72件中 31 - 40件表示
  • 岡山一成

    岡山一成から見た石崎信弘石崎信弘

    2002年、石崎信弘監督からの誘いで川崎フロンターレへ入団すると出場機会も増え、2004年のクラブJ1昇格に貢献。川崎では「岡山劇場」と呼ばれる試合後のマイク(メガホン)パフォーマンスによりサポーターからの人気も集めた。2005年には当時J2のアビスパ福岡へレンタル移籍。フォワードとしても活躍し、J1昇格を果たした。しかし、川崎時代や後の柏時代と打って変わって、ファールが多く、また熱狂的で過激なサポーターが多い福岡サポーターと揉め事を起こすなど、彼に見合った活躍ができたとはいえなかった。岡山一成 フレッシュアイペディアより)

  • ダニルソン・コルドバ

    ダニルソン・コルドバから見た石崎信弘石崎信弘

    監督の石崎信弘が標榜する「攻守を素早く切り替えるサッカー」を実践するためのキーパーソン として大きな期待をかけられたダニルソンだったが、合宿中の怪我もあり、開幕当初の貢献度に石崎は不満をもらしていた。しかし徐々に攻守両面において成長のあとが見られ、シーズン序盤「シンプルにやるということを理解してほしい」 と辛口であった石崎のダニルソン評は次第に軟化していった。シーズン終盤、11月23日のFC岐阜戦では、厳しいマークを受けながらミドルシュートで2得点を奪う活躍を見せ、J's GOALにて「ダニルソンは役者が違った」との記事が掲載された。ダニルソン・コルドバ フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺匠

    渡辺匠から見た石崎信弘石崎信弘

    2000年、Jリーグ1部 (J1) の川崎フロンターレに入団し、当時提携していたブラジルの名門サッカークラブ・グレミオFBPAへ1年間の留学をする(川崎入団からグレミオ留学までの経歴は桐光学園の先輩である佐原秀樹と同じ)。翌2001年に帰国し、Jリーグ2部 (J2) に降格して大幅な選手の入替が行われた川崎の若手選手として期待を受け、3月31日のアルビレックス新潟戦(新潟市陸上競技場)でリーグ戦初出場。5月19日のサガン鳥栖戦(等々力陸上競技場)で初得点をあげる。2002年の終盤戦には当時の石崎信弘監督に見出されDFにコンバートされると、2003年にはレギュラーとして活躍した。クラブは2005年にJ1昇格を果たし、渡辺は3月12日の第2節・浦和レッドダイヤモンズ戦の後半ロスタイムに出場したが、同年のトップチーム出場はこの1試合のみに終わり、同年限りで戦力外通告を受けた。渡辺匠 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝堀川町サッカー部

    東芝堀川町サッカー部から見た石崎信弘石崎信弘

    ユニフォームは当初は上下赤の物を着用していたが、当時チームに在籍していた石崎信弘の発案で、1990-91シーズンから石崎が好きなACミランにあやかり、赤と黒のストライプの物を着用する様になった。これはコンサドーレ札幌にも受け継がれている。東芝堀川町サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス

    クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレスから見た石崎信弘石崎信弘

    2004年、清水エスパルスに入団。この知らせを聞いた前年のJリーグ得点王ウェズレイ(当時名古屋所属)は「あんな凄い選手がJリーグに来るのか」と驚嘆したと言う。しかしアラウージョにとって初めての海外でのプレーでもあった2004年シーズンは、1stステージこそ北嶋秀朗、久保山由清とトライアングルを組みチーム最多の8ゴールを挙げたが、石崎信弘が監督に就任した2ndステージは戦術面を理由に主力構想から外され、公式戦5戦連続でスタメンを外されるなど本領を発揮出来ず、1ゴールのみに留まった。クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス フレッシュアイペディアより)

  • 加賀見健介

    加賀見健介から見た石崎信弘石崎信弘

    J1初年度である2000年には、中心選手としての成長を期待され、背番号を「10」へと変更。しかし、怪我やトップ下を置かない布陣の採用によって思うような活躍が出来ず、シーズン途中で石崎信弘監督が率いるJ2・大分トリニータへ期限付き移籍。大分では主力選手の一人としてチームを押し上げ、J1昇格の可能性を残して迎えた最終節新潟戦では決勝点を挙げたが、一歩及ばずに昇格を逃した。加賀見健介 フレッシュアイペディアより)

  • 小野剛 (サッカー指導者)

    小野剛 (サッカー指導者)から見た石崎信弘石崎信弘

    2011年末、岡田武史の指導者活動再開に際し杭州緑城を奨めた ことにより岡田は杭州監督に就任、その際岡田から副官として指名され2012年から杭州コーチとして支えることになった。この時の杭州は日本人スタッフを大量に登用しており、甲組(U-20)を小野・乙組(U-18)を石崎信弘が監督を務め、岡田・小野・石崎の尽力により、陳中流や石柯・を含めた若い中国人選手を育てあげている。2013年末、小野を含めた杭州の日本人スタッフは全員退任した。小野剛 (サッカー指導者) フレッシュアイペディアより)

  • 古邊考功

    古邊考功から見た石崎信弘石崎信弘

    2002年より指導者の道を歩み、2006年より柏レイソルに加入。同郷(広島出身)の石崎信弘監督の下でフィジカルコーチを担った。古邊考功 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本賢明

    岡本賢明から見た石崎信弘石崎信弘

    2009年は監督に石崎信弘が就任すると信頼を勝ち取り開幕戦から先発出場する。シーズン序盤から主力選手として多くの試合に出場し5月までに4ゴールを挙げる活躍を見せていたが、その後は調子を落としシーズン中盤以降にかけて徐々に出場機会を減らした。9月には右膝外側半月板断裂及び軟骨損傷の大けがを負い残りのシーズンを棒に振った。岡本賢明 フレッシュアイペディアより)

  • 小林伸二

    小林伸二から見た石崎信弘石崎信弘

    1990年に現役を引退し、マツダSC/広島のトップチームコーチ、また広島ユースの創設で初代監督を務め、1995年にJユースカップ優勝、広島ユースに初の栄冠をもたらした。2000年にアビスパ福岡、2001年にJ2大分トリニータのサテライト監督に就任する。6月、トップチームの石崎信弘監督が成績不振で解任された後を受けて大分トリニータの監督に就任。小林伸二 フレッシュアイペディアより)

72件中 31 - 40件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード