160件中 81 - 90件表示
  • 佐藤謙一郎

    佐藤謙一郎から見た石原伸晃石原伸晃

    父が総選挙で落選したため、1979年に父の秘書となり、1983年に神奈川県議会議員選挙に横浜市戸塚区から立候補し、当選。2期目の途中、1987年11月の参議院補欠選挙に自民党公認(清和会)で立候補し当選、国政へと進む。1990年の第39回衆議院議員総選挙には参議院議員を辞職し、引退した父の後継者として自民党公認で立候補し、当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・藤井裕久・鈴木俊一・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・簗瀬進・山本有二など)。政治改革推進派の立場を取り、石破茂らと自民党内に「政治改革を実現する若手議員の会」を設立し、事務局長に就任する。派閥は安倍晋太郎→三塚博派に属した。佐藤謙一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山田宏

    山田宏から見た石原伸晃石原伸晃

    1994年、日本新党の解党により新進党結党に参加。新進党では1995年の党首選挙で鳩山邦夫擁立の中心的役割をになった。1996年の第41回衆議院議員総選挙には小選挙区比例代表並立制導入に伴い東京8区から出馬したが、自民党の石原伸晃に敗れ、落選した。その後、再び新党結成に向けて動き、日本新党に参加した野田佳彦、長浜博行、中田宏らに加え市村浩一郎、海老根靖典、河井淳一、小田全宏、勝又恒一郎、河村たかし、中村時広らが参加して「志士の会」を結成するが、その後の第18回参議院議員通常選挙での民主党の躍進が影響し、新党結成の動きは頓挫する。山田宏 フレッシュアイペディアより)

  • 谷公士

    谷公士から見た石原伸晃石原伸晃

    2009年、公務員制度改革を巡って麻生内閣に人事院総裁として対立した。2009年2月3日、麻生太郎が本部長を務める国家公務員制度改革推進本部は、「公務員制度改革に係る「工程表」について」を決定した。「工程表」は内閣官房に「内閣人事・行政管理局」を設置し、級別定数の設定、任用基準の策定、採用試験の実施、研修および人事院勧告などの人事院の所掌・権限を移管することを定めていた。人事院はこれらは国家公務員制度改革基本法に定められた制度改革の基本方針の枠外であるとし、特に級別定数の移管については、国家公務員の労働基本権制約に対する人事院の代償機能を損なうものであると問題視した。谷は政府案の修正を求めて甘利明行政改革担当大臣と協議したが1月26日の会談で決裂。翌27日には石原伸晃自民党公務員制度改革委員長や河村建夫官房長官とも会談したが、自体の進捗にはいたらず、2月3日、改革推進本部は「工程表」を決定した。決定の日、谷は記者会見で「政府案は公務員制度改革基本法の範囲を超えている。(公務員は全体の奉仕者とする)日本国憲法第15条に由来する重要な機能が果たせなくなり、労働基本権制約の代償機能も損なわれると強く懸念する」と述べ、人事院の意見が取り入れられなかったことに遺憾の意を表明した。谷公士 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋ひでたけのあさラジ!

    高嶋ひでたけのあさラジ!から見た石原伸晃石原伸晃

    石原伸晃(衆議院議員)高嶋ひでたけのあさラジ! フレッシュアイペディアより)

  • 懲罰委員会

    懲罰委員会から見た石原伸晃石原伸晃

    逢沢一郎、伊吹文明、石原伸晃、遠藤利明、左藤章、額賀福志郎、御法川信英、森英介(自由民主党・無所属の会)懲罰委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 高鳥修一

    高鳥修一から見た石原伸晃石原伸晃

    2016年2月4日、不祥事で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)を辞任した甘利明の後任である石原伸晃の代理として、TPP加盟協定文署名式典に和服姿で参加した。署名式参加後、高鳥は、高鳥修一 フレッシュアイペディアより)

  • 簗瀬進

    簗瀬進から見た石原伸晃石原伸晃

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に森山欽司の後継者として自由民主党公認で出馬して初当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・藤井裕久・鈴木俊一・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・小坂憲次・山本拓など)。当選同期の赤城徳彦・村田吉隆・山本有二・今津寛・渡瀬憲明・前田正らと新政策研究会(会長:河本敏夫)に所属。簗瀬進 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎拓

    山崎拓から見た石原伸晃石原伸晃

    2007年、安倍改造内閣が退陣すると、ポスト安倍に福田康夫を支持した。福田康夫内閣が成立すると、自民党外交調査会長に就任、引き続き外交や安全保障政策を中心に活動を行う。次いで麻生内閣においても再任されたが、次の第45回衆議院議員総選挙を見据えて旧YKKの加藤とともに新党結成に動き、国民新党代表代行の亀井静香の仲介で民主党の小沢一郎とも会談をもった。結局、第45回衆議院議員総選挙には自民党から出馬したが自民党は大敗、山崎は再び落選した。落選後も、山崎派会長職を2012年に石原伸晃に譲るまで務めた。山崎拓 フレッシュアイペディアより)

  • 第193回国会

    第193回国会から見た石原伸晃石原伸晃

    衆議院と参議院の本会議で、安倍晋三内閣総理大臣の施政方針演説が行われた。また、岸田文雄外務大臣の外交演説、麻生太郎財務大臣の財政演説と石原伸晃内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)の経済演説がそれぞれ行われた(政府四演説)。第193回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 大和大学

    大和大学から見た石原伸晃石原伸晃

    2016年4月1日 政治経済学部を開設。山崎拓、石原伸晃、平沢勝栄、野田聖子、森まさこなどの自民党の政治家が、月1回リレー方式で行う講義や、大阪ガス、 関西電力、 サントリーホールディングス、 積水ハウス、ダイキン工業、 NTT西日本、JR西日本、阪急電鉄、三菱東京UFJ銀行、 アサヒビール、竹中工務店、電通、ミキハウスなどの企業幹部による実学講座を週1回で開催することなどを、目玉としている。大和大学 フレッシュアイペディアより)

160件中 81 - 90件表示

「石原伸晃」のニューストピックワード