72件中 11 - 20件表示
  • 川勝良一

    川勝良一から見た石崎信弘石崎信弘

    卒業後の1981年に東芝(現 コンサドーレ札幌)に入部。石崎信弘は1年先輩。抜群のテクニックを誇り木村和司と並ぶとまで言われたゲームメーカーであった。1982年にはJSL2部で年間9アシストを記録しアシスト王に輝く。その後、1983年に読売クラブ(現 東京ヴェルディ)へ、1990年に東京ガス(現 FC東京)へ移籍し、1991年のシーズン途中で現役を引退して、コーチに就任。川勝良一 フレッシュアイペディアより)

  • NEC山形サッカー部

    NEC山形サッカー部から見た石崎信弘石崎信弘

    1994年よりジャパンフットボールリーグ(JFL)へ昇格、この年の天皇杯で初めてJリーグ加盟クラブと対戦(1回戦:相手は名古屋グランパスエイト)。1995年より石崎信弘が監督に就任。NEC山形サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 久野智昭

    久野智昭から見た石崎信弘石崎信弘

    チームが日本プロサッカーリーグ2部(J2)所属となった1999年には左サイドに定着し、芸術的なフリーキックで幾度となくチームを窮地から救ってMVP級の活躍を見せ、チーム初のJ1昇格に貢献。2000年にプロ契約を結び、大量の新加入選手が加わったチームで数少ない「生え抜き」のレギュラー選手となったが、チームは年間最下位に終わって1年でのJ2降格となった。2001年以降のJ2でも大学の先輩である石崎信弘監督に信頼され、チームの中核選手として活躍したが、長くレギュラーを守っていた左サイドは外国人選手が占め、ボランチでも相馬直樹(相馬とは左サイドでも競合)や中村憲剛などの加入で厳しい競争にさらされるようになった。久野智昭 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木達也 (1982年生のサッカー選手)

    鈴木達也 (1982年生のサッカー選手)から見た石崎信弘石崎信弘

    2006年は石崎信弘監督の志向する前線からの連動した守備をこなせる走力が評価され、開幕戦から先発出場。2トップの一角あるいはサイドハーフの位置から、豊富な運動量と攻守の切替えの速さ、枠内シュート率44%という高精度のシュートで チームのJ1昇格に貢献。フランサ、北嶋秀朗、李忠成ら攻撃陣の中でも中軸として起用され、同年のJ's GOAL・J2ニューカマー・オブ・ザ・イヤーに選出された。鈴木達也 (1982年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 大木勉

    大木勉から見た石崎信弘石崎信弘

    2000年、大分トリニータへレンタル移籍するが、怪我で出場機会が限られさらに運動量が少なかったことから石崎信弘監督に全く評価されず紅白戦すら起用されなかった。 結局構想外になったため、アルビレックス新潟など数チームのテストを受けるもうまくいかず、サッカーを辞める状況にまで追い込まれ、他の仕事を探すために地元愛媛・松山市の公共職業安定所へ一時期通っていた。大木勉 フレッシュアイペディアより)

  • 1958年のスポーツ

    1958年のスポーツから見た石崎信弘石崎信弘

    3月14日 - 石崎信弘(広島県、サッカー)1958年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 藤山竜仁

    藤山竜仁から見た石崎信弘石崎信弘

    2010年はJ2札幌でプレー。全力で練習に取り組む姿勢は札幌でも変わらず、石崎信弘監督からは「(空中戦で)相手より先に身体を入れたり、身体を上手く当てたりという駆け引きが凄くうまい」と評価されCBあるいは右SBとして重用された。同年4月のJ2第9節甲府戦で公式戦500試合出場を記録。鋭い読みと相手を巧みに抑え込むマークで守備陣を支え、チームメートの岩沼俊介からも「高さがない自分のお手本」と信頼を寄せられていたが、1年限りでの退団が発表された。藤山竜仁 フレッシュアイペディアより)

  • 楚輪博

    楚輪博から見た石崎信弘石崎信弘

    県立広島工業時代は金田喜稔、木村和司、石崎信弘、猿沢茂らとスペクタクルなサッカーを展開し高校選手権などで活躍した。法政大学時代はユース代表の主将も務めた。楚輪博 フレッシュアイペディアより)

  • 砂川誠

    砂川誠から見た石崎信弘石崎信弘

    2009年、この年より新しく監督に石崎信弘が就任するが、西大伍が主力に成長したのと藤田征也が復調した事に加えて、プロ2年目の宮澤裕樹が積極的に攻撃的な中盤でも起用された事、夏場以降は高校3年生で2種登録選手の古田寛幸が先発起用された事もあって、リーグ戦の殆どの試合を途中交代で起用された。3月15日J2第2節鳥栖戦の後半23分にダニルソンに代わり途中出場を果たすと後半41分にシーズン初ゴールを挙げ、5月5日J2第13節栃木戦の後半15分に岡本賢明に代わり途中出場を果たすと後半43分にクライトンの決勝ゴールをアシストするなど、限られた出場時間の中でチームを勝利を導く働きを見せ、また、主力選手の不在時にはその代役を努めゴールも挙げた。砂川誠 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイド・ノース

    ジェイド・ノースから見た石崎信弘石崎信弘

    札幌では守備陣を引き締め一定の安定感をもたらしはしたものの、石崎信弘監督が「(被セットプレーの時に競り合える選手が)ジェイド1人しかいない」と述べるように戦力は乏しく、ノースも「少しぐらいの痛みなら出続けたい」とコンディションが万全ではない中での出場を続けたこともあって、堅守を築くことはできなかった。この年限りで日本を離れたが、Jリーグについては、ヨーロッパに多くの選手を輩出している点、2部リーグ(J2)でもある程度強さを持つ点、普及プログラムが充実している点を挙げ、アジアでは群を抜いてベストのリーグだと評価している。ジェイド・ノース フレッシュアイペディアより)

72件中 11 - 20件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード