98件中 51 - 60件表示
  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たヴィッセル神戸

    2006年には柏レイソルの監督に就任。彼の指導を受けた山根巌、岡山一成を獲得し、崩壊しかけたチームを再生させた。若手の底上げを図りながらチームをまとめ、J2では突出した資金力とフランサやディエゴなどの選手の存在により、終盤まで優勝争いに絡む。ヴィッセル神戸とのマッチレースとなった2位争いでは石崎が「神戸の結果次第という状況だが、それは考えずに自分たちのやり方を貫く」と語ったとおり、最終節の湘南ベルマーレ戦で勝利し、石崎自身にとって「4度目の正直」となるJ1昇格を経験した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た浦和レッドダイヤモンズ

    翌年の2000年は昇格候補に挙げられ、再び優勝争いに絡んだものの、最終節で浦和に逃げ切られ、またも勝ち点1差で3位となり昇格を逃す。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たお好み焼き

    自流の広島風お好み焼きが得意料理で、所属クラブ内でバーベキューなどがあると必ずお好み焼きを焼いている。選手からも好評なようで、2008年には『石さんレシピ広島風お好み焼き』が日立柏サッカー場での柏主催試合で販売している。売れ行きは好調で、石崎は退任後の2009年も引き続き販売されている。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た清水エスパルス

    2004年、清水エスパルスのヘッドコーチとして初めてJ1に関わることとなった。同年7月にはアントニーニョ監督の辞任に伴って監督に昇任、J1で初采配を振ることになったが、アラウージョやチョ・ジェジンという強力なFWを擁しながらもセカンドステージは守備が崩壊し16位中14位に終わり、シーズン終了後監督を辞任した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たモンテディオ山形

    選手生活の晩年には既にコーチ稼業にも踏み出していたが、引退から2年後の1995年にジャパンフットボールリーグ(旧JFL)のNEC山形(1996年以降はモンテディオ山形)の監督に就任(元々はコーチとしての就任要請だったが、直前に監督への就任を要請されている。詳細後述)。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たサンフレッチェ広島

    2002年には川崎を4位に押し上げ、2003年には最終節まで昇格争いに絡みながら、サンフレッチェ広島と勝ち点差1の年間3位でシーズンを終えた。同年の第83回天皇杯を最後に川崎監督を退任した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たガンバ大阪

    石崎のJリーグでの指導歴は、2011年シーズン終了時点でJ1・J2を通じて456試合にも及ぶ。この数字は、柏やガンバ大阪で永年指導を行ってきた西野朗をしのぎ、Jリーグ監督経験者では歴代最多である。その一方で、同一クラブで4年以上指導した経験があるのは、山形(1995年-1998年)と札幌(2009年-2012年)のみである。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た大分トリニータ

    1999年、発足したばかりのJ2に加盟した大分トリニータに招聘され監督に就任。この年の大分は最終節を前に2位に浮上。勝てば自力でJ1昇格を決めることが出来たが、ホームでの最終節で古巣の山形に後半ロスタイムの失点で引き分け、2位と勝ち点1差の3位の成績でJ1昇格を逃す。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た川崎フロンターレ

    2001年7月、J2に降格し低迷する川崎フロンターレの監督に就任。リーグ戦では7位の成績でシーズンを終えたがその年の第81回天皇杯では準決勝まで進出した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た全国高等学校サッカー選手権大会

    県立広島工業高校時代は河内勝幸、金田喜稔、楚輪博、木村和司、猿沢茂、室野哲雄らと共に全国高校選手権ベスト4を経験した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

98件中 51 - 60件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード