72件中 21 - 30件表示
  • クライトン・アルベルト・フォントーラ・ドス・サントス

    クライトン・アルベルト・フォントーラ・ドス・サントスから見た石崎信弘石崎信弘

    2009年は外国人ボランチとしてダニルソンが加入し、また、監督に就任した石崎信弘の希望もあって攻撃的MFとしてプレー。背番号10を背負い、チームの中心選手として活躍した。しかし、以前から慢性化していた右足のアキレス腱痛に苦しみ、7月に入り症状はさらに悪化。それでもなお炎症を抑える注射を打って試合に臨むなどしたが、チームのメディカル部門から右足アキレス腱の負傷の治療に1?2ヶ月を要すると診断され、またリハビリ期間も含めると今季中の復帰が絶望的となったことで本人とクラブとの間で協議した結果、2009年7月14日、両者の合意のもとで契約解除したことが発表された。なお、その際には他のJクラブへは移籍しないとの覚書を交わしており、怪我の治療後はブラジル国内のクラブを中心に移籍先を探すこととされたが、札幌退団から12日後には古巣であり前年からオファーされていたアトレチコ・パラナエンセへの入団会見が開かれ、この事実を知った札幌の石崎監督は「まぁ、そんなもんじゃろう」と苦笑いしながら語った。クライトン・アルベルト・フォントーラ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • ハファエル・バストス

    ハファエル・バストスから見た石崎信弘石崎信弘

    ハファエルのコンサドーレ札幌でのリーグ戦初出場は、2009年8月2日のJ2第31節セレッソ大阪戦であった。ハファエルはこの試合に後半25分から途中出場した。ハファエルは2点ビハインドの場面から、中盤を厚くして得点を奪うために試合に投入された。しかしながらハファエルは孤立することが多く、地元メディアは「チームへの適合には時間がかかりそう」と評価した。試合後、コンサドーレ札幌の監督石崎信弘はハファエルについて、「あの程度のプレーが全力なら、ブラジルに帰ってもらってもいい」と発言した。続く8月5日のアビスパ福岡戦では後半ロスタイムから時間稼ぎ要員として途中出場、その後の2戦はベンチスタートとなり試合出場の機会を与えられなかった。コンサドーレ札幌の監督はハファエルが前線からの守備を放棄することを問題視し、チームに貢献できるプレーができるまでは先発起用しないと言及した。ハファエル・バストス フレッシュアイペディアより)

  • 高橋真一郎

    高橋真一郎から見た石崎信弘石崎信弘

    神辺町立神辺中学校時代からサッカーを始める。松永高3年次には第30回国民体育大会の広島県選抜に選ばれ、石崎信弘や金田喜稔、木村和司らとプレーしている。高橋真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • のんのん。

    のんのん。から見た石崎信弘石崎信弘

    野々村と石崎信弘監督がサッカー以外の質問に回答する。のんのん。 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋健二 (サッカー選手)

    高橋健二 (サッカー選手)から見た石崎信弘石崎信弘

    2008年からは山形の育成部や下部組織でコーチを務め、2012年よりトップチームコーチに就任。現役時代に指導を受けた石崎信弘監督の下でチームをサポートした。高橋健二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 山根巌

    山根巌から見た石崎信弘石崎信弘

    翌1999年にJリーグ ディビジョン2 (J2)が発足し大分が「大分トリニータ」としてJ2に参入すると、後に「最良の理解者」と呼べる関係となる石崎信弘が監督に就任。大分では石崎の下で連日の猛練習でボール奪取能力が磨かれ選手として成長。1999年・2000年と2年連続してJ1昇格にあと一歩と迫りながらも果たせないシーズンを過ごしたが、2001年には大分に完全移籍。2002年シーズンは2001年シーズン途中で解任された石崎の後任として就任した小林伸二のもと、2002年11月2日の第41節・大宮アルディージャ戦(さいたま市大宮公園サッカー場)では自らのヘディングゴールで大分に悲願のJ1昇格をもたらした。山根巌 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤由紀彦

    佐藤由紀彦から見た石崎信弘石崎信弘

    1998年に自ら志願してジャパンフットボールリーグのモンテディオ山形に期限付き移籍。石崎信弘監督の下で攻撃の中心としてトップ下に据えられ、能力を開花させた。ゲームメーカー兼フィニッシャーとして山形を開幕からシーズン中盤まで首位快走させる原動力となり、同年のJFL新人王およびベストイレブンを受賞した。佐藤由紀彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小林亮

    小林亮から見た石崎信弘石崎信弘

    2006年、監督が石崎信弘に交替し、前年度の主力メンバーが抜けた中で右サイドバックのレギュラーポジションを奪取。プレーにも自信を付け、1対1の局面での積極的な仕掛けと、ドリブル突破からのミドルシュートなど攻撃面での成長が光った。右サイドハーフを務める谷澤達也とは特に良いコンビネーションを見せ、2年目ながら48試合中44試合に出場し、チームのJ1復帰に大きく貢献した。小林亮 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年J2最終節

    2001年J2最終節から見た石崎信弘石崎信弘

    大分は元ベルギー代表のロレンツォ・スターレンスを獲得するなど戦力補強を行い、3年越しのJ1昇格を目指したものの開幕から思うように勝てず、第11節でモンテディオ山形に敗れると石崎信弘監督が解任された。後任には小林伸二が昇格したが監督交代後も苦戦が続いた。2001年J2最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 日高拓磨

    日高拓磨から見た石崎信弘石崎信弘

    2011年、札幌でもディフェンダーとして登録され、背番号は退団した吉弘充志が背負っていた2を与えられることが決まった。クラブからは右サイドバックの主力として期待されたものの、開幕前のキャンプ中に左足腓骨骨折の重傷を負い、長期離脱を余儀なくされたことで出遅れてしまい、札幌での公式戦初出場は5月8日のJ2第11節熊本戦まで持ち越しとなった。日高はこの試合に右サイドバックとして先発起用されフル出場を果たすもチームは惜しくも敗戦している。続く5月15日のJ2第12節鳥取戦では高卒新人の三上陽輔の得点をアシストし、守備でも相手攻撃陣を無失点に抑え勝利に貢献した。これらの活躍もあって監督の石崎信弘の信頼を得ると、日高が戦列を離れていた間にサイドバックの代役を務めていた高木純平らとポジションを争いながら、以降も右サイドバックの主力としてコンスタントに起用され続け攻守に渡りチームを支え、一時はチームの失点数もリーグ最少失点を記録し堅守を誇ったが、同時に深刻な得点力不足にも陥っており序盤は下位に沈むこととなった。シーズン中盤に入ると右サイドバックの主力に定着し、また、若手の横野純貴が台頭したことや、7月にはジオゴが途中加入した事で前線に攻撃の起点が出来ると、サイドバックのポジションからの積極的な攻撃参加も顕著に見られるようになり、チームの成績も一気に向上し首位争いを演じるまでに上昇した。終盤は出場機会が限られ欠場した試合も見られたものの、年間を通して主力として活躍しJ1昇格に貢献した1人となった。日高拓磨 フレッシュアイペディアより)

72件中 21 - 30件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード