56件中 41 - 50件表示
  • ダニルソン・コルドバ

    ダニルソン・コルドバから見た石崎信弘石崎信弘

    監督の石崎信弘が標榜する「攻守を素早く切り替えるサッカー」を実践するためのキーパーソンとして大きな期待をかけられたダニルソンだったが、合宿中の怪我もあり、開幕当初の貢献度に石崎は不満をもらしていた。しかし徐々に攻守両面において成長のあとが見られ、シーズン序盤「シンプルにやるということを理解してほしい」と辛口であった石崎のダニルソン評は次第に軟化していった。シーズン終盤、11月23日のFC岐阜戦では、厳しいマークを受けながらミドルシュートで2得点を奪う活躍を見せ、J's GOALにて「ダニルソンは役者が違った」との記事が掲載された。ダニルソン・コルドバ フレッシュアイペディアより)

  • 菅野孝憲

    菅野孝憲から見た石崎信弘石崎信弘

    菅野の身長は、登録上は179cmであるが、かつて柏で指揮していた石崎信弘も「175cmもないんじゃないか」と発言している。そのためか、テレビや新聞ではたびたび「背の低いゴールキーパー」と呼ばれている。紹介文では、よく「179cmというGKとして決して高くない…」と書かれている。菅野孝憲 フレッシュアイペディアより)

  • 大木勉

    大木勉から見た石崎信弘石崎信弘

    2000年、大分トリニータへレンタル移籍するが、運動量が少なかったことから石崎信弘監督に全く評価されず紅白戦すら起用されなかった。 結局構想外になったため、アルビレックス新潟など数チームのテストを受けるもうまくいかず、サッカーを辞める状況にまで追い込まれ、他の仕事を探すために地元愛媛・松山市の公共職業安定所へ一時期通っていた。大木勉 フレッシュアイペディアより)

  • 小川佳純

    小川佳純から見た石崎信弘石崎信弘

    2008年J1第31節で対戦した柏レイソルの石崎信弘監督は試合終了後に「小川は本当にうまいねぇ、なんで代表に呼ばんのかねぇ」とコメント、そのプレーぶりに賛辞を送った。小川佳純 フレッシュアイペディアより)

  • 長澤 まさみ

    長澤まさみから見た石崎信弘石崎信弘

    父・和明は、元サッカー日本代表MFで、現在は浜松大学サッカー部監督。父親の親友の石崎信弘や、教え子である中山雅史とは長澤も面識がある。父親が監督を務めていた常葉学園橘高等学校のサッカー部が第84回全国高等学校サッカー選手権大会に初出場した際、サッカー部員へミサンガを送った。長澤まさみ フレッシュアイペディアより)

  • 1958年

    1958年から見た石崎信弘石崎信弘

    3月14日 - 石崎信弘、プロサッカー監督・サッカー指導者1958年 フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た石崎信弘石崎信弘

    監督に前山形監督の石崎信弘が就任。J2初年度からJリーグ ディビジョン1(J1)昇格争いに加わるが、1999年・2000年とも3位、それも2年続けて「2位との勝ち点差1」で昇格を逃した。2001年はシーズン当初より不振で5月に石崎を監督より解任。新たに小林伸二が監督に就任しは守備の建て直しに成功し、チームは最終節まで昇格を争うところまで持ち直したが、結局6位に終わった。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た石崎信弘石崎信弘

    堀井美晴が監督に就任、前年にサンパウロFCから札幌へレンタル移籍していたブラジル人FWエメルソンを完全移籍により獲得した。しかし、前半戦で黒星を重ねて昇格争いから事実上脱落すると、シーズン後半の7月に石崎信弘が監督に就任、エメルソンは浦和へ移籍した。シーズンは7位に終わったが、第81回天皇杯でベスト4の成績を収めた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た石崎信弘石崎信弘

    J1・J2入れ替え戦では甲府と対戦。第1戦はアウェーで1-2で、第2戦はホームで2-6と連敗し、初のJリーグ ディビジョン2(J2)降格が決まった。。早野は天皇杯(G大阪戦)を前に監督を辞任し、山形や川崎の元監督の石崎信弘が監督に就任。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 金田喜稔

    金田喜稔から見た石崎信弘石崎信弘

    当時、広島で1番強かった県立広島工業(通称・県工)に進学。同校監督は第1回FIFAコーチングスクール(1969年)で実技でトップになり後にJFAの専任コーチも務めた松田輝幸で、さすがに松田からはボールは取れず、徹底した指導を受けドリブルに磨きをかけた。広島工業時代は1年からレギュラーに抜擢され、楚輪博、石崎信弘、木村和司、猿沢茂らとスペクタクルなサッカーを展開。1975年、高校選手権ベスト4。初戦の新潟巻高校戦10-0は、戦後3度しかない10得点(以上)、2度しかない10点差以上の記録で得点のほとんどが金田からの好配球によるもの。金田喜稔 フレッシュアイペディアより)

56件中 41 - 50件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード