115件中 61 - 70件表示
  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たバーベキュー

    普段から広島弁を多用し、札幌時代にはチームの“共通語”として広めてしまうほど。自流の広島風お好み焼きが得意料理で、所属クラブ内でバーベキューなどがあると必ずお好み焼きを焼いている。選手からも好評なようで、2008年には『石さんレシピ広島風お好み焼き』が日立柏サッカー場での柏主催試合で販売されている。売れ行きは好調で、石崎は退任後の2009年も引き続き販売された。山形復帰後の2015年のファン感謝祭でも200人分のお好み焼きをファンに振る舞った。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たガンバ大阪

    2004年、清水エスパルスのヘッドコーチとして初めてJ1に関わることとなった。第3節ガンバ大阪戦に0-4で敗れた後、クラブ側から石崎に対してもっと自分の色を出してほしいという要望があり、それ以降は監督のアントニーニョに代わって石崎がチームの戦術面を担うようになった。選手起用や試合中の指揮権についてはなおアントニーニョ側にあり、事実上の両頭体制となったが、アントニーニョとプレッシングサッカーを志向する石崎のあいだにはサッカー観に隔たりがあり、チーム運営はちぐはぐなものになった。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たファジアーノ岡山FC

    石崎のJリーグでの指導歴はJリーグ監督経験者では歴代最多で、2014年4月29日の第10節・岡山戦(NDスタ)で500試合監督を達成した。その一方で、同一クラブで4年以上指導した経験があるのは、山形(1995年-1998年、2014年-2016年)と札幌(2009年-2012年)のみである。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た全国高等学校サッカー選手権大会

    実家は旧広島市民球場の近くで、身近なスポーツは野球だったが、広島市立広瀬小学校4年生のときに友達の誘いでサッカーを始める。ポジションは中学生の時から常にディフェンダーだったという。県立広島工業高校時代は河内勝幸、金田喜稔、楚輪博、木村和司、猿沢茂、室野哲雄らと共に全国高校選手権ベスト4を経験した。指導者として手本は高校時代の松田輝幸監督という。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た湘南ベルマーレ

    2006年には柏レイソルの監督に就任。彼の指導を受けた山根巌、岡山一成を獲得し、崩壊しかけたチームを再生させた。若手の底上げを図りながらチームをまとめ、J2では突出した資金力とフランサやディエゴなどの選手の存在により、終盤まで優勝争いに絡む。ヴィッセル神戸とのマッチレースとなった2位争いでは石崎が「神戸の結果次第という状況だが、それは考えずに自分たちのやり方を貫く」 と語ったとおり、最終節の湘南ベルマーレ戦で勝利し、石崎自身にとって「4度目の正直」となるJ1昇格を経験した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たACミラン

    1990年代初めに、それまでは赤だった東芝サッカー部のユニフォームがACミランにあやかり赤と黒の縦縞に変更となったのは、当時主将だった石崎のアイデアによるものだという。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た大宮アルディージャ

    また、2006年の柏レイソルの監督就任も偶然のタイミングによるものだった。東京ヴェルディのコーチを解任された後、某Jリーグクラブのサテライト監督の就任が決まっていた石崎は、最終交渉を夕方に控えていた日の午前中、夫人と映画館に居たところに石崎の携帯に柏からの電話がかかってきたという。最初は無視したもの2度目は「緊急の要件かな!?」と思い電話に出たところ、監督就任要請の電話であり、このオファーで急転、柏の監督就任が決まった。石崎本人は後に「おかげで映画の一番いいシーンは見られんかった」との発言を残している。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たレアル・マドリード

    2005年には東京ヴェルディ1969(東京V)のコーチに就任したが、オズワルド・アルディレス監督が成績不振(前半戦終了時点で17位と低迷)の責任を取って7月19日に解任されたことを受け、3試合ではあるが急遽監督代行に就任した。親善試合では、スター選手を集め、当時銀河系軍団と呼ばれていたレアル・マドリードを3-0で破った。その後、クラブがバドンを新監督にすると再びコーチとして補佐したが、東京VのJ2降格を阻止できず、このシーズン限りで解任された。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たヴィッセル神戸

    2006年には柏レイソルの監督に就任。彼の指導を受けた山根巌、岡山一成を獲得し、崩壊しかけたチームを再生させた。若手の底上げを図りながらチームをまとめ、J2では突出した資金力とフランサやディエゴなどの選手の存在により、終盤まで優勝争いに絡む。ヴィッセル神戸とのマッチレースとなった2位争いでは石崎が「神戸の結果次第という状況だが、それは考えずに自分たちのやり方を貫く」 と語ったとおり、最終節の湘南ベルマーレ戦で勝利し、石崎自身にとって「4度目の正直」となるJ1昇格を経験した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たジェフユナイテッド市原・千葉

    2013年11月27日、2014年シーズンからモンテディオ山形の監督に就任(16年ぶりの復帰)すると発表された。前半戦はなかなか連勝できず一時は17位まで順位を落とすが、フォーメーションを3-4-3に変更後チームの状態は上がり、シーズン6位で終えた。J1昇格プレーオフでは4位ジュビロ磐田・3位ジェフ千葉を破って優勝、4年ぶりのJ1復帰を果たした。天皇杯でもクラブ初の準優勝に導き、監督個人としては2008年の柏時代以来2度目の準優勝となった。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

115件中 61 - 70件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード