56件中 21 - 30件表示
  • 関塚隆

    関塚隆から見た石崎信弘石崎信弘

    2004年に当時Jリーグ2部 (J2) の川崎フロンターレ監督に就任した関塚は、前任者の石崎信弘が行っていたプレッシングサッカーにカウンターの要素を加えてより現実的なスタイルに変更した。また所属選手の意識変化についても影響を及ぼした。その一例として、2004年度シーズン序盤にスポーツライターの江藤高志が関塚に取材した際、当時の所属選手から聞かされた戦術に関する情報を伝えた上で対戦相手チームへの対策について尋ねたところ、関塚は激怒し、「そんなことを選手はしゃべっているんですか!そんなんじゃ(川崎は)常勝クラブになんかなれないですね!」と言い放ったというエピソードが残っている。この一件以降、選手たちは自らの言葉に配慮するようになったと江藤は述べている。この年の川崎は、2位の大宮アルディージャとの差が18の勝ち点105 、得失点差+66という成績でJ2を優勝し、J1へと昇格した。関塚隆 フレッシュアイペディアより)

  • 茂原岳人

    茂原岳人から見た石崎信弘石崎信弘

    2002年、川崎フロンターレにレンタル移籍し、石崎信弘監督に見いだされ主力ボランチとして活躍。これが認められ2004年に柏レイソルに移籍するも池谷友良および早野宏史両監督ともにレギュラーを固定できなかったこともあり出場機会に恵まれなかった。2005年、小野剛監督から誘いを受けサンフレッチェ広島に移籍し右MFのレギュラーとして活躍した。茂原岳人 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見た石崎信弘石崎信弘

    石崎信弘(大分 1999-2001シーズン途中 川崎 2001シーズン途中-2003 清水 2004シーズン途中-シーズン終了 東京V 監督代行=2005シーズン途中 柏 2006-2008 札幌 2009-2012)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺匠

    渡辺匠から見た石崎信弘石崎信弘

    2000年、Jリーグ1部(J1)の川崎フロンターレに入団し、当時提携していたブラジルの名門サッカークラブ・グレミオへ1年間の留学をする(川崎入団からグレミオ留学までの経歴は桐光学園の先輩である佐原秀樹と同じ)。翌2001年に帰国し、Jリーグ2部(J2)に降格して大幅な選手の入替が行われた川崎の若手選手として期待を受け、3月31日のアルビレックス新潟戦(新潟市陸上競技場)でリーグ戦初出場。5月19日のサガン鳥栖戦(等々力陸上競技場)で初得点をあげる。2002年の終盤戦には当時の石崎信弘監督に見出されDFにコンバートされると、2003年にはレギュラーとして活躍した。クラブは2005年にJ1昇格を果たし、渡辺は3月12日の第2節・浦和レッドダイヤモンズ戦の後半ロスタイムに出場したが、同年のトップチーム出場はこの1試合のみに終わり、同年限りで戦力外通告を受けた。渡辺匠 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直樹 (サッカー選手)

    石川直樹 (サッカー選手)から見た石崎信弘石崎信弘

    ジュニアユース時代から柏レイソルの下部組織で育った地元出身の生え抜き。2003年から2種登録選手としてトップチームに帯同し、2004年に正式にトップチームに昇格。2008年には選手会長も務めたが、2009年7月に出場機会を求めて元柏監督の石崎信弘が指揮を執っていたコンサドーレ札幌に期限付き移籍。札幌には移籍期間を延長して2010年まで在籍し、主将を務めるなどチームの主軸として活躍した。石川直樹 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 岡山一成

    岡山一成から見た石崎信弘石崎信弘

    2002年、石崎信弘監督からの誘いで川崎フロンターレへ入団すると出場機会も増え、2004年のクラブJ1昇格に貢献。川崎では「岡山劇場」と呼ばれる試合後のマイク(メガホン)パフォーマンスによりサポーターからの人気も集めた。2005年には当時J2のアビスパ福岡へレンタル移籍。フォワードとしても活躍し、J1昇格を果たした。しかし、川崎時代や後の柏時代と打って変わって、ファールが多く、また熱狂的で過激なサポーターが多い福岡サポーターと揉め事を起こすなど、彼に見合った活躍ができたとはいえなかった。岡山一成 フレッシュアイペディアより)

  • フランソアウド・セナ・デ・ソウザ

    フランソアウド・セナ・デ・ソウザから見た石崎信弘石崎信弘

    2006年、フランサは前述の通り世界的な知名度や実績もあり、J2でプレイするような選手とは考えられなかった為、国内外から十数件に及ぶオファーを受けており、移籍は確実視されていたが「チームのために力になれず悔しい。何もせずにチームを去るわけにはいかない」としてチームに残留。開幕当初は怪我で戦列を離れていたものの、復帰後は徐々にその実力を発揮。精度の高いパスでリズムをもたらすなどチームのJ1復帰に貢献した。第2クールの東京V戦で非常に難しいボレーシュートを決め、真っ先に石崎信弘監督やドクター、スタッフのもとに駆け寄るなど人情味深い面も見せた。「ロボットダンス」にも似た「フランサダンス」はレイソルサポーターの間でブームになった。フランソアウド・セナ・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋真一郎

    高橋真一郎から見た石崎信弘石崎信弘

    神辺町立神辺中学校時代からサッカーを始める。松永高3年次には第30回国民体育大会の広島県選抜に選ばれ、石崎信弘や金田喜稔、木村和司らとプレーしている。高橋真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小林亮

    小林亮から見た石崎信弘石崎信弘

    2006年、監督が石崎信弘に交替し、前年度の主力メンバーが抜けた中で右サイドバックのレギュラーポジションを奪取。プレーにも自信を付け、1対1の局面での積極的な仕掛けと、ドリブル突破からのミドルシュートなど攻撃面での成長が光った。右サイドハーフを務める谷澤達也とは特に良いコンビネーションを見せ、2年目ながら48試合中44試合に出場し、チームのJ1復帰に大きく貢献した。小林亮 フレッシュアイペディアより)

  • 上里一将

    上里一将から見た石崎信弘石崎信弘

    2009年は石崎信弘監督に指名されキャプテンに就任。レギュラーとして、主にボランチや左SBで起用された。8月5日第32節の福岡戦において、自陣側センターサークル手前の推定65mの位置からロングループシュートを決めた。得点能力の向上も見せ最終的に6得点でシーズンを終えた。2010年も年間を通して出場し、4得点を挙げる。上里一将 フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示