655件中 11 - 20件表示
  • ヒルギダマシ

    ヒルギダマシから見た石垣島石垣島

    東アフリカ熱帯域から東南アジア、オセアニア、ニュージーランド等の熱帯および亜熱帯の海岸に広く分布する。日本では先島諸島(宮古島・石垣島・小浜島・西表島)に分布する。ヒルギダマシ フレッシュアイペディアより)

  • 祖納 (竹富町)

    祖納 (竹富町)から見た石垣島石垣島

    西表島北西部、祖納岳の麓に拡がる祖納集落は東部の古見と共に、島内にある集落の中では早くから開けた地域である。15世紀には沖合の外離島で生まれた豪族・慶来慶田城用緒が当地を拠点として西表西部と石垣島に勢力を拡大し、1500年にオヤケアカハチの乱が鎮圧された後は首里の王府より「西表首里大屋子」の官職を与えられた。祖納 (竹富町) フレッシュアイペディアより)

  • 平成8年台風第9号

    平成8年台風第9号から見た石垣島石垣島

    7月31日 与那国島で最大風速37.5m/s(北北西)を記録した。那覇、石垣島、西表島でも、最大風速30m/s以上を記録した。平成8年台風第9号 フレッシュアイペディアより)

  • カワミツサヤカ

    カワミツサヤカから見た石垣島石垣島

    2002年8月15日に平地優、安里希音とスリーピースガールズバンドBUBBLEGUMを結成し、作詞、作曲を含む音楽活動を開始。メンバーは全員石垣市出身で、中学時代の同級生。進学と同時に石垣島を離れ、活動拠点を沖縄本島、東京へと移していった。カワミツサヤカ フレッシュアイペディアより)

  • ハマザクロ

    ハマザクロから見た石垣島石垣島

    日本国内のマングローブ構成種7種の中で最も南に分布する。主に西表島東部および小浜島に自生。石垣島にもごくわずかに自生する。世界のハマザクロ分布の北限であり、かつハマザクロ科分布の北限でもある。小浜島の群落は、河口域の開発のため減少傾向にあり、石垣島では、ほぼ絶滅状態である。現在、西表島の東部を中心とした生息地で保護が行われている。ハマザクロ フレッシュアイペディアより)

  • サキシマヒラタクワガタ

    サキシマヒラタクワガタから見た石垣島石垣島

    ホロタイプの写真1 (国立科学博物館 登録番号NSZ-LC002: 石垣島産・オス)サキシマヒラタクワガタ フレッシュアイペディアより)

  • 華菜枝

    華菜枝から見た石垣島石垣島

    沖縄県沖縄市生まれ。幼少の頃より音楽、文化に親しみ、14歳で移り住んだ母の故郷石垣島(石垣市)で祖父とともに三線(さんしん)の手ほどきを受ける。華菜枝 フレッシュアイペディアより)

  • BUBBLEGUM

    BUBBLEGUMから見た石垣島石垣島

    進学と同時に石垣島を離れ、活動拠点を石垣島→沖縄本島→東京へと移していった。BUBBLEGUM フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄・先島への道

    沖縄・先島への道から見た石垣島石垣島

    伊丹の大阪国際空港 → 那覇(1泊) → 糸満→ 石垣島(1泊)→ 竹富島(1泊)→ 石垣島(1泊)→ 与那国島(1泊)沖縄・先島への道 フレッシュアイペディアより)

  • マルバネクワガタ属

    マルバネクワガタ属から見た石垣島石垣島

    石垣島・西表島。体色が明るい茶色、体長は♂で18.8mm - 36.6mm、飼育下では35.7mm(2008年)と小型、昼行性、よく飛翔する、幼虫の食物が樹木の赤色腐朽物(フレーク)ではない、といった点で日本の他のマルバネクワガタと大きく異なる。生活史が長らく不明であったが、幼虫が林床土壌を食べて育つ生態を山口進が解明した。マルバネクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

655件中 11 - 20件表示

「石垣島」のニューストピックワード