56件中 31 - 40件表示
  • クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス

    クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレスから見た石崎信弘石崎信弘

    2004年、清水エスパルスに入団。この知らせを聞いた前年のJリーグ得点王ウェズレイ(当時名古屋所属)は「あんな凄い選手がJリーグに来るのか」と驚嘆したと言う。しかしアラウージョにとって初めての海外でのプレーでもあった2004年シーズンは、1stステージこそ北嶋秀朗、久保山由清とトライアングルを組みチーム最多の8ゴールを挙げたが、石崎信弘が監督に就任した2ndステージは戦術面を理由に主力構想から外され、公式戦5戦連続でスタメンを外される等本領を発揮出来ず結局1ゴールのみに留まった。クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス フレッシュアイペディアより)

  • 櫛引一紀

    櫛引一紀から見た石崎信弘石崎信弘

    9月30日にコンサドーレ札幌との練習試合で札幌監督の石崎信弘に興味を示され、翌10月には札幌に練習参加した。11月8日に2011年度からの入団内定が発表された。2011年に開催された新体制発表の場において強化部長からは、センターバックをメインとするが、ボランチやサイドバックなども高いレベルでこなせる能力を持ち、今野泰幸のような選手だと評されている。櫛引一紀 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸春樹

    瀬戸春樹から見た石崎信弘石崎信弘

    2005年イビチャオシム監督率いるジェフユナイテッド市原・千葉チーム初のナビスコカップ優勝を果たした、2006年恩師石崎信弘監督の下柏レイソルにレンタル移籍、レギュラーをつかむも怪我で半年間プレー出来ず2007年には故郷のチームであるYKK APに所属し、地元のチューリップテレビと契約、富山県からJリーグを目指しサッカー教室(スポ天)PASSIONで地元のサッカーを盛り上げた。瀬戸春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のJリーグ

    2003年のJリーグから見た石崎信弘石崎信弘

    昇格争いは上位3チームのマッチレースとなった。43節にサンフレッチェ広島が1試合を残して昇格を決めたが、最終節では川崎フロンターレに敗れたため、アルビレックス新潟が優勝を果たした。これにより川崎は1997年(当時旧JFL)に続き2度目の、また?石崎信弘監督にとっては大分トリニータでの1999年、2000年シーズンに続き3度目の「勝ち点1差での昇格失敗」となった。(2003年J2第43節・最終節参照)2003年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年J2最終節

    2001年J2最終節から見た石崎信弘石崎信弘

    大分は元ベルギー代表のロレンツォ・スターレンスを獲得するなど戦力補強を行い、3年越しのJ1昇格を目指したものの開幕から思うように勝てず、第11節でモンテディオ山形に敗れると石崎信弘監督が解任された。後任には小林伸二が昇格したが監督交代後も苦戦が続いた。2001年J2最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝良一

    川勝良一から見た石崎信弘石崎信弘

    法政大学卒業後の1981年に東芝サッカー部(現 コンサドーレ札幌)に入部。石崎信弘は1年先輩。抜群のテクニックを誇り木村和司と並ぶとまで言われたゲームメーカーであった。その後、1983年に読売クラブ(現 東京ヴェルディ)に、さらに1990年に東京ガスサッカー部(現 FC東京)に移籍し、1991年にシーズン途中で現役引退し、コーチに就任。1980年-1982年には日本代表も経験した。川勝良一 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年J2第43節・最終節

    2003年J2第43節・最終節から見た石崎信弘石崎信弘

    川崎の石崎信弘監督は大分時代にも2度勝ち点1差でJ1昇格を逃しており、彼のあだ名からノブリンの呪いといわれることもある。また川崎にとっては1997年(当時旧・JFL)に続いて2度目の「勝ち点1差」により昇格を逸したことになった。2003年J2第43節・最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年J2第51節・最終節

    2006年J2第51節・最終節から見た石崎信弘石崎信弘

    昇格条件は、神戸は勝てば無条件で、引き分け以下の場合でも柏が勝てなければほぼ昇格決定となる(神戸負け、柏引き分けの場合でも神戸が5点以上の差で負けない限り神戸が得失点差で上位になる)。柏は得失点差の関係で、事実上自分が勝ち且つ、神戸が引き分け以下の場合しか昇格の望みはなくなっていた(なお、柏監督の石崎信弘は過去3回勝ち点差1でJ1昇格を逃しており、神戸と柏が同じ勝敗だと4回目の悲劇を味わうことになる)。2006年J2第51節・最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝堀川町サッカー部

    東芝堀川町サッカー部から見た石崎信弘石崎信弘

    ユニフォームは当初は上下赤の物を着用していたが、当時チームに在籍していた石崎信弘の発案で、1990-91シーズンから石崎が好きなACミランにあやかり、赤と黒のストライプの物を着用する様になった。これはコンサドーレ札幌となった現在も受け継がれている。東芝堀川町サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年J2最終節

    2011年J2最終節から見た石崎信弘石崎信弘

    札幌監督の石崎信弘は、監督生活16年(J2発足後では12年)で実に5度目の「最終節昇格争い」だったが、「ホームで勝って昇格を決めた」のはこれが初めてあった。2011年J2最終節 フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード