135件中 61 - 70件表示
  • 佐田玄一郎

    佐田玄一郎から見た石原伸晃石原伸晃

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に旧群馬県第1区(定数3)から自民党公認で出馬し、日本社会党の田邊誠、自民党の尾身幸次に次ぐ3位で初当選を果たした(当選同期に岡田克也・藤井裕久・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二など)。1993年の第40回衆議院議員総選挙では尾身に次ぐ2位で当選。佐田玄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 住博司

    住博司から見た石原伸晃石原伸晃

    1987年、NHK退職。当時の宮澤喜一蔵相の秘書となる。1990年の第39回衆議院議員総選挙に父の地盤を引き継ぎ富山1区から立候補し初当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・藤井裕久・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二など)。宮沢派に所属した。1993年の第40回衆議院議員総選挙ではトップ当選を果たした。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い富山2区から立候補、全国トップの高得票率(84.8%)で3選。住博司 フレッシュアイペディアより)

  • 塩谷立

    塩谷立から見た石原伸晃石原伸晃

    静岡県立静岡高等学校卒業後、米国カリフォルニアのアンバサダーカレッジに留学。帰国後、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業した。1990年の第39回衆議院議員総選挙に旧静岡3区から自由民主党公認で出馬し、初当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・藤井裕久・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・細田博之・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二など)。1993年の第40回衆議院議員総選挙でも再選されたが、小選挙区制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙では静岡県第8区で北脇保之(前浜松市長)に敗れ、落選。塩谷立 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤謙一郎

    佐藤謙一郎から見た石原伸晃石原伸晃

    父が総選挙で落選したため、1979年に父の秘書となり、1983年に神奈川県議会議員選挙に横浜市戸塚区から立候補し、当選。2期目の途中、1987年11月の参議院補欠選挙に自民党公認(清和会)で立候補し当選、国政へと進む。1990年の第39回衆議院議員総選挙には参議院議員を辞職し、引退した父の後継者として自民党公認で立候補し、当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・藤井裕久・鈴木俊一・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・簗瀬進・山本有二など)。政治改革推進派の立場を取り、石破茂らと自民党内に「政治改革を実現する若手議員の会」を設立し、事務局長に就任する。派閥は安倍晋太郎→三塚博派に属した。佐藤謙一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た石原伸晃石原伸晃

    2010年9月9日に副総裁への就任が決定。参院選で勝利した大島の交代には異論があったが、若手からの世代交代論とのバランスを取る形で、副総裁への昇格という形が取られた(後任の幹事長は石原伸晃)。このため、選挙対策や国会対策の実務においては、引き続き大島の意向が強く働き、実際選挙準備や与野党協議を巡って大島の動きが報じられることが多かった。特に東日本大震災以後の与野党協力の気運の中で、民主党の実力者であった仙谷由人らと大連立を視野に入れた協議を断続的に行なっていたが、実現には至らなかった。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • たちあがれ日本

    たちあがれ日本から見た石原伸晃石原伸晃

    2012年1月25日に、石原慎太郎東京都知事、国民新党の亀井静香、たちあがれ日本の平沼赳夫で3月中にも新党を結成するとの報道が流れた。当初、平沼は「亀井さんの一人芝居」と否定してきたが、石原新党結成を目指した発言をしていくようになる。平沼は1月25日の記者会見で保守結集を目指し、「自民、民主の一部に働きかけ、70?80人を糾合することを目標にしたい」と語り自民党の反発を受けた。自民党の谷垣禎一は27日夜、「自民党からも引っ張ってこようというような失礼な話にコメントする必要もない」と不快感を示した。31日、石原伸晃も「人の財布に手突っ込むな」と反発した。たちあがれ日本 フレッシュアイペディアより)

  • 円より子

    円より子から見た石原伸晃石原伸晃

    12月-同年11月、第46回衆議院議員総選挙への出馬要請があり、東京8区から出馬。54,881票獲得するが、自由民主党の石原伸晃・無所属の山本太郎にやぶれ次々点。円より子 フレッシュアイペディアより)

  • 新藤義孝

    新藤義孝から見た石原伸晃石原伸晃

    2012年(平成24年)4月27日、尖閣諸島の東京都による購入を表明した石原慎太郎都知事が自民党本部を訪問した際、石原伸晃幹事長及び小野寺五典外交部長と共に領土に関する特命委員会代表として会談。自民党が既に尖閣諸島有人利用や上陸調査決議を行った旨などを説明した。その後も雑誌で尖閣問題を石原都知事と対談するなど、将来的な尖閣諸島の国所有を目指し、緊密な連携を図っている。新藤義孝 フレッシュアイペディアより)

  • 森英介

    森英介から見た石原伸晃石原伸晃

    1990年、父・美秀の死去に伴い第39回衆議院議員総選挙に旧千葉県第3区から出馬し、初当選。当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・亀井久興・中谷元・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二らがいる。1993年の第40回衆議院議員総選挙では、旧千葉3区でトップ当選。1994年、村山内閣で労働政務次官に就任。小選挙区比例代表並立制が導入された第41回衆議院議員総選挙以降は千葉県第11区から出馬し、小選挙区で5選。森英介 フレッシュアイペディアより)

  • 弟 (テレビドラマ)

    弟 (テレビドラマ)から見た石原伸晃石原伸晃

    石原伸晃 - (不明): 慎太郎の長男弟 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

135件中 61 - 70件表示

「石原伸晃」のニューストピックワード