209件中 51 - 60件表示
  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た森英介

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に旧東京都第4区(定数5)から無所属で出馬し、自由民主党の粕谷茂に次ぐ得票数2位で初当選を果たした(当選同期には岡田克也・佐田玄一郎・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二らがいる)。当選後、自民党に入党し、清和政策研究会に入会。1993年の第40回衆議院議員総選挙では、新党ブームに押されるも得票数5位で再選。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、東京都第8区から自民党公認で出馬。後に杉並区長に転出する新進党の山田宏を約7千票差で下し、3選。1996年、第2次橋本内閣で通商産業政務次官に任命された。1998年の金融国会では、金融再生関連法案の成立に尽力し、所謂「政策新人類」に名を連ねる。同年、三塚派を退会し、宏池会に入会する。2000年の加藤の乱では、森喜朗首相ら政権批判の急先鋒であり、内閣不信任決議案の採決では欠席した。加藤の乱の後、分裂した宏池会を退会し、その後2007年までは無派閥であった。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た山本拓 (政治家)

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に旧東京都第4区(定数5)から無所属で出馬し、自由民主党の粕谷茂に次ぐ得票数2位で初当選を果たした(当選同期には岡田克也・佐田玄一郎・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二らがいる)。当選後、自民党に入党し、清和政策研究会に入会。1993年の第40回衆議院議員総選挙では、新党ブームに押されるも得票数5位で再選。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、東京都第8区から自民党公認で出馬。後に杉並区長に転出する新進党の山田宏を約7千票差で下し、3選。1996年、第2次橋本内閣で通商産業政務次官に任命された。1998年の金融国会では、金融再生関連法案の成立に尽力し、所謂「政策新人類」に名を連ねる。同年、三塚派を退会し、宏池会に入会する。2000年の加藤の乱では、森喜朗首相ら政権批判の急先鋒であり、内閣不信任決議案の採決では欠席した。加藤の乱の後、分裂した宏池会を退会し、その後2007年までは無派閥であった。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た河村建夫

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に旧東京都第4区(定数5)から無所属で出馬し、自由民主党の粕谷茂に次ぐ得票数2位で初当選を果たした(当選同期には岡田克也・佐田玄一郎・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二らがいる)。当選後、自民党に入党し、清和政策研究会に入会。1993年の第40回衆議院議員総選挙では、新党ブームに押されるも得票数5位で再選。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、東京都第8区から自民党公認で出馬。後に杉並区長に転出する新進党の山田宏を約7千票差で下し、3選。1996年、第2次橋本内閣で通商産業政務次官に任命された。1998年の金融国会では、金融再生関連法案の成立に尽力し、所謂「政策新人類」に名を連ねる。同年、三塚派を退会し、宏池会に入会する。2000年の加藤の乱では、森喜朗首相ら政権批判の急先鋒であり、内閣不信任決議案の採決では欠席した。加藤の乱の後、分裂した宏池会を退会し、その後2007年までは無派閥であった。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た安倍晋三

    2006年、安倍晋三総裁の下で幹事長代理に就任。翌2007年の党役員人事では政務調査会長に起用され、初めて党三役入りを果たした。同年12月、近未来政治研究会(山崎派)に入会。2008年、福田康夫の辞任に伴う自由民主党総裁選挙に史上最年少(51歳5ヶ月)で出馬するが、得票数3位で落選した。麻生太郎新総裁の下、幹事長代理に就任。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た村田吉隆

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に旧東京都第4区(定数5)から無所属で出馬し、自由民主党の粕谷茂に次ぐ得票数2位で初当選を果たした(当選同期には岡田克也・佐田玄一郎・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二らがいる)。当選後、自民党に入党し、清和政策研究会に入会。1993年の第40回衆議院議員総選挙では、新党ブームに押されるも得票数5位で再選。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、東京都第8区から自民党公認で出馬。後に杉並区長に転出する新進党の山田宏を約7千票差で下し、3選。1996年、第2次橋本内閣で通商産業政務次官に任命された。1998年の金融国会では、金融再生関連法案の成立に尽力し、所謂「政策新人類」に名を連ねる。同年、三塚派を退会し、宏池会に入会する。2000年の加藤の乱では、森喜朗首相ら政権批判の急先鋒であり、内閣不信任決議案の採決では欠席した。加藤の乱の後、分裂した宏池会を退会し、その後2007年までは無派閥であった。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た高杉良

    イスラムと国際政治を専門とする静岡県立大学国際関係学部准教授の宮田律は「欧米とイスラム世界の衝突があったときに、『歴史の必然』なんて言ったら、対立構造は残ってしまう。自民党の幹事長たる人がそういうことを言うのは、無責任」と指摘し「政治家としての主体的な努力を、一切放棄した発言に聞こえる」と述べた。なお、宮田と石原は大学時代の同級生であるが、宮田は「昔から言動に軽さの目立った石原君のことですから、感覚的に深い主張もなく、『歴史の必然』なんて言ったんでしょう」と慮っている。作家の高杉良は、自由民主党の「軽い政治家」の例として石原の名を挙げており「9・11のことを『歴史の必然』などと発言しているでしょう。そんな程度の幹事長です。軽すぎますよ」と評している。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た塩谷立

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に旧東京都第4区(定数5)から無所属で出馬し、自由民主党の粕谷茂に次ぐ得票数2位で初当選を果たした(当選同期には岡田克也・佐田玄一郎・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二らがいる)。当選後、自民党に入党し、清和政策研究会に入会。1993年の第40回衆議院議員総選挙では、新党ブームに押されるも得票数5位で再選。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、東京都第8区から自民党公認で出馬。後に杉並区長に転出する新進党の山田宏を約7千票差で下し、3選。1996年、第2次橋本内閣で通商産業政務次官に任命された。1998年の金融国会では、金融再生関連法案の成立に尽力し、所謂「政策新人類」に名を連ねる。同年、三塚派を退会し、宏池会に入会する。2000年の加藤の乱では、森喜朗首相ら政権批判の急先鋒であり、内閣不信任決議案の採決では欠席した。加藤の乱の後、分裂した宏池会を退会し、その後2007年までは無派閥であった。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た政治資金規正法

    個人献金346件について、相手(田原総一郎、大熊昌巳・杉並区議、青山佾・明治大学大学院教授など)の職業を実態に関係なく全て「団体役員」と政治資金収支報告書に記述していた事が明らかになっている。過失でなく故意ならば政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがあると指摘されている。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た政治家

    石原 伸晃(いしはら のぶてる、1957年(昭和32年)4月19日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、環境大臣(第19代)、内閣府特命担当大臣(原子力防災)、近未来政治研究会会長(第2代)、自由民主党東京都連会長、TOKYO自民党政経塾主宰、社団法人日本ジュニアヨットクラブ連盟会長。身長178cm、体重69kg、血液型A型。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見たアメリカ同時多発テロ事件

    2011年9月10日の青森県弘前市での講演にて、アメリカ同時多発テロ事件について「産業革命から続いた西欧文明、キリスト教支配に対するイスラム圏の反逆で、歴史の必然として起きた出来事ではないか」と述べた。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

209件中 51 - 60件表示

「石原伸晃」のニューストピックワード