115件中 81 - 90件表示
  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たコナミメディアエンタテインメント

    『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2004』、コナミメディアエンタテインメント、2004 ISBN 4-86155-802-6石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た南雲堂

    『1990-1991JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1990 ISBN 4-523-31032-7石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たNEC山形サッカー部

    選手生活の晩年には既にコーチ稼業にも踏み出していたが、引退から2年後の1995年にジャパンフットボールリーグ(旧JFL)のNEC山形(1996年以降はモンテディオ山形)の監督に就任(元々はコーチとしての就任要請だったが、直前に監督への就任を要請されている。参照)。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    2002年には川崎を4位に押し上げ、2003年には最終節まで昇格争いに絡みながら、サンフレッチェ広島と勝ち点差1の年間3位でシーズンを終えた。同年の第83回天皇杯を最後に川崎監督を退任した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た杭州緑城足球倶楽部

    2013年2月、岡田武史がトップチームの監督を務める中国・杭州緑城のU-18チーム監督就任が発表された。同年11月、岡田武史とともに退任。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たテゲバジャーロ宮崎

    2017年1月5日、テゲバジャーロ宮崎の監督に就任すると発表された。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た日本サッカーリーグ

    その後東京農業大学を経て1980年に日本サッカーリーグ (JSL) 2部の東芝に加入。チームではいわゆる「ストッパー」の役割を任され、ハードなディフェンスでJSL2部時代には5年連続ベストイレブンに選ばれるなど活躍する。JSL1部に昇格した1988年からは選手兼コーチに就任。1991年に一旦コーチ兼主務となるがシーズン序盤に選手として追加登録される。1992年はコーチに専念していたが、他のコーチ陣と反りが合わないため監督の高橋武夫に選手復帰を懇願し、1993年に再び選手としてプレーしてから現役を引退した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た東芝堀川町サッカー部

    その後東京農業大学を経て1980年に日本サッカーリーグ (JSL) 2部の東芝に加入。チームではいわゆる「ストッパー」の役割を任され、ハードなディフェンスでJSL2部時代には5年連続ベストイレブンに選ばれるなど活躍する。JSL1部に昇格した1988年からは選手兼コーチに就任。1991年に一旦コーチ兼主務となるがシーズン序盤に選手として追加登録される。1992年はコーチに専念していたが、他のコーチ陣と反りが合わないため監督の高橋武夫に選手復帰を懇願し、1993年に再び選手としてプレーしてから現役を引退した。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た野球

    実家は旧広島市民球場の近くで、身近なスポーツは野球だったが、広島市立広瀬小学校4年生のときに友達の誘いでサッカーを始める。ポジションは中学生の時から常にディフェンダーだったという。県立広島工業高校時代は河内勝幸、金田喜稔、楚輪博、木村和司、猿沢茂、室野哲雄らと共に全国高校選手権ベスト4を経験した。指導者として手本は高校時代の松田輝幸監督という。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見たJ1昇格プレーオフ

    2013年11月27日、2014年シーズンからモンテディオ山形の監督に就任(16年ぶりの復帰)すると発表された。前半戦はなかなか連勝できず一時は17位まで順位を落とすが、フォーメーションを3-4-3に変更後チームの状態は上がり、シーズン6位で終えた。J1昇格プレーオフでは4位ジュビロ磐田・3位ジェフ千葉を破って優勝、4年ぶりのJ1復帰を果たした。天皇杯でもクラブ初の準優勝に導き、監督個人としては2008年の柏時代以来2度目の準優勝となった。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

115件中 81 - 90件表示

「石崎信弘」のニューストピックワード