73件中 51 - 60件表示
  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た八郎潟町

    石井 浩郎(いしい ひろお、1964年6月21日 - )は、秋田県南秋田郡八郎潟町出身の元プロ野球選手(内野手、1990年 - 2002年)、実業家、政治家(2010年 - 、自民党所属の参議院議員(1期))。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見たシンガーソングライター

    私生活では巨人移籍後の1997年にシンガーソングライターの岡村孝子と結婚し一女をもうけるが、引退後の2003年に離婚(子供の親権者・扶養は岡村)。2006年8月に早大の後輩にあたる元モデルの女性と再婚した。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た自由契約

    オフに自由契約となり、横浜ベイスターズへ移籍。は横浜の主軸として期待されたが、成績が振るわず同年限りで現役引退。10月4日に横浜スタジアムで行われた対巨人戦で最後の打席に立ち、ベンチに引き揚げる時には、横浜のメンバーだけでなく、かつての同僚である巨人のメンバーからも拍手で送られた。巨人から本塁打を打っていれば、全球団から本塁打を達成だったが、それは達成できず、現役最終打席はショートフライとなっている。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た北九州市民球場

    初出場・初先発出場:1990年5月8日、対福岡ダイエーホークス2回戦(北九州市民球場)、7番・指名打者として先発出場石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た自由民主党 (日本)

    2010年2月14日、同年夏の参議院選挙に一人区秋田県選挙区より自由民主党の公認を得て立候補する意向を示した。自由民主党秋田県支部は、翌15日に開催した常任幹事会で正式に擁立することを決め、党本部に公認を申請することとし、同日付で石井は自由民主党に入党。7月11日の参議院選挙において民主党の現職・鈴木陽悦を破り、初当選を果たした。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見たTHE・サンデー

    日本テレビ『THE・サンデー』のスポーツコーナーで『拝啓、石井浩郎です。』というコーナーが設けられていた。コーナーは石井が巨人を退団した後もしばらく続けられた。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た年俸調停

    しかし、この年以降は故障に泣かされ成績が急降下。には左手首を骨折し、2試合の出場にとどまる。同年オフ、球団が野球協約違反の50%ダウンの年俸提示をしたため、年俸調停を申請。日本野球機構からの要請を受け、一旦近鉄と契約した後に石毛博史・吉岡雄二との2対1のトレードで読売ジャイアンツへ移籍。当時、巨人の編成部長はプリンスホテル時代の監督だった石山建一が務めており、その縁故もあった。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た指名打者

    初出場・初先発出場:1990年5月8日、対福岡ダイエーホークス2回戦(北九州市民球場)、7番・指名打者として先発出場石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た大逆転将棋

    趣味の一つである将棋では、。NHK BS2で毎年正月に放送される「大逆転将棋」には複数回出演している。2009年に秋田市で初めて開催された名人戦 (将棋)七番勝負(第67期、羽生善治対郷田真隆、第5局)では、島とともにトークショーに出演し、羽生が名人位防衛を果たした後の就位式(7月24日)では乾杯の音頭を務めた。石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井浩郎

    石井浩郎から見た千葉マリンスタジアム

    150本塁打:2000年4月4日、対西武ライオンズ1回戦(千葉マリンスタジアム)、2回裏に豊田清から左越ソロ ※史上110人目石井浩郎 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示

「石井浩郎」のニューストピックワード