前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示
  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た高市早苗

    政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に対し、電波停止を命じる可能性に言及した高市早苗総務相の姿は問題とは思わない。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た豊田清

    150本塁打:2000年4月4日、対西武ライオンズ1回戦(千葉マリンスタジアム)、2回裏に豊田清から左越ソロ ※史上110人目石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た佐々木主浩

    、6月終盤に一軍昇格。6月25日の対横浜戦で移籍後初スタメン出場すると、翌26日は移籍後初安打を記録。更に、9回1点リードされてる場面で横浜のリリーフエース佐々木主浩から同点となる移籍後初本塁打を放つ。6月28日の対中日戦では第65代目の4番としてスタメンで出場しその後も4番打者として低迷してるチームを支えたが、8月頭に怪我で戦線離脱しそのままシーズンを終えてしまった。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た鈴木陽悦

    2010年2月14日、同年夏の参議院選挙に一人区秋田県選挙区より自由民主党の公認を得て立候補する意向を示し、2月17日付で自民党に入党。7月11日の参議院選挙において民主党の現職・鈴木陽悦を破り、初当選した。自由民主党では教育・文化・スポーツ関係団体委員会委員長を務めている。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た羽生善治

    趣味の一つに将棋があり、NHK BS2で毎年正月に放送される「大逆転将棋」に複数回出演している。2009年に秋田市で初めて開催された名人戦七番勝負(第67期、羽生善治対郷田真隆、第5局)では、島朗とともにトークショーに出演し、羽生が名人位防衛を果たした後の就位式(7月24日)では乾杯の音頭を務めた。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た郷田真隆

    趣味の一つに将棋があり、NHK BS2で毎年正月に放送される「大逆転将棋」に複数回出演している。2009年に秋田市で初めて開催された名人戦七番勝負(第67期、羽生善治対郷田真隆、第5局)では、島朗とともにトークショーに出演し、羽生が名人位防衛を果たした後の就位式(7月24日)では乾杯の音頭を務めた。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た吉田豊彦

    100本塁打:1994年5月7日、対福岡ダイエーホークス5回戦(ナゴヤ球場)、7回裏に吉田豊彦からソロ ※史上178人目石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た岡村孝子

    私生活では巨人移籍後の1997年にシンガーソングライターの岡村孝子と結婚。一女をもうけるが、引退後の2003年に離婚(子供の親権者・扶養は岡村)。2006年8月に早大の後輩にあたる元モデルの女性と2度目の結婚するが、後に離婚。更に2013年10月には都内在住のフリーアナウンサーと3度目の結婚。同年8月に男児が生まれていることが判明。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見たイ・ジョンヒョン

    オフの11月8日に河本育之との交換トレードで千葉ロッテマリーンズへ移籍。ロッテ移籍1年目の2000年に4番打者に定着し2年連続二桁本塁打を放って活躍するも、シーズン後半に左手首を骨折して途中離脱。2年目は代打要員に甘んじた。ロッテ時代の応援歌はイ・ジョンヒョンの『ワ』が原曲。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見たプリンスホテル

    1987年にプリンスホテルに入社。サンシャインシティプリンスホテルに勤務しながらプリンスホテル硬式野球部に3年間在籍し、通算32本塁打を記録。全日本では4番を務めた。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示

「石井浩郎」のニューストピックワード