115件中 101 - 110件表示
  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た中区 (広島市)

    石崎 信弘(いしざき のぶひろ、1958年3月14日 - )は、広島県広島市中区出身の元サッカー選手、サッカー指導者。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た日立柏サッカー場

    普段から広島弁を多用し、札幌時代にはチームの“共通語”として広めてしまうほど。自流の広島風お好み焼きが得意料理で、所属クラブ内でバーベキューなどがあると必ずお好み焼きを焼いている。選手からも好評なようで、2008年には『石さんレシピ広島風お好み焼き』が日立柏サッカー場での柏主催試合で販売されている。売れ行きは好調で、石崎は退任後の2009年も引き続き販売された。山形復帰後の2015年のファン感謝祭でも200人分のお好み焼きをファンに振る舞った。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た広島県立松永高等学校

    サッカー指導者の高橋真一郎(広島県立松永高等学校)や木村孝洋(広島県立広島皆実高等学校)は同い年で同郷の広島県出身。2008年には柏で石崎監督の下に高橋ヘッドコーチが就任し、2009年には石崎の後任として高橋が新監督となったが、シーズン途中で解任された。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た広島弁

    普段から広島弁を多用し、札幌時代にはチームの“共通語”として広めてしまうほど。自流の広島風お好み焼きが得意料理で、所属クラブ内でバーベキューなどがあると必ずお好み焼きを焼いている。選手からも好評なようで、2008年には『石さんレシピ広島風お好み焼き』が日立柏サッカー場での柏主催試合で販売されている。売れ行きは好調で、石崎は退任後の2009年も引き続き販売された。山形復帰後の2015年のファン感謝祭でも200人分のお好み焼きをファンに振る舞った。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た2001年J2最終節

    このような移籍の発生は石崎の人望の深さを示すが、移籍元のクラブには選手の引き抜きという悪感情を与える場合もある。特に1999年の大分と山形の関係はこれが顕著で、同年最終節での伏線となった。逆に、2001年J2最終節(第44節)では石崎監督の川崎が山形のJ1昇格を阻止した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た日本女子サッカーリーグ

    監督としてのキャリアのスタートとなった1995年のNEC山形の監督就任はある意味突発的とも言えるものであった。石崎と東農大サッカー部の同期にあたる長澤和明(ジュビロ磐田元監督)がNEC山形の監督に就任することが内定しており、その長澤の要請により石崎のコーチ就任が内定していた。しかし当時8歳の長澤の長女が「静岡を離れたくない」と山形への転居を嫌がったため、長澤はNEC山形監督への就任を辞退した(その直後に長澤はL・リーグの鈴与清水FCラブリーレディースの監督に就任している)。そのため、NEC山形は長澤の代役として石崎に監督就任を要請し、石崎がこれを受諾して監督を務めることになった。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た1999年J2最終節

    このような移籍の発生は石崎の人望の深さを示すが、移籍元のクラブには選手の引き抜きという悪感情を与える場合もある。特に1999年の大分と山形の関係はこれが顕著で、同年最終節での伏線となった。逆に、2001年J2最終節(第44節)では石崎監督の川崎が山形のJ1昇格を阻止した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た本田技研工業フットボールクラブ

    JSL(1部)初出場:1989年10月8日 対本田技研戦(本田技研都田サッカー場)石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た東京農業大学

    その後東京農業大学を経て1980年に日本サッカーリーグ (JSL) 2部の東芝に加入。チームではいわゆる「ストッパー」の役割を任され、ハードなディフェンスでJSL2部時代には5年連続ベストイレブンに選ばれるなど活躍する。JSL1部に昇格した1988年からは選手兼コーチに就任。1991年に一旦コーチ兼主務となるがシーズン序盤に選手として追加登録される。1992年はコーチに専念していたが、他のコーチ陣と反りが合わないため監督の高橋武夫に選手復帰を懇願し、1993年に再び選手としてプレーしてから現役を引退した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たディフェンダー (サッカー)

    実家は旧広島市民球場の近くで、身近なスポーツは野球だったが、広島市立広瀬小学校4年生のときに友達の誘いでサッカーを始める。ポジションは中学生の時から常にディフェンダーだったという。県立広島工業高校時代は河内勝幸、金田喜稔、楚輪博、木村和司、猿沢茂、室野哲雄らと共に全国高校選手権ベスト4を経験した。指導者として手本は高校時代の松田輝幸監督という。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

115件中 101 - 110件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード