115件中 21 - 30件表示
  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たジュビロ磐田

    2012年は、守備の要であった山下達也が移籍したが、オーストラリア代表ノース、元五輪代表候補の前田俊介、山本真希、高柳一誠など実績のある選手を獲得。またシーズン中にはユースから5名の選手を昇格させるなどして シーズンに臨んだ。開幕戦こそジュビロ磐田と互角の戦いを見せて引き分けたものの、その後は「失点後に緊張が途切れ、次々得点される負けパターン」 にはまってしまい最下位に低迷、怪我人も続出した。シーズン途中に外国人3名を補強し一時は浮上の兆しを見せたもののチーム状況の改善には至らず、9月29日の第27節の敗戦で7節を残して降格が決定し、J1降格最速記録を塗り替えてしまった。石崎は同シーズンの終了を持って退任することが2012年10月5日に発表された。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た東芝

    引退後は東芝のパソコン液晶モニター生産管理部門で1年間社業に専念したのちに退社。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た朝日新聞出版

    『Jリーグオフィシャル・ファンズ・ガイド2011』、朝日新聞出版、2011 ISBN 978-4-02-190215-4石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た石川直樹 (サッカー選手)

    2011年度は、石川直樹、西嶋弘之、藤田征也、上里一将などの主力の移籍により厳しい序盤戦となり、折り返しの17節時点では20チーム中10位であったが、砂川誠に加え河合竜二、李昊乗、ジオゴなどの新戦力が活躍を見せた他、若手も数多く台頭を見せて快進撃を展開、最終的に3位となりJ1復帰を決めた。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た長澤和明

    監督としてのキャリアのスタートとなった1995年のNEC山形の監督就任はある意味突発的とも言えるものであった。石崎と東農大サッカー部の同期にあたる長澤和明(ジュビロ磐田元監督)がNEC山形の監督に就任することが内定しており、その長澤の要請により石崎のコーチ就任が内定していた。しかし当時8歳の長澤の長女が「静岡を離れたくない」と山形への転居を嫌がったため、長澤はNEC山形監督への就任を辞退した(その直後に長澤はL・リーグの鈴与清水FCラブリーレディースの監督に就任している)。そのため、NEC山形は長澤の代役として石崎に監督就任を要請し、石崎がこれを受諾して監督を務めることになった。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た古邊考功

    この最たる例が2006年以降の柏レイソルである。前年のJ2降格に伴う主力選手の相次ぐ移籍で崩壊状態にあった柏は、年末になって石崎を監督に招聘した。準備期間が短くチーム編成の選択肢が少ない中、石崎は古邊考功らをフィジカルコーチとしてスタッフに加えながら激しい練習でチームの再生に着手し、若手中心のメンバーをベテランが引っ張るというチームを作り上げた。序盤は首位を走るが、中盤以降なかなか勝てなくなる。しかし最終節において何とか2位に入り、昇格を決める。復帰した2007年のJ1リーグでそれまでと打って変わって上位に入るなど、石崎が退任する2008年までの柏は石崎の特徴を非常に色濃く持つチームとなった。2011年、札幌監督として3年目のシーズンとなった石崎は前年まで柏に残っていた古邊をフィジカルコーチとして招き、このコンビとしては2度目のJ1昇格を果たした。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た岡山一成

    2006年には柏レイソルの監督に就任。彼の指導を受けた山根巌、岡山一成を獲得し、崩壊しかけたチームを再生させた。若手の底上げを図りながらチームをまとめ、J2では突出した資金力とフランサやディエゴなどの選手の存在により、終盤まで優勝争いに絡む。ヴィッセル神戸とのマッチレースとなった2位争いでは石崎が「神戸の結果次第という状況だが、それは考えずに自分たちのやり方を貫く」 と語ったとおり、最終節の湘南ベルマーレ戦で勝利し、石崎自身にとって「4度目の正直」となるJ1昇格を経験した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た大分トリニータ

    1999年、大分トリニータの監督に就任。この年の大分は最終節を前に2位に浮上。勝てば自力でJ1昇格を決めることが出来たが、ホームでの最終節で古巣の山形に引き分け、2位と勝ち点1差の3位の成績でJ1昇格を逃す。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た川崎フロンターレ

    2001年7月、J2に降格し低迷する川崎フロンターレの監督に就任。リーグ戦では7位の成績でシーズンを終えたがその年の第81回天皇杯ではベスト4の成績を残した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た柏レイソル

    2006年には柏レイソルの監督に就任。彼の指導を受けた山根巌、岡山一成を獲得し、崩壊しかけたチームを再生させた。若手の底上げを図りながらチームをまとめ、J2では突出した資金力とフランサやディエゴなどの選手の存在により、終盤まで優勝争いに絡む。ヴィッセル神戸とのマッチレースとなった2位争いでは石崎が「神戸の結果次第という状況だが、それは考えずに自分たちのやり方を貫く」 と語ったとおり、最終節の湘南ベルマーレ戦で勝利し、石崎自身にとって「4度目の正直」となるJ1昇格を経験した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

115件中 21 - 30件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード