72件中 61 - 70件表示
  • 広島弁

    広島弁から見た石崎信弘石崎信弘

    石崎信弘(JFL・テゲバジャーロ宮崎監督)(中区)広島弁 フレッシュアイペディアより)

  • 日本語の一人称代名詞

    日本語の一人称代名詞から見た石崎信弘石崎信弘

    共通語では創作の世界における老人や武士の一人称とされることが多いが、愛知県・岐阜県・北陸地方以西の西日本各地では、高齢層以外でも男性が用いる。ただし、そうした地域でも近年ではメディアの影響から若い人を中心に「俺」などに取って代わられつつある。一部地域では(主に高齢層で)女性が使う場合もあり、例えば愛知県の一部では「わたし」の「た」の音が抜けたような「わっし」に近い発音で女性が用いる。常用している著名人としては小林よしのり、井脇ノブ子の他、達川光男、石崎信弘、木村和司ら広島県人が有名。そのほか、力士にも常用者が多い。日本語の一人称代名詞 フレッシュアイペディアより)

  • 手倉森誠

    手倉森誠から見た石崎信弘石崎信弘

    1995年に引退。当時、山形の監督だった石崎信弘に勧められ同年指導者となり、モンテディオ山形や大分トリニータのコーチを歴任した。手倉森誠 フレッシュアイペディアより)

  • テゲバジャーロ宮崎

    テゲバジャーロ宮崎から見た石崎信弘石崎信弘

    2017年、Jリーグ監督最多出場記録を持つ石崎信弘が監督に就任。同年2月28日に行われた記者会見では、「1年で(アマチュア最高峰の)JFLに昇格できるチームにし、その先のJリーグを目指して一丸となって頑張る」と決意を述べた。またこの記者会見で、赤ベースであったチームカラーとエンブレムを、今季のスローガン「真摯しんし」を象徴し、県民に親しまれる色とした白へ変更した。3月3日には、磐田を退団した元日本代表のFW森島康仁と、岐阜を退団したDF高地系治の加入が発表された。九州サッカーリーグでは、第9節から12連勝し、20戦18勝1PK勝1敗の圧倒的成績で優勝。その後、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017に出場し、Cグループで3勝し1位で決勝ラウンドに進出。初戦のコバルトーレ女川戦では、PK負けを喫したものの、続く2試合を1勝1PK勝で決め、女川に次ぐ2位となったことで、12月6日、2018年度JFLへの昇格が認められた。テゲバジャーロ宮崎 フレッシュアイペディアより)

  • 箕輪義信

    箕輪義信から見た石崎信弘石崎信弘

    2007年末からグロインペイン症候群に悩まされ、リハビリを決断し2008年は戦線を長期離脱。復帰後も出場機会に恵まれなかったが、降格圏内に沈んでいたコンサドーレ札幌へ即戦力との期待を受けレンタル移籍、12試合に出場したが力及ばずJ2降格となった。また北海道チャンピオンズスーパーリーグにおいて右足腓腹筋腱断裂・全治3?4ヶ月との診断を受ける負傷で、復帰することなくシーズンを終えた。怪我の回復は長期化する見込みであったが、札幌は2009年の契約を敢行し完全移籍、7年間所属した川崎を離れる。この年から札幌に監督として招聘された川崎時代の恩師である石崎信弘の下で再びプレーするはずであったが、アキレス腱を4度も手術するなど怪我が回復せず、2009年、2010年と2年間1試合も出場することなく契約期間満了でチームを去ることになった。2011年は所属チームがなく、2011年9月23日、所属元の札幌から現役引退が発表された。箕輪義信 フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た石崎信弘石崎信弘

    J1・J2入れ替え戦は甲府に、第1戦はアウェーで1-2、第2戦はホームで2-6と連敗し、Jリーグ ディビジョン2(J2)降格が決まった。。早野は天皇杯(G大阪戦)を前に監督を辞任し、山形や川崎の元監督の石崎信弘が監督に就任。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た石崎信弘石崎信弘

    再びJ2でのシーズンとなったこの年は堀井美晴が監督、サンパウロFCの元監督で現役時代に名古屋でもプレーしたピッタをコーチに迎え、前年にサンパウロFCから札幌へレンタル移籍していたブラジル人FWエメルソンを完全移籍により獲得した。エメルソンはハイペースでゴールを重ねたが、チーム自体は守備戦術の整備が進まずに低迷し、7月14日の第20節・甲府戦に引き分けた時点で8位となっていた。この後、堀井監督は解任、大分を解任されたばかりの石崎信弘を新監督に迎えた。クラブは長期的視点に立ったチーム整備に方針を転換し、新人DFの伊藤宏樹は出場停止の最終節を除く43試合に出場した。一方、ピッタコーチとエメルソンは揃って浦和へ移籍した。結果としてシーズンは7位に終わったが、最終節の山形戦(山形県陸)では浦上壮史の好セーブ連発と我那覇和樹の延長Vゴールにより1 - 0で勝利し、山形のJ1昇格を阻止した。続く第81回天皇杯では戦力外通告を受けた阿部良則や伊藤彰などの選手が活躍してベスト4の成績を収めた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見た石崎信弘石崎信弘

    石崎信弘(大分 1999-2001シーズン途中 川崎 2001シーズン途中-2003 清水 2004シーズン途中-シーズン終了 東京V 監督代行=2005シーズン途中 柏 2006-2008 札幌 2009-2012 山形 2014-2016)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道コンサドーレ札幌

    北海道コンサドーレ札幌から見た石崎信弘石崎信弘

    大分や柏の元監督の石崎信弘が監督に就任。ダヴィが名古屋へ移籍、西澤淳二・池内友彦・西谷正也・アンデルソンなど10人以上の選手(レンタル選手も含む)が退団した。一方でチームの大黒柱でもあり、退団が噂されていたMFクライトンが残留、前シーズン途中に期限付きで加入した箕輪義信を完全移籍で獲得した。またダヴィの移籍に伴い、移籍先の名古屋から3億円近くの高額な移籍金が入った為、更なる補強を断行した。具体的には、スウェーデンのユールゴーデンIFからFWキリノ、コロンビアのインデペンディエンテ・メデジンからMFダニルソン、アジア枠で韓国の浦項からDF趙晟桓(チョウ・ソンファン)と3人の新外国人選手を獲得。また、日本人では大宮からGK荒谷弘樹を獲得した。新人は沖縄大学から上原慎也が入団、曵地裕哉、古田寛幸がユースから昇格した。7月、MFクライトンが以前から抱えていた怪我が悪化。残りのシーズンに出場出来ないと判断され退団、代わりにハファエルが加入した。さらに、シーズン途中には柏の石川直樹をレンタル移籍で獲得した。北海道コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • 金田喜稔

    金田喜稔から見た石崎信弘石崎信弘

    当時、広島で1番強かった県立広島工業(通称・県工)に進学。同校監督は第1回FIFAコーチングスクール(1969年)で実技でトップになり後にJFAの専任コーチも務めた松田輝幸で、さすがに松田からはボールは取れず、徹底した指導を受けドリブルに磨きをかけた。広島工業時代は1年からレギュラーに抜擢され、楚輪博、石崎信弘、木村和司、猿沢茂らとスペクタクルなサッカーを展開。1975年、関西で開催された最後の高校選手権では優勝候補に挙げられたがベスト4(0-3静岡工)。しかし初戦の新潟巻高校戦10-0は、戦後3度しかない10得点(以上)、2度しかない10点差以上の記録で得点のほとんどが金田からの好配球によるものであった。金田喜稔 フレッシュアイペディアより)

72件中 61 - 70件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード