98件中 31 - 40件表示
  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た内村圭宏

    2010年度は、内村圭宏、近藤祐介、中山雅史、藤山竜仁、李漢宰を補強したが、昨季のレギュラーである西大伍、ダニルソンの放出によりワールドカップでの中断前での成績は19チーム中12位、最終順位は13位となった。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た平川弘

    石崎の戦術の基本は「中盤の強烈なプレッシャーで相手の良い所を消す」ことにある。この点については、主に札幌についての評論家活動をしている平川弘が石崎の札幌監督就任時に「3トップを用いたり、と一見攻撃的に見えるが、前線からの守備を重視し、相手の長所を消すきめ細かな戦術を好む。そしてそれを実現するために必要な運動量、ハードワークを選手に求める。」と北海道新聞での連載コラムで言及している。一方で、勝ち点3が取れる勝利を逃して勝ち点1の引き分けで終わる試合が多くなるため、J2での高い勝率が必要であるJ1昇格の目標達成には「勝ちきれない」と批判される場合もある。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た猿沢茂

    県立広島工業高校時代は河内勝幸、金田喜稔、楚輪博、木村和司、猿沢茂、室野哲雄らと共に全国高校選手権ベスト4を経験した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た山下達也

    2012年度は、守備の要であった山下達也が移籍したが、オーストラリア代表ノース、元五輪代表候補の前田俊介、山本真希、高柳一誠など実績のある選手を獲得。またシーズン中にはユースから5名の選手を昇格させるなどしてシーズンに臨んだ。開幕戦こそジュビロ磐田と互角の戦いを見せて引き分けたものの、その後は「失点後に緊張が途切れ、次々得点される負けパターン」にはまってしまい最下位に低迷、怪我人も続出した。シーズン途中に外国人3名を補強し一時は浮上の兆しを見せたもののチーム状況の改善には至らず、9月29日の第27節の敗戦で7節を残して降格が決定し、J1降格最速記録を塗り替えてしまった。石崎は同シーズンの終了を持って退任することが2012年10月5日に発表された。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た楚輪博

    県立広島工業高校時代は河内勝幸、金田喜稔、楚輪博、木村和司、猿沢茂、室野哲雄らと共に全国高校選手権ベスト4を経験した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た河合竜二

    2011年度は、石川直樹、西嶋弘之、藤田征也、上里一将などの主力の移籍により厳しい序盤戦となり、折り返しの17節時点では20チーム中10位であったが、砂川誠に加え河合竜二、李昊乗、ジオゴなどの新戦力が活躍を見せた他、若手も数多く台頭を見せて快進撃を展開、最終的に3位となりJ1復帰を決めた。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た塩川岳人

    また、山根巌は、2002年に大分のJ1昇格に貢献した後に移籍を志願し、2003年には石崎と共に川崎で再びJ2を戦う決断をしているだけではなく、川崎からの戦力外通告を受け一度引退を決意した2005年末に柏監督に就任した石崎が呼び寄せ、現役引退を撤回させている。一方、塩川岳人は1999年に石崎と一緒に山形から大分に移り、2000年に単独で川崎に移籍したが、2001年に石崎の方が自分のいる川崎へ移ってきた経験を持つ。古邊考功フィジカルコーチが2011年に柏から札幌に移籍し、石崎とのコンビで2度目のJ1昇格を果たしたのも上記の通りである。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た箕輪義信

    なお、石崎は能力や性格を知っているこれらの選手をチームの掌握に上手く役立てているが、これらの選手が必ずチームでレギュラーを獲得できるわけではない。岡山は柏でJ1に昇格した2007年に試合出場が減り、石崎の勧めで仙台へ移籍した他、2011年の札幌でも登録後のJ2リーグ17試合で5試合のみの出場だったが、ピッチ外でもチームを盛り上げた役目がJ1昇格に貢献したとクラブから評価された(詳細は岡山の項目を参照)。また、箕輪義信は2008年途中に川崎から札幌へ期限付きで移籍した後に大きな負傷をしたものの、石崎が監督になった2009年にはその回復と守備での統率力を期待されて札幌が完全移籍で獲得したが、ケガが癒えずに石崎監督下での2年間は公式戦出場がないまま退団、現役引退となった。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たフランソアウド・セナ・デ・ソウザ

    2006年には柏レイソルの監督に就任。彼の指導を受けた山根巌、岡山一成を獲得し、崩壊しかけたチームを再生させた。若手の底上げを図りながらチームをまとめ、J2では突出した資金力とフランサやディエゴなどの選手の存在により、終盤まで優勝争いに絡む。ヴィッセル神戸とのマッチレースとなった2位争いでは石崎が「神戸の結果次第という状況だが、それは考えずに自分たちのやり方を貫く」と語ったとおり、最終節の湘南ベルマーレ戦で勝利し、石崎自身にとって「4度目の正直」となるJ1昇格を経験した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たクレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス

    2004年、清水エスパルスのヘッドコーチとして初めてJ1に関わることとなった。同年7月にはアントニーニョ監督の辞任に伴って監督に昇任、J1で初采配を振ることになったが、アラウージョやチョ・ジェジンという強力なFWを擁しながらもセカンドステージは守備が崩壊し16位中14位に終わり、シーズン終了後監督を辞任した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

98件中 31 - 40件表示