に付ける独特の方法を用いた。紅白歌合戦でもこのスタイルで出場した。千葉ロッテマリーンズの今江敏晃(過去には石井浩郎、伊与田一範)の応援歌にもなっている。イ・ジョンヒョン フレッシュアイペディアより)

  • 中山雅行

    中山雅行から見た石井浩郎石井浩郎

    初奪三振:同上、6回裏に石井浩郎から中山雅行 フレッシュアイペディアより)

  • 岡村 孝子

    岡村孝子から見た石井浩郎石井浩郎

    1997年、プロ野球読売ジャイアンツの石井浩郎と結婚し、第一子をもうけた。『Reborn』(2000年)では、家族への温かな想いをつづっていた。しかし、2003年に離婚した。岡村孝子 フレッシュアイペディアより)

  • 石井琢朗

    石井琢朗から見た石井浩郎石井浩郎

    登録名の琢朗は、野手に転向する際、大成する字画の名前として高校時代の先輩のアドバイスから付けられたもの。1997年には同姓の石井義人がベイスターズに入団してきたため背ネーム表記がT.ISHII、報道やスコアボードでの表記も石井琢に変更され、球場アナウンスもフルネームで呼称されるようになった。2002年に横浜に在籍した石井浩郎が同年限りで引退、2003年には石井義人も移籍したため、報道などでは「石井」表記に戻ったが、その他の表記等は以前のままとしており、これは広島移籍後も続いた。石井琢朗 フレッシュアイペディアより)

61件中 51 - 60件表示

「石井浩郎」のニューストピックワード