石川 さゆり

石川さゆり ニュース&Wiki etc.

石川 さゆり(いしかわ さゆり、1958年1月30日 - )は、熊本県飽託郡飽田村(現・熊本市南区)出身の日本の演歌歌手。本名・石川 絹代(きぬよ)。堀越高等学校卒業。 (出典:Wikipedia)

「石川さゆり」Q&A

  • Q&A

    これから書く方の曲で1番好きな曲を教えてください♪ 〔横に私が好きな曲を書いておきま…

    [続きを読む]

    回答数:13質問日時 - 2017年2月6日 22:08

  • Q&A

    石川さゆりは「津軽海峡冬景色」と「天城越え」で この先も安泰のようです。 「かくれん…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月5日 20:25

  • Q&A

    有名歌手になると印税で生活が成り立つと聞いたことがあります。 具体的にはどのくらいの…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月5日 13:03

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「石川さゆり」のつながり調べ

  • 第62回NHK紅白歌合戦

    第62回NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり

    松任谷に続いてEXILEが歌唱を終え、次の天童よしみの曲紹介時には2011年が美空ひばりの23回忌であったことに井上が言及し、ひばりの写真も映し出された。天童はひばりの楽曲である「愛燦燦」を歌唱した。続く北島三郎の「帰ろかな」歌唱時は、一橋大学津田塾大学合唱団ユマニテ(事前報道によると人数は117人)がともに合唱した。なお、北島は歌詞を間違える場面があった。北島の次はトリの石川さゆりである。石川に続いたSMAPが大トリを務めた。SMAPはメドレーの2曲目「オリジナル スマイル」の歌唱中にステージを降り、客席で歌唱した。SMAPが紅白において、客席でパフォーマンスをするのは史上初である。また同メンバーの木村拓哉が同曲の「山程ムカつくこと 毎日あるけど」という歌詞を「山程立ち直ること 毎日あるけど」に変えて歌う場面もあった。曲の終盤ではステージに戻ったSMAPとともに出場歌手がステージ上に集まり、最後はSMAPと出場歌手が手を繋いで一礼した。(第62回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽海峡・冬景色

    津軽海峡・冬景色から見た石川さゆり

    『津軽海峡・冬景色』(つがるかいきょう ふゆげしき)とは1977年(昭和52年)に石川さゆりが歌い、日本でヒットした歌謡曲である。(津軽海峡・冬景色 フレッシュアイペディアより)

「石川さゆり」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「石川さゆり」のニューストピックワード