95件中 41 - 50件表示
  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た東京六大学野球連盟

    高校卒業後、一般入試で早稲田大学第二文学部に進学。早稲田大学野球部入部後、日米大学野球選手権大会にも出場した。東京六大学リーグ通算66試合出場、241打数58安打、打率.241、15本塁打、42打点。ベストナイン1回。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た名護市

    米軍普天間基地は名護市辺野古に移設すべき。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た普天間飛行場

    米軍普天間基地は名護市辺野古に移設すべき。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た福岡ソフトバンクホークス

    初出場・初先発出場:1990年5月8日、対福岡ダイエーホークス2回戦(北九州市民球場)、7番・指名打者として先発出場石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームMVP:1回 (1992年 第1戦)石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た横浜DeNAベイスターズ

    1989年度ドラフト会議にて近鉄バファローズから3位指名を受けて入団、1994年には打点王のタイトルを獲得した。その後読売ジャイアンツ、千葉ロッテマリーンズ、横浜ベイスターズでプレイし、横浜在籍時の2002年に引退した。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た自由民主党 (日本)

    石井 浩郎(いしい ひろお、1964年6月21日 - )は、秋田県南秋田郡八郎潟町出身のプロ野球選手(内野手)、実業家、政治家(参議院議員)である。自由民主党所属。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1年目は肝炎と風疹のため出遅れたがジュニアオールスターでMVPを獲得、シーズン22本塁打を記録。また、入団から5年連続20本塁打以上を記録し、4番打者として362試合連続試合出場のプロ野球記録を樹立(しかし、足のケガで最後の6試合は全て1打席立って交代という起用法だったため物議を醸した)した。のオールスターゲーム第1戦では小松辰雄から本塁打を放つなど活躍でMVPを獲得。ジュニアオールスターとの獲得は史上初である。同年は最優秀新人にはならなかったものの、優秀新人賞としてパ・リーグ特別表彰を受けている。には33本塁打、111打点で打点王のタイトルを獲得した。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1989年度ドラフト会議にて近鉄バファローズから3位指名を受けて入団、1994年には打点王のタイトルを獲得した。その後読売ジャイアンツ、千葉ロッテマリーンズ、横浜ベイスターズでプレイし、横浜在籍時の2002年に引退した。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た藤井寺球場

    アマチュア時代は全日本の4番打者を務めるほどの長距離バッターであったが、1年目の3月、当時チームの主砲であったラルフ・ブライアント、鈴木貴久らが藤井寺球場での打撃練習で外野スタンドにポンポンと打球を放り込むのを見て「自分は中距離打者に過ぎないのではないか」と衝撃を受けたと述べている。前年、ドラフトに指名される直前の10月12日の西武の優勝がかかった西武球場での対近鉄ダブルヘッダーを西武を応援する為に観戦していたが、試合はブライアントの4連発などもあり勝利するが、「こんなチームに入ったら苦労するぞ」と恐れていた、とも述べている。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

95件中 41 - 50件表示

「石井浩郎」のニューストピックワード