115件中 31 - 40件表示
  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た東京ヴェルディ1969

    2005年には東京ヴェルディ1969(東京V)のコーチに就任したが、オズワルド・アルディレス監督が成績不振(前半戦終了時点で17位と低迷)の責任を取って7月19日に解任されたことを受け、3試合ではあるが急遽監督代行に就任した。親善試合では、スター選手を集め、当時銀河系軍団と呼ばれていたレアル・マドリードを3-0で破った。その後、クラブがバドンを新監督にすると再びコーチとして補佐したが、東京VのJ2降格を阻止できず、このシーズン限りで解任された。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たベネディクト・アントニオ・アンジェリ

    2004年、清水エスパルスのヘッドコーチとして初めてJ1に関わることとなった。第3節ガンバ大阪戦に0-4で敗れた後、クラブ側から石崎に対してもっと自分の色を出してほしいという要望があり、それ以降は監督のアントニーニョに代わって石崎がチームの戦術面を担うようになった。選手起用や試合中の指揮権についてはなおアントニーニョ側にあり、事実上の両頭体制となったが、アントニーニョとプレッシングサッカーを志向する石崎のあいだにはサッカー観に隔たりがあり、チーム運営はちぐはぐなものになった。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た河合竜二

    2011年度は、石川直樹、西嶋弘之、藤田征也、上里一将などの主力の移籍により厳しい序盤戦となり、折り返しの17節時点では20チーム中10位であったが、砂川誠に加え河合竜二、李昊乗、ジオゴなどの新戦力が活躍を見せた他、若手も数多く台頭を見せて快進撃を展開、最終的に3位となりJ1復帰を決めた。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た塩川岳人

    また、塩川岳人は1999年に石崎と一緒に山形から大分に移り、2000年に単独で川崎に移籍したが、2001年に石崎の方が自分のいる川崎へ移ってきた経験を持つ。古邊考功フィジカルコーチが2011年に柏から札幌に移籍し、石崎とのコンビで2度目のJ1昇格を果たしたのも上記の通りである。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た山本真希

    2012年は、守備の要であった山下達也が移籍したが、オーストラリア代表ノース、元五輪代表候補の前田俊介、山本真希、高柳一誠など実績のある選手を獲得。またシーズン中にはユースから5名の選手を昇格させるなどして シーズンに臨んだ。開幕戦こそジュビロ磐田と互角の戦いを見せて引き分けたものの、その後は「失点後に緊張が途切れ、次々得点される負けパターン」 にはまってしまい最下位に低迷、怪我人も続出した。シーズン途中に外国人3名を補強し一時は浮上の兆しを見せたもののチーム状況の改善には至らず、9月29日の第27節の敗戦で7節を残して降格が決定し、J1降格最速記録を塗り替えてしまった。石崎は同シーズンの終了を持って退任することが2012年10月5日に発表された。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た高橋武夫

    その後東京農業大学を経て1980年に日本サッカーリーグ (JSL) 2部の東芝に加入。チームではいわゆる「ストッパー」の役割を任され、ハードなディフェンスでJSL2部時代には5年連続ベストイレブンに選ばれるなど活躍する。JSL1部に昇格した1988年からは選手兼コーチに就任。1991年に一旦コーチ兼主務となるがシーズン序盤に選手として追加登録される。1992年はコーチに専念していたが、他のコーチ陣と反りが合わないため監督の高橋武夫に選手復帰を懇願し、1993年に再び選手としてプレーしてから現役を引退した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た金田喜稔

    実家は旧広島市民球場の近くで、身近なスポーツは野球だったが、広島市立広瀬小学校4年生のときに友達の誘いでサッカーを始める。ポジションは中学生の時から常にディフェンダーだったという。県立広島工業高校時代は河内勝幸、金田喜稔、楚輪博、木村和司、猿沢茂、室野哲雄らと共に全国高校選手権ベスト4を経験した。指導者として手本は高校時代の松田輝幸監督という。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たバドン

    2005年には東京ヴェルディ1969(東京V)のコーチに就任したが、オズワルド・アルディレス監督が成績不振(前半戦終了時点で17位と低迷)の責任を取って7月19日に解任されたことを受け、3試合ではあるが急遽監督代行に就任した。親善試合では、スター選手を集め、当時銀河系軍団と呼ばれていたレアル・マドリードを3-0で破った。その後、クラブがバドンを新監督にすると再びコーチとして補佐したが、東京VのJ2降格を阻止できず、このシーズン限りで解任された。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たジオゴ・コヘア・デ・オリベイラ

    2011年度は、石川直樹、西嶋弘之、藤田征也、上里一将などの主力の移籍により厳しい序盤戦となり、折り返しの17節時点では20チーム中10位であったが、砂川誠に加え河合竜二、李昊乗、ジオゴなどの新戦力が活躍を見せた他、若手も数多く台頭を見せて快進撃を展開、最終的に3位となりJ1復帰を決めた。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た前田俊介

    2012年は、守備の要であった山下達也が移籍したが、オーストラリア代表ノース、元五輪代表候補の前田俊介、山本真希、高柳一誠など実績のある選手を獲得。またシーズン中にはユースから5名の選手を昇格させるなどして シーズンに臨んだ。開幕戦こそジュビロ磐田と互角の戦いを見せて引き分けたものの、その後は「失点後に緊張が途切れ、次々得点される負けパターン」 にはまってしまい最下位に低迷、怪我人も続出した。シーズン途中に外国人3名を補強し一時は浮上の兆しを見せたもののチーム状況の改善には至らず、9月29日の第27節の敗戦で7節を残して降格が決定し、J1降格最速記録を塗り替えてしまった。石崎は同シーズンの終了を持って退任することが2012年10月5日に発表された。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

115件中 31 - 40件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード