98件中 41 - 50件表示
  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た石川直樹 (サッカー選手)

    2011年度は、石川直樹、西嶋弘之、藤田征也、上里一将などの主力の移籍により厳しい序盤戦となり、折り返しの17節時点では20チーム中10位であったが、砂川誠に加え河合竜二、李昊乗、ジオゴなどの新戦力が活躍を見せた他、若手も数多く台頭を見せて快進撃を展開、最終的に3位となりJ1復帰を決めた。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た河内勝幸

    県立広島工業高校時代は河内勝幸、金田喜稔、楚輪博、木村和司、猿沢茂、室野哲雄らと共に全国高校選手権ベスト4を経験した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た上里一将

    2011年度は、石川直樹、西嶋弘之、藤田征也、上里一将などの主力の移籍により厳しい序盤戦となり、折り返しの17節時点では20チーム中10位であったが、砂川誠に加え河合竜二、李昊乗、ジオゴなどの新戦力が活躍を見せた他、若手も数多く台頭を見せて快進撃を展開、最終的に3位となりJ1復帰を決めた。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た太田圭輔

    2007年は引き続き柏の監督を務め、李忠成や菅沼実など若い選手を起用した。フランサや移籍してきた古賀正紘や太田圭輔の活躍もあり、シーズン前半戦は優勝争いを演じ、年間8位の成績でシーズンを終えた。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た李漢宰

    2010年度は、内村圭宏、近藤祐介、中山雅史、藤山竜仁、李漢宰を補強したが、昨季のレギュラーである西大伍、ダニルソンの放出によりワールドカップでの中断前での成績は19チーム中12位、最終順位は13位となった。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た長澤和明

    監督としてのキャリアのスタートとなった1995年のNEC山形の監督就任はある意味突発的とも言えるものであった。石崎と東農大サッカー部の同期の長澤和明(ジュビロ磐田元監督)がNEC山形の監督に就任することが内定、その長澤の要請により石崎がコーチに就任することも内定していた。しかし当時8歳の長澤の長女が「静岡を離れたくない」と山形への転居を嫌がったため、長澤はNEC山形監督への就任を辞退した(その直後に長澤はL・リーグの鈴与清水FCラブリーレディースの監督に就任している)。そのため、NEC山形は長澤の代役として石崎に監督就任を要請し、石崎がこれを受諾して監督を務めることになった。ちなみに、このとき山形への転居を嫌がった長澤の長女とは、現在女優の長澤まさみのことである。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た砂川誠

    2011年度は、石川直樹、西嶋弘之、藤田征也、上里一将などの主力の移籍により厳しい序盤戦となり、折り返しの17節時点では20チーム中10位であったが、砂川誠に加え河合竜二、李昊乗、ジオゴなどの新戦力が活躍を見せた他、若手も数多く台頭を見せて快進撃を展開、最終的に3位となりJ1復帰を決めた。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た高柳一誠

    2012年度は、守備の要であった山下達也が移籍したが、オーストラリア代表ノース、元五輪代表候補の前田俊介、山本真希、高柳一誠など実績のある選手を獲得。またシーズン中にはユースから5名の選手を昇格させるなどしてシーズンに臨んだ。開幕戦こそジュビロ磐田と互角の戦いを見せて引き分けたものの、その後は「失点後に緊張が途切れ、次々得点される負けパターン」にはまってしまい最下位に低迷、怪我人も続出した。シーズン途中に外国人3名を補強し一時は浮上の兆しを見せたもののチーム状況の改善には至らず、9月29日の第27節の敗戦で7節を残して降格が決定し、J1降格最速記録を塗り替えてしまった。石崎は同シーズンの終了を持って退任することが2012年10月5日に発表された。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た西嶋弘之

    2011年度は、石川直樹、西嶋弘之、藤田征也、上里一将などの主力の移籍により厳しい序盤戦となり、折り返しの17節時点では20チーム中10位であったが、砂川誠に加え河合竜二、李昊乗、ジオゴなどの新戦力が活躍を見せた他、若手も数多く台頭を見せて快進撃を展開、最終的に3位となりJ1復帰を決めた。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た川崎市

    その後東京農業大学を経て1980年に日本サッカーリーグ (JSL) 2部の東芝サッカー部(コンサドーレ札幌の前身。当時は川崎市に本拠を置いていた)に加入。チームではいわゆる「ストッパー」の役割を任され、ハードなディフェンスでJSL2部時代には5年連続ベストイレブンに選ばれるなど活躍する。1991年に一旦コーチ兼主務となるがシーズン序盤に選手として追加登録され、その後1993年に現役引退した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

98件中 41 - 50件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード