56件中 11 - 20件表示
  • 箕輪義信

    箕輪義信から見た石崎信弘石崎信弘

    2009年、怪我の回復は長期化する見込みであったが、札幌は契約を敢行し完全移籍、7年間所属した川崎を離れる。この年から札幌に監督として招聘された川崎時代の恩師である石崎信弘の下で再びプレーするはずであったが、2009年、2010年と2年間、怪我の回復のないまま1試合も出場することなく契約期間満了でチームを去ることになった。2011年は所属チームがなく、2011年9月23日、所属元の札幌から現役引退が発表された。箕輪義信 フレッシュアイペディアより)

  • 河内勝幸

    河内勝幸から見た石崎信弘石崎信弘

    県立広島工業(通称・県工)時代は一年からレギュラーとなり1971年、徳島高校総体準優勝(0-3藤枝東)。第14回アジアユース選手権(AFCユース選手権)日本代表にも選ばれた。高校選手権には三年連続出場。二年連続で大会優秀選手に選ばれ、三年時には再びユース日本代表に選ばれた。楚輪博は1学年、金田喜稔と石崎信弘は2学年下となる。木村和司は3学年下。河内勝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 楚輪博

    楚輪博から見た石崎信弘石崎信弘

    県立広島工業時代は金田喜稔、木村和司、石崎信弘、猿沢茂らとスペクタクルなサッカーを展開し高校選手権などで活躍した。法政大学時代はユース代表の主将も務めた。楚輪博 フレッシュアイペディアより)

  • ハファエル・バストス

    ハファエル・バストスから見た石崎信弘石崎信弘

    ハファエルのコンサドーレ札幌でのリーグ戦初出場は、2009年8月2日のJ2第31節セレッソ大阪戦であった。ハファエルはこの試合に後半25分から途中出場した。ハファエルは2点ビハインドの場面から、中盤を厚くして得点を奪うために試合に投入された。しかしながらハファエルは孤立することが多く、地元メディアは「チームへの適合には時間がかかりそう」と評価した。試合後、コンサドーレ札幌の監督石崎信弘はハファエルについて、「あの程度のプレーが全力なら、ブラジルに帰ってもらってもいい」と発言した。続く8月5日のアビスパ福岡戦では後半ロスタイムから時間稼ぎ要員として途中出場、その後の2戦はベンチスタートとなり試合出場の機会を与えられなかった。コンサドーレ札幌の監督はハファエルが前線からの守備を放棄することを問題視し、チームに貢献できるプレーができるまでは先発起用しないと言及した。ハファエル・バストス フレッシュアイペディアより)

  • NEC山形サッカー部

    NEC山形サッカー部から見た石崎信弘石崎信弘

    1994年よりジャパンフットボールリーグ(JFL)へ昇格(東北地区初のJFL昇格)、この年の天皇杯で初めてJリーグ加盟クラブと対戦(1回戦:相手は名古屋グランパスエイト)。1995年より石崎信弘が監督に就任。NEC山形サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 小林伸二

    小林伸二から見た石崎信弘石崎信弘

    1990年に現役を引退し、マツダSC/広島のトップチームコーチ、また広島ユースの創設で初代監督を務め、1995年にJユースカップ優勝、広島ユースに初の栄冠をもたらした。2000年にアビスパ福岡、2001年にJ2大分トリニータのサテライト監督に就任する。6月、トップチームの石崎信弘監督が成績不振で解任された後を受けて大分トリニータの監督に就任。小林伸二 フレッシュアイペディアより)

  • クライトン・アルベルト・フォントーラ・ドス・サントス

    クライトン・アルベルト・フォントーラ・ドス・サントスから見た石崎信弘石崎信弘

    2009年は外国人ボランチとしてダニルソンが加入し、また、監督に就任した石崎信弘の希望もあって攻撃的MFとしてプレー。背番号10を背負い、チームの中心選手として活躍した。しかし、以前から慢性化していた右足のアキレス腱痛に苦しみ、7月に入り症状はさらに悪化。それでもなお炎症を抑える注射を打って試合に臨むなどしたが、チームのメディカル部門から右足アキレス腱の負傷の治療に1?2ヶ月を要すると診断され、またリハビリ期間も含めると今季中の復帰が絶望的となったことで本人とクラブとの間で協議した結果、2009年7月14日、両者の合意のもとで契約解除したことが発表された。なお、その際には他のJクラブへは移籍しないとの覚書を交わしており、怪我の治療後はブラジル国内のクラブを中心に移籍先を探すこととされたが、札幌退団から12日後には古巣であり前年からオファーされていたアトレチコ・パラナエンセへの入団会見が開かれ、この事実を知った札幌の石崎監督は「まぁ、そんなもんじゃろう」と苦笑いしながら語った。クライトン・アルベルト・フォントーラ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • 藤山竜仁

    藤山竜仁から見た石崎信弘石崎信弘

    札幌では、CBあるいは右SBとして重用され、石崎信弘監督から「(空中戦で)相手より先に身体を入れたり、身体を上手く当てたりという駆け引きが凄くうまい」と評価され、チームメートの岩沼俊介も「高さがない自分のお手本」と信頼を寄せていたが、1年限りでの退団が発表された。藤山竜仁 フレッシュアイペディアより)

  • 山根巌

    山根巌から見た石崎信弘石崎信弘

    大分ではレギュラー選手として石崎信弘監督のもとで活躍。J1昇格にあと一歩と迫りながらも果たせないシーズンを過ごしたが、小林伸二監督のもと、2002年11月2日の大宮戦(さいたま市大宮公園サッカー場)では自らのヘディングによる得点で翌年のJ1昇格を実現させた。山根巌 フレッシュアイペディアより)

  • 久野智昭

    久野智昭から見た石崎信弘石崎信弘

    チームが日本プロサッカーリーグ2部(J2)所属となった1999年には左サイドに定着し、芸術的なフリーキックで幾度となくチームを窮地から救ってMVP級の活躍を見せ、チーム初のJ1昇格に貢献。2000年にプロ契約を結び、大量の新加入選手が加わったチームで数少ない「生え抜き」のレギュラー選手となったが、チームは年間最下位に終わって1年でのJ2降格となった。2001年以降のJ2でも大学の先輩である石崎信弘監督に信頼され、チームの中核選手として活躍したが、長くレギュラーを守っていた左サイドは外国人選手が占め、ボランチでも相馬直樹(相馬とは左サイドでも競合)や中村憲剛などの加入で厳しい競争にさらされるようになった。久野智昭 フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示