73件中 11 - 20件表示
  • 石井浩郎

    石井浩郎から見たラルフ・ブライアント

    アマチュア時代は全日本の4番打者を務めるほどの長距離バッターであったが、1年目の3月、当時チームの主砲であったラルフ・ブライアント、鈴木貴久らが藤井寺球場での打撃練習で外野スタンドにポンポンと打球を放り込むのを見て「自分は中距離打者に過ぎないのではないか」と衝撃を受けたと述べている。前年、ドラフトに指名される直前の10月12日の西武の優勝がかかった西武球場での対近鉄ダブルヘッダーを西武を応援する為に観戦していたが、試合はブライアントの4連発などもあり勝利するが、「こんなチームに入ったら苦労するぞ」と恐れていた、とも述べている。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た石毛博史石毛 博史

    しかし、この年以降は故障に泣かされ成績が急降下。には左手首を骨折し、2試合の出場にとどまる。同年オフ、球団が野球協約違反の50%ダウンの年俸提示をしたため、年俸調停を申請。日本野球機構からの要請を受け、一旦近鉄と契約した後に石毛博史・吉岡雄二との2対1のトレードで読売ジャイアンツへ移籍。当時、巨人の編成部長はプリンスホテル時代の監督だった石山建一が務めており、その縁故もあった。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た杉本正 (野球)

    初本塁打:1990年7月4日、対福岡ダイエーホークス13回戦(大阪球場)、7回裏に杉本正から中越ソロ石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た松本豊

    八郎潟町立一日市小(6年生の時に統合して八郎潟町立八郎潟小学校となる)、八郎潟町立八郎潟中学校を卒業後、1980年に県内一の進学校であり、県内では野球強豪校でもある秋田高校に進学。野球部では、高校通算32本塁打の活躍をするも、県内では秋田経済法科大学附属高校(現:明桜高等学校)が強く(同校の一学年上には松本豊がいた。)、甲子園への出場は逃した(秋田高校は石井が卒業した直後の年に、夏の甲子園に出場している)。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た山田武史

    初盗塁:1990年10月5日、対福岡ダイエーホークス24回戦(藤井寺球場)、5回裏に二盗(投手:山田武史、捕手:大塚義樹)石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た吉岡雄二

    しかし、この年以降は故障に泣かされ成績が急降下。には左手首を骨折し、2試合の出場にとどまる。同年オフ、球団が野球協約違反の50%ダウンの年俸提示をしたため、年俸調停を申請。日本野球機構からの要請を受け、一旦近鉄と契約した後に石毛博史・吉岡雄二との2対1のトレードで読売ジャイアンツへ移籍。当時、巨人の編成部長はプリンスホテル時代の監督だった石山建一が務めており、その縁故もあった。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た大塚義樹

    初盗塁:1990年10月5日、対福岡ダイエーホークス24回戦(藤井寺球場)、5回裏に二盗(投手:山田武史、捕手:大塚義樹石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た鈴木貴久

    アマチュア時代は全日本の4番打者を務めるほどの長距離バッターであったが、1年目の3月、当時チームの主砲であったラルフ・ブライアント、鈴木貴久らが藤井寺球場での打撃練習で外野スタンドにポンポンと打球を放り込むのを見て「自分は中距離打者に過ぎないのではないか」と衝撃を受けたと述べている。前年、ドラフトに指名される直前の10月12日の西武の優勝がかかった西武球場での対近鉄ダブルヘッダーを西武を応援する為に観戦していたが、試合はブライアントの4連発などもあり勝利するが、「こんなチームに入ったら苦労するぞ」と恐れていた、とも述べている。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た石山建一

    しかし、この年以降は故障に泣かされ成績が急降下。には左手首を骨折し、2試合の出場にとどまる。同年オフ、球団が野球協約違反の50%ダウンの年俸提示をしたため、年俸調停を申請。日本野球機構からの要請を受け、一旦近鉄と契約した後に石毛博史・吉岡雄二との2対1のトレードで読売ジャイアンツへ移籍。当時、巨人の編成部長はプリンスホテル時代の監督だった石山建一が務めており、その縁故もあった。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た小松辰雄

    1年目はキャンプ肝炎と風疹のため出遅れたがジュニアオールスターでMVPを獲得、シーズン22本塁打を記録。で、入団から5年連続20本塁打以上を記録し、4番打者として362試合連続試合出場のプロ野球記録を樹立(しかし、足のケガで最後の6試合は全て1打席立って交代という起用法だったため物議を醸した)。年のオールスターゲーム第1戦では小松辰雄から本塁打を放つなど活躍でMVPを獲得。ジュニアオールスターとの獲得は史上初。には33本塁打、111打点で打点王のタイトルを獲得した。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示

「石井浩郎」のニューストピックワード