1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示
  • 早稲田大学第二文学部

    早稲田大学第二文学部から見た石井浩郎石井浩郎

    石井浩郎 - 政治家、元プロ野球選手早稲田大学第二文学部 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た石井浩郎石井浩郎

    野茂英雄が最多勝、防御率など主な先発投手タイトルを獲得する活躍で新人王&MVPとなり、沢村賞も獲得。また同じく新人の石井浩郎も6月以降にレギュラーに定着し規定打席不足ながら打率.300、22本塁打と活躍。しかしチームは開幕2戦目から9連敗を喫し大きく出遅れ、阿波野の不振や小野の故障など野茂以外の投手陣が軒並み成績を落としたこともあり、西武との大差を縮められず3位に終わる。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た石井浩郎石井浩郎

    は開幕前、巨人がビジター用ユニフォームの胸ロゴを「TOKYO」から「YOMIURI」に変更したことについて、「なぜ巨人の伝統を大事にしないのかなぁ」と松井がコメントしたとスポーツ報知が報じ、オーナーの渡邉恒雄が激怒するという騒動があった。記事を執筆した記者の広岡勲(現在は松井の専属広報)が巨人担当を外れることで事態は収拾した。「日本一」「三冠王」の2つを目標に掲げて10年目のシーズンをスタート。開幕後間もない4月13日にFA権を取得。7月9日に黒田博樹から通算300号本塁打を放つ。28歳0ヶ月での到達は王貞治の27歳3ヶ月に次ぐ史上2番目の年少記録であり、1200試合目での達成は史上6番目の速さであった。また、8月1日には4番打者としての連続出場を363試合に伸ばし、石井浩郎の記録を抜き当時の単独1位(後に、金本知憲が更新)となった。オールスターゲーム前までは、前年同様打球が上がらず76試合で18本塁打だったが、後半戦は64試合で32本塁打という驚異のペースで打ち続け、自己最多、史上8人目の50本塁打を記録する。セ・リーグでは1985年のランディ・バース以来17年ぶり、日本人では1986年の落合博満以来16年ぶり、巨人では同じく1977年の王貞治以来の25年ぶりの快挙となった。ペタジーニに9本差をつけた50本目の本塁打は2002年の本拠地最終戦の対ヤクルト戦(東京ドーム)で記録。7・8月と2ヶ月連続で月間MVPを受賞。9月7日の広島戦でプロ野球新記録となる5年連続100得点を記録した。シーズン終盤までは打率3割5分台を維持し、三冠王目前だったが、シーズン終盤に調子を落とし、首位打者争いで福留孝介にタイトルを譲った。打率、本塁打、出塁率では自己最高の成績で、本塁打王、打点王、最高出塁率、シーズンMVPを獲得した。なお、巨人ではこの年の松井を最後に日本人選手の本塁打王を獲得した選手は出ていない。また、巨人の日本人左打者の40本塁打以上の選手及び打点王は2010年に阿部慎之助が44本塁打を記録、2012年に打点王を獲得するまで現れなかった。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た石井浩郎石井浩郎

    には、背番号を石井浩郎の着けていた3へ変更。同年は不調で三振数も100を超えた。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た石井浩郎石井浩郎

    中日在籍当時、ライバル・巨人の関連会社である日本テレビの『THE・サンデー』で、「ウッス!川上憲伸っス!」という彼の1週間を追うコーナーが放送されていた時期があった(石井浩郎、三沢興一のコーナーと同時に放送されていたが、この2名は巨人在籍経験があった)。また、『THE独占サンデー』では川上のパロディのパペット人形キャラ「川上犬・シン」(本物の川上は犬好きである)も登場していた。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年のスポーツ

    1964年のスポーツから見た石井浩郎石井浩郎

    6月21日 - 石井浩郎(秋田県、野球)1964年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た石井浩郎石井浩郎

    2010年までの応援歌はイ・ジョンヒョンの「ワ」が原曲。以前は石井浩郎、伊与田一範の応援歌として使われており、2003年に伊与田が戦力外通告を受け退団したため、2004年から「ワ」に変わった(2010年はマイナーチェンジし、より原曲に近くなった)。「ワ」以前は同じイ・ジョンヒョンの「ノ」を応援歌として使用していた。2011年から『ソウルキャリバーII』のBGM「Brave Sword,Braver Soul」に変更された。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た石井浩郎石井浩郎

    は開幕から4番を務め、開幕3試合目に移籍第一号となる本塁打を放って、西武時代の終盤と遜色ない成績を残すものの、シーズンを通じて阪神の4番・桧山進次郎と三振数を争い、当時のリーグ新記録152三振を記録(桧山は150三振)、求められたものが大きかったためか一時は応援ボイコット(応援歌・コールなし)も受けた。最終的には打率.249、32本塁打、95打点の成績で、本塁打、打点は前年よりも上回り巨人の右打者での30本以上の本塁打は1988年の原辰徳以来であり、90打点以上も1987年の原以来の達成である(尚これが清原にとって30本塁打を超えたのは最後の年であった)。しかし、勝負どころで相手チームが松井秀喜を敬遠、清原勝負を選択、清原が凡退した結果敗戦した試合も度々あり、清原のエンジンがかかり始めたのも優勝争いから脱落してからであった。また4番での出場試合数的には清原がトップであったが、清原以外に4番に座った広澤克実や石井浩郎の方が勝利に結びつく打撃をしていたこともあって、数字以上に大いに期待外れの印象を残してしまった。巨人はこの年、優勝戦線から早々に離脱し、清原自身プロ入り初のBクラスでシーズンを終えた。清原和博 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示

「石井浩郎」のニューストピックワード