135件中 71 - 80件表示
  • 石原典子

    石原典子から見た石原伸晃石原伸晃

    慎太郎との間に伸晃、良純、宏高、延啓の4人の子供をもうける。石原典子 フレッシュアイペディアより)

  • YKK (政治同盟)

    YKK (政治同盟)から見た石原伸晃石原伸晃

    加藤の乱では、小泉は加藤の不信任案賛成の情報を積極的に流し、主流派として鎮圧側に回った。これを境に、徐々に小泉と加藤が疎遠になり、小泉が総裁就任後は山崎と小泉の蜜月時代になった。一方で山崎と加藤の関係も引き続き続いており、その後、小泉と山崎が距離を置き始め、加藤と山崎が共同歩調をとる姿が目立った。2009年の総選挙において山崎が落選し、政界における動きは停止している。2012年の第46回衆議院議員総選挙で加藤は落選し、山崎は派閥を石原伸晃に譲り、事実上終焉した。YKK (政治同盟) フレッシュアイペディアより)

  • 小泉進次郎

    小泉進次郎から見た石原伸晃石原伸晃

    遠縁・石原慎太郎(衆議院議員)、石原伸晃(衆議院議員)等小泉進次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 激論!クロスファイア

    激論!クロスファイアから見た石原伸晃石原伸晃

    石原伸晃(自民党幹事長)激論!クロスファイア フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣 (第2次改造)

    菅内閣 (第2次改造)から見た石原伸晃石原伸晃

    政府・民主党は内閣法を改正して閣僚の定員を一時的に3人増員して20人とし、震災への対策を強化し、野党から入閣を求めて「挙国一致」体制を築くことも合わせて検討された。3月19日、自由民主党の谷垣禎一総裁に原発問題担当相、大島理森副総裁に震災対策担当相としての入閣が打診されたと新聞各紙朝刊が報じた。その日の午後には菅が谷垣へ電話で副総理兼震災復興担当相での入閣を要請したが、谷垣は拒否した。自民党は震災対策では全面協力する方針だが、当初から同党から閣僚を出すことには否定的であり、閣僚増員が提案された18日の「各党・政府震災対策合同会議」では石原伸晃自民党幹事長が岡田克也民主党幹事長に対し、「首相が思いつきで総裁に電話すると混乱するので気をつけてほしい」と牽制していた。閣僚の増員に関しても与党で連立を組む国民新党の代表であった亀井静香などから反対され、改正は見送られた。その後、亀井は首相の菅から副総理としての入閣を打診されたが固辞し、首相補佐官に就任している。菅内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 村田吉隆

    村田吉隆から見た石原伸晃石原伸晃

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に義父・藤井の地盤である旧岡山県第2区から無所属で出馬し、初当選(当選同期に岡田克也・藤井裕久・佐田玄一郎・亀井久興・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・塩谷立・古屋圭司・細田博之・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・簗瀬進・山本有二など)。当選後、自由民主党の海部俊樹総裁から追加公認を受け、自民党に入党。旧岡山2区のライバルには橋本龍太郎や加藤六月らがいた。小選挙区比例代表並立制導入後は岡山県第5区から出馬し、7期連続当選。村田吉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た石原伸晃石原伸晃

    2010年4月、所属していた町村派を退会。同年8月11日に行われた党参議院議員会長選挙では中曽根弘文の推薦人に名を連ねて当選させ、その後の参院自民党の人事で山本が参院政審会長に起用された。参院政審会長として党務における3つの目標(自民党役員会の正式メンバー昇格、執行部の一員としての総務会出席、本部政調会長代理との兼任)を掲げ、翌9月に発足した新党三役(石原伸晃幹事長・小池百合子総務会長・石破茂政調会長)が山本の主張を取り入れたことで3つの目標が実現した。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た石原伸晃石原伸晃

    小泉は組閣にあたり、慣例となっていた派閥の推薦を一切受け付けず、閣僚・党人事を全て自分で決め、「官邸主導」と呼ばれる流れを作った。言い換えると、従来の派閥順送り型の人事を排したのである。少数派閥の領袖である山崎拓を幹事長に起用する一方で、最大派閥の平成研究会(橋本派)からは党三役に起用しなかった。人気のある石原伸晃を行政改革担当大臣に、民間から経済学者の竹中平蔵を経済財政政策担当大臣に起用した。また、総裁選の功労者の田中眞紀子は外務大臣に任命された。5人の女性が閣僚に任命された(第1次小泉内閣)。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ZERO×選挙

    ZERO×選挙から見た石原伸晃石原伸晃

    石原伸晃(自民党衆議院議員)ZERO×選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年東京都知事選挙

    2007年東京都知事選挙から見た石原伸晃石原伸晃

    1991年以降、都知事選において政党本部の推薦を受けた候補はすべて落選しており、1991年の選挙では自由民主党幹事長だった小沢一郎が辞任に追い込まれている。石原は自民党推薦候補らを破って初当選しており、2003年にも自民党の推薦・支持を受けていない。しかし、この時の選挙では長男伸晃が東京都連会長である自民党が推薦を決定していた。2007年東京都知事選挙 フレッシュアイペディアより)

135件中 71 - 80件表示

「石原伸晃」のニューストピックワード

  • 一番大きいのは研究開発がコストでなく、投資に入るようになったこと。

  • (日米の戦争の)ある意味、象徴的な場所。

  • 中長期的な目でしっかり注視していくことが肝要だ