160件中 71 - 80件表示
  • 後藤茂之

    後藤茂之から見た石原伸晃石原伸晃

    2012年自由民主党総裁選挙で自由民主党幹事長(当時)・石原伸晃の選挙対策本部で事務局長を務める。同年の第46回衆議院議員総選挙で矢崎を破り4選で国政に復帰した。選挙後に発足した第2次安倍内閣で法務副大臣に任命された。後藤茂之 フレッシュアイペディアより)

  • 三ツ矢憲生

    三ツ矢憲生から見た石原伸晃石原伸晃

    2011年(平成23年)12月、副幹事長職の辞表を幹事長の石原伸晃に提出し、副幹事長を辞任。2012年(平成24年)1月、政務調査会副会長に就任。2013年(平成25年)9月30日、外務副大臣に就任。2016年(平成28年)9月、衆議院外務委員長に就任。2017年(平成29年)8月、自民党政務調査会長代理に就任。2017年(平成29年)11月、衆議院財務金融委員会筆頭理事に就任。三ツ矢憲生 フレッシュアイペディアより)

  • 若狭勝

    若狭勝から見た石原伸晃石原伸晃

    2016年東京都知事選挙では、党が推薦した増田寛也ではなく小池百合子の応援に入り、小池の街頭演説第一声から行動をともにした。自民党東京都連会長の石原伸晃と都連幹事長の内田茂は連名で、「増田以外の候補者を党員や親族が応援した場合は除名などの処分対象になる」という警告文書を配布しており、都知事選挙終了後に都連のホームページから若狭の情報が削除された。若狭勝 フレッシュアイペディアより)

  • 山際大志郎

    山際大志郎から見た石原伸晃石原伸晃

    2012年の第46回衆議院議員総選挙では、神奈川18区で日本未来の党から出馬した樋高や、鹿児島5区から国替えしてきた民主党の網屋信介を破り、国政に復帰。選挙後に発足した第2次安倍内閣では内閣府大臣政務官に任命された(2013年9月30日退任)。また、石原伸晃の山崎派継承に伴い、石原派には参加せず離脱した。山際大志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵元三四郎

    蔵元三四郎から見た石原伸晃石原伸晃

    世直し劇に出演した国会議員は毎回50名以上になり、民主党の菅直人、原口一博、枝野幸男、野田佳彦、河村たかし、自民党の河野太郎、石原伸晃、中川昭一、渡辺喜美、大村秀章など若手議員が多い。ベンチャー企業家としては、ソフトバンクの孫正義、旅行代理店HISの澤田秀雄、人材派遣業「パソナグループ」の南部靖之などがいる。写真家の長島義明が舞台裏の写真を公開している。蔵元三四郎 フレッシュアイペディアより)

  • たちあがれ日本

    たちあがれ日本から見た石原伸晃石原伸晃

    1月25日に、石原慎太郎東京都知事、国民新党の亀井静香、たちあがれ日本の平沼赳夫で3月中にも新党を結成するとの報道が流れた。当初、平沼は「亀井さんの一人芝居」と否定してきたが、石原新党結成を目指した発言をしていくようになる。平沼は1月25日の記者会見で保守結集を目指し、「自民、民主の一部に働きかけ、70〜80人を糾合することを目標にしたい」と語り自民党の反発を受けた。自民党の谷垣禎一は27日夜、「自民党からも引っ張ってこようというような失礼な話にコメントする必要もない」と不快感を示した。31日、石原伸晃も「人の財布に手突っ込むな」と反発した。たちあがれ日本 フレッシュアイペディアより)

  • 新藤義孝

    新藤義孝から見た石原伸晃石原伸晃

    2012年(平成24年)4月27日、尖閣諸島の東京都による購入を表明した石原慎太郎都知事が自民党本部を訪問した際、石原伸晃幹事長及び小野寺五典外交部長と共に領土に関する特命委員会代表として会談。自民党が既に尖閣諸島有人利用や上陸調査決議を行った旨などを説明した。その後も雑誌で尖閣問題を石原都知事と対談するなど、将来的な尖閣諸島の国所有を目指し、緊密な連携を図っている。新藤義孝 フレッシュアイペディアより)

  • 慶應義塾普通部

    慶應義塾普通部から見た石原伸晃石原伸晃

    石原伸晃 - 元行政改革担当大臣兼規制改革担当大臣、元国土交通大臣兼観光立国担当大臣、元環境大臣、元経済再生担当大臣 / 昭和48年卒業 (C組)慶應義塾普通部 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件

    尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件から見た石原伸晃石原伸晃

    11月5日の朝にニュースで映像を見たという高村正彦は、「政府がどれくらいだらしないかということだ」、「最初の時点で公開すべきだった」、「政治判断で公開しなかったものが、こうした形で表に出るのはおかしなことだ」と述べた。塩崎恭久は「国家の体をなしていない」、「政府がもっと早く公開していればこんなことにはならなかった」とし、小野寺五典は、「官僚が流出にかかわったのであれば、役所が今の政府に対して大きな不満を持っていることが背景にある」、逢沢一郎は「国会でしっかりと追及していく」、山本一太は「民主党政権の自滅的外交敗北、流出させた人はやむにやまれない理由があったという気がする」と述べたほか、自民党総務会において谷垣禎一総裁は「一瞬でも早くビデオを全面公開すべきだ」と述べ、石原伸晃幹事長は午前に「国民を馬鹿にしている」と述べたうえで、「政府がちゃんとビデオをすべて公開するまで補正予算案の審議に入るべきではない」とし、他の出席者からも「全面公開しなければ全委員会の審議を中止すべき」と同調の声が挙がった。また、総務会後の記者会見では小池百合子総務会長が「国家の危機管理がもはや効かない状況だ」、「(関係閣僚は)問責に値するし、問責以上なのではないか、いつの間にか責任がうやむやになるのは許し難い」と述べた。11月6日には平沢勝栄がTV番組で、「政府は公開すると海上保安庁の(今後の)活動に支障が生じるとしていたが、ビデオを見た限り当てはまらない」、「非公開としたのは疑問だ」と述べた。尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のラジオ (日本)

    2012年のラジオ (日本)から見た石原伸晃石原伸晃

    文化放送新春報道スペシャル「後藤謙次 Point of View〜2012年、この国の行方」(文化放送、14:30。出演:前原誠司、石原伸晃2012年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

160件中 71 - 80件表示

「石原伸晃」のニューストピックワード