135件中 81 - 90件表示
  • 古屋圭司

    古屋圭司から見た石原伸晃石原伸晃

    1990年、養父の後継者として第39回衆議院議員総選挙に自民主公認で旧岐阜県第2区から出馬し、初当選(当選同期に岡田克也・藤井裕久・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃など)。当選後、安倍派に入会。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い岐阜県第5区から出馬し、5人の候補が乱立する混戦を制して当選した。1998年の自由民主党総裁選挙に際しては亀井静香や平沼赳夫らに同調し、三塚派を離脱。梶山静六を支援したが、梶山は平成研究会会長の小渕恵三に敗れた。その後志帥会の旗揚げに参加する。2001年、第1次小泉内閣で経済産業副大臣に任命された。古屋圭司 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡利勝

    松岡利勝から見た石原伸晃石原伸晃

    1990年(平成2年)の第39回衆議院議員総選挙に旧熊本1区から無所属で立候補。当初は泡沫候補と見られていたが、北口博、松野頼三らを下し最下位ながらも初当選、以降連続6回当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・亀井久興・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・簗瀬進・山本有二など)。議員一期目に、三塚派の先輩である小泉純一郎や石原慎太郎に同調して小選挙区導入に猛反対し、同じ三塚派所属の一年生議員らと共に党中枢と敵対した。他にもコメの自由化に反対して国会前で座り込みをしたり、1994年(平成6年)11月の熊本市長選挙で魚住汎英と乱闘を起こすなど、武闘派として知られるようになる。一方で、選挙で対立候補を支援した建設会社に対して、その後公共事業の発注を行わせないようにするなどの一面もあった。松岡利勝 フレッシュアイペディアより)

  • 小池百合子

    小池百合子から見た石原伸晃石原伸晃

    浅尾慶一郎、安倍晋三、荒井広幸、石破茂、石原伸晃、枝野幸男、大村秀章、岡田克也、小池百合子、河野太郎ほか。29名による共著小池百合子 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀誠

    古賀誠から見た石原伸晃石原伸晃

    2005年12月には、族議員としての有力な権力基盤である道路調査会の会長ポストを石原伸晃に明け渡した。古賀誠 フレッシュアイペディアより)

  • 今津寛

    今津寛から見た石原伸晃石原伸晃

    1990年、北海道議会議員を2期目の任期途中で辞職。同年の第39回衆議院議員総選挙に旧北海道2区(定数4)から自由民主党公認で出馬し、得票数3位で当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・藤井裕久・鈴木俊一・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二など)。当選後、海部俊樹首相の出身派閥である新政策研究会(河本派)に入会。1993年の第40回衆議院議員総選挙では自民党に逆風が吹く中、旧北海道2区でトップ当選を果たした。今津寛 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党の派閥

    自由民主党の派閥から見た石原伸晃石原伸晃

    春秋会:河野派→新政同志会(※春秋会・森派→園田派→福田派に合流×)?政科研・中曽根派→渡辺派(※近未来政治研究会・山崎派→【石原派】)→(合併)志帥会・村上派→江藤派→亀井派→伊吹派→【二階派】自由民主党の派閥 フレッシュアイペディアより)

  • 河村建夫

    河村建夫から見た石原伸晃石原伸晃

    1990年(平成2年)、引退する田中龍夫の後継で第39回衆議院議員総選挙に旧山口1区(定数4)から自民党公認で出馬し、当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二など)。以後7回連続当選。河村建夫 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た石原伸晃石原伸晃

    4月 - 自民党の政権力委員会(ネクスト・ジャパン)において、谷垣禎一本部長の下、石原伸晃組織運動本部長、小池百合子広報本部長と共に本部長代理に就任石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第8区

    東京都第8区から見た石原伸晃石原伸晃

    1996年以来、石原慎太郎日本維新の会代表の長男で、国土交通大臣や自由民主党政調会長を務めた石原伸晃が連続6選している。2003年、2005年の選挙では、次点に5万票以上の得票差をつけ圧勝した。2009年の第45回衆議院議員総選挙では石原の他、民主・社民の選挙協力のため、小宮山洋子の地盤である東京都第6区から国替えしてきた社民党の保坂展人や、日本共産党の沢田俊史、幸福実現党の植田誠一が出馬。自民党が歴史的な大惨敗を喫したが、石原が次点の保坂に3万票の差をつけ当選した。東京都第8区 フレッシュアイペディアより)

  • 山田宏

    山田宏から見た石原伸晃石原伸晃

    1994年、日本新党の解党により新進党結党に参加。新進党では1995年の党首選挙で鳩山邦夫擁立の中心的役割をになった。1996年の第41回衆議院議員総選挙には小選挙区比例代表並立制導入に伴い東京都第8区から出馬したが、自民党の石原伸晃に敗れ、落選した。その後、再び新党結成に向けて動き、日本新党に参加した野田、長浜、中田らに加え市村浩一郎、海老根靖典、河井淳一、小田全宏、勝又恒一郎、河村たかし、中村時広らが参加して「志士の会」を結成するが、その後の第18回参議院議員通常選挙での民主党の躍進が影響し、新党結成の動きは頓挫する。山田宏 フレッシュアイペディアより)

135件中 81 - 90件表示