160件中 21 - 30件表示
  • 恒心

    恒心から見た石原伸晃石原伸晃

    2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙で最後の明治生まれの桜内義雄と原健三郎が議員引退して明治生まれが全て引退して、2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙で、中山太郎が落選して大正生まれ(大正世代)の議員がいなくなり全議員が昭和生まれとなった。1990年代は竹下派七奉行や清和会四天王と呼ばれた政治家が活躍した。20世紀の間は大正生まれから、昭和一桁生まれ・昭和10年代生まれの政治家に世代交代をする移行期であり、大正生まれ(中曽根康弘・竹下登・宇野宗佑・宮澤喜一・村山富市・梶山静六など)から昭和一桁生まれ(土井たか子・海部俊樹・武村正義など)・昭和10年代生まれ(小沢一郎・羽田孜・細川護煕・橋本龍太郎・小渕恵三など)までの政治家が1990年代の政界を主導したが、竹下派七奉行や安倍派四天王を中心に2000年代に入るとこれらの政治家の多くが死去したり引退した。自由民主党では自由民主党総裁選挙での自由民主党の派閥争いが弱体化したが総理大臣の座を巡って、ネオ・ニューリーダーと呼ばれた政治家が活躍して、金竹小・安竹宮・YKK(山崎拓・加藤紘一・小泉純一郎)・麻垣康三・NAISの会(根本匠・安倍晋三・石原伸晃・塩崎恭久)などと呼ばれた政治家が注目された。2000年代になると、昭和10年代生まれ(森喜朗・小泉純一郎・亀井静香・小沢一郎・福田康夫・麻生太郎など)・昭和20年代生まれ(鳩山由紀夫・菅直人・岡田克也・安倍晋三など)が主導権握り、2010年代になると、昭和30年代生まれ(前原誠司・野田佳彦など)の政治家が主導権を握り始めた。与野党で戦後生まれの党首が誕生して、国会議員は大日本帝国期の1945年(昭和20年)以前に誕生した戦前生まれ・戦中生まれの政治家より、団塊の世代など第二次世界大戦の後に誕生した戦後生まれの政治家の方が多数となった。新党ブームがあった1990年代には、昭和30年代生まれ・昭和40年代生まれ(新人類・バブル世代)が、小泉チルドレン・小沢ガールズなどが注目されるようになった2000年代には、昭和40年代生まれ・昭和50年代生まれ(氷河期世代・団塊ジュニア)が国会議員となった。2010年代には昭和60年代生まれが国会議員となった。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 新生佛教教団

    新生佛教教団から見た石原伸晃石原伸晃

    『週刊現代』によれば、政治家の石原伸晃は、山口市の本部や東京支部によく顔を出しているという。新生佛教教団 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力発電所反対デモ

    原子力発電所反対デモから見た石原伸晃石原伸晃

    同年3月27日には、名古屋にて『脱原発を歩こう!?ストップHAMAOKAぱれーど?』が行われ、一時間弱のパレードを開催し、約400人が集まった。4月10日には、東京で2つの反原発デモが行われ、それぞれ芝公園では2500人、高円寺では主催者発表で1万5千人、ロイターによれば5千人(どちらで行われたデモかは不明)が参加した。6月11日には新宿で主催者発表で約2万人が参加するなど、「6・11脱原発100万人アクション」としてデモやイベントが全国各地で開かれ、参加者は合わせて朝日新聞によれば7万9千人と報じられた。この時、自由民主党幹事長の石原伸晃は「アナーキー(無政府主義的)で代替エネルギーのことを考えていない」と発言した。同日、宮崎駿もスタジオジブリのある東小金井でデモを行っており、スタジオジブリの屋上では同月16日から、「スタジオジブリは原発ぬきの電気で映画をつくりたい」と書かれた横断幕が掲げられている。原子力発電所反対デモ フレッシュアイペディアより)

  • テロ対策特別措置法

    テロ対策特別措置法から見た石原伸晃石原伸晃

    まず江田憲司議員が2007年9月1日放送の朝まで生テレビ!で、米軍のウェブサイトの情報を元に給油燃料のイラク戦争への転用疑惑を紹介し、翌日のサンデープロジェクトの中で石原伸晃自民党政調会長もその可能性を認めた。その後、江田議員は自らのウェブサイト上で、給油燃料の8割以上がアフガンではなくイラク作戦に費やされたとする番組内での指摘については、イラクとアフガンのものが一体となった数字ではないかとして見方を修整している(米軍のサイトでは「イラクの自由作戦」のページに「不朽の自由作戦が始まって以来」として日本の提供燃料の量を記載していた。ページは既に削除されているため下記の保存ページ参照)。テロ対策特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • 道路運送経営研究会

    道路運送経営研究会から見た石原伸晃石原伸晃

    68万円 石原伸晃 自民党 衆 元国交相道路運送経営研究会 フレッシュアイペディアより)

  • トーキョーワンダーサイト

    トーキョーワンダーサイトから見た石原伸晃石原伸晃

    トーキョーワンダーサイトの館長と副館長には、「石原知事の知己の関係」という理由で都の参与である今村有策とその妻の家村佳代子が就任した。今村は石原や延啓との親密な関係だけでなく、「(都知事の長男である)石原伸晃とも家族ぐるみの付き合い」とされた。石原は今村と妻についても「余人に代え難い」と言い切った(都知事四男の参画事業、予算伸び突出「余人に代え難い」 asahi.com2006年12月13日)。トーキョーワンダーサイト フレッシュアイペディアより)

  • 政教分離を貫く会

    政教分離を貫く会から見た石原伸晃石原伸晃

    代表世話人 白川勝彦、平沢勝栄、自見庄三郎、石原伸晃、江口一雄、江渡聡徳、奥谷通、小林多門、松本和那政教分離を貫く会 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年東京都議会議員選挙

    2009年東京都議会議員選挙から見た石原伸晃石原伸晃

    自民党東京都連会長の石原伸晃は都議会自民党惨敗の結果を受け、都連会長を辞任する意向を表明したものの、後任が決まらず結局、石原をはじめ東京都連執行部全員が続投した。また、自由民主党選挙対策委員長の古賀誠は都議選前に、宮崎県知事東国原英夫へ衆院選出馬をスタンドプレー的に打診しており、それにより党内が混乱したことも敗北につながったとして、古賀は選対委員長を辞任する意向を明らかにしている。2009年東京都議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た石原伸晃石原伸晃

    自由民主党の役員改選が行われ、大島理森幹事長が副総裁、新幹事長には石原伸晃元政調会長、政調会長は石破茂が留任し、総務会長には小池百合子元防衛相が女性で初めて党3役に就任。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の政治

    2008年の政治から見た石原伸晃石原伸晃

    9月10日 - 自由民主党総裁選挙の告示日。麻生太郎幹事長、石破茂前防衛相、石原伸晃元行革相、小池百合子元環境相、与謝野馨経済財政相の5名が立候補。2008年の政治 フレッシュアイペディアより)

160件中 21 - 30件表示

「石原伸晃」のニューストピックワード