前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
311件中 1 - 10件表示
  • 杉真理

    杉真理から見た石川さゆり石川 さゆり

    レコーディングは自身のバックバンドThe Dreamersやカルパッチョスのメンバーに加え、曲ごとに異なるミュージシャンが起用されることが多い。編曲やコーラスアレンジは初期の作品以外は杉自身がそのほとんどを手掛けている。作曲家として多数の楽曲制作に携わっており、須藤薫やHi-Fi SETに多数の楽曲を提供しているほか、アイドル歌手や松田聖子、山口百恵にも楽曲を提供している。多数のコーラスアレンジも手掛けている。多数のCMソングも手掛けており、代表的な作品にサントリーのCMソング『ウイスキーが、お好きでしょ』(SAYURI〔石川さゆり〕、ゴスペラーズ、竹内まりや)がある。杉真理 フレッシュアイペディアより)

  • 第62回NHK紅白歌合戦

    第62回NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    松任谷に続いてEXILEが歌唱を終え、次の天童よしみの曲紹介時には2011年が美空ひばりの23回忌であったことに井上が言及し、ひばりの写真も映し出された。天童はひばりの楽曲である「愛燦燦」を歌唱した。続く北島三郎の「帰ろかな」歌唱時は、一橋大学津田塾大学合唱団ユマニテ(事前報道によると人数は117人)がともに合唱した。なお、北島は歌詞を間違える場面があった。北島の次は紅組トリの石川さゆりである。石川に続いたSMAPが白組トリおよび大トリを務めた。SMAPはメドレーの2曲目「オリジナル スマイル」の歌唱中にステージを降り、客席で歌唱した。SMAPが紅白において、客席でパフォーマンスをするのは史上初である。また同メンバーの木村拓哉が同曲の「山程ムカつくこと 毎日あるけど」という歌詞を「山程立ち直ること 毎日あるけど」に変えて歌う場面もあった。曲の終盤ではステージに戻ったSMAPとともに出場歌手がステージ上に集まり、最後はSMAPと出場歌手が手を繋いで一礼した。第62回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル

    お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャルから見た石川さゆり石川 さゆり

    まちゃまちゃ (津軽海峡・冬景色/石川さゆり) vs タカアンドトシ(タカ) (栄光の架橋/ゆず)お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 第19回日本レコード大賞

    第19回日本レコード大賞から見た石川さゆり石川 さゆり

    この年の大賞候補曲ベスト10(大賞・最優秀歌唱賞・歌唱賞の候補)は、八代亜紀の「愛の終着駅」、松崎しげるの「愛のメモリー」、野口五郎の「風の駅」、沢田研二の「勝手にしやがれ」、桜田淳子の「気まぐれヴィーナス」、山口百恵の「秋桜」、岩崎宏美の「思秋期」、石川さゆり「津軽海峡・冬景色」、小柳ルミ子の「星の砂」、西城秀樹の「ボタンを外せ」である。第19回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第64回NHK紅白歌合戦

    第64回NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    和田アキ子と石川さゆりは紅組歌手として36回目(前者は紅白両組通算では37回目)の出場となり、紅組歌手の最多出場記録となった。第64回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    特別ゲストの桑田佳祐は東京都内の青山ビクタースタジオ から中継で出演した。衣装は紋付き袴であった。歌唱前には「カチンカチンにして参りました」と冗談を述べ、立川談志が発した「ふとした病」というフレーズを借用しつつ自身が病気(食道癌)から復活したことなどについて語り、「それ行けベイビー!!」、「本当は怖い愛とロマンス」を歌唱した(いずれもテレビ初披露で、前者は当時未発表曲であった)。後者の歌唱中にはトラとウサギの着ぐるみが餅つきをしていたり、2人のバニーガールが登場した。なお、歌唱中は桑田の主治医が点滴を持って待機していたという。歌唱終了後に桑田は「次は石川さゆりです」と述べた。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第63回NHK紅白歌合戦

    第63回NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    石川さゆりは、荒木飛呂彦のイラストをバックに歌唱。第63回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 2017 FNS歌謡祭

    2017 FNS歌謡祭から見た石川さゆり石川 さゆり

    作詞家生活50年・没後10年となる“阿久悠” 特別企画 石川さゆり、?橋真梨子、宝塚歌劇団、和田アキ子…ほか 永遠に愛される名曲メドレーを披露!2017 FNS歌謡祭 フレッシュアイペディアより)

  • プレイドライブ

    プレイドライブから見た石川さゆり石川 さゆり

    1975年4月号:キャシー中島、5月号:岡田奈々、6月号:高原ユキ、7月号:坂口良子、8月号:太田裕美、9月号:浅野ゆう子、10月号:石川さゆり、11月号:和田アキ子、12月号:伊藤咲子、1976年1月号:西川峰子(仁支川峰子)、2月号:アグネス・チャン、3月号:八代亜紀、4月号:リリーズ(ザ・リリーズ)、5月号:小川順子、6月号:アン・ルイス、7月号:天地真理、8月号:三木聖子、9月号:藤圭子、10月号:佐良直美、11月号:エバ(ゴールデンハーフ)、12月号:キャンディーズ、1977年1月号:石川さゆり、2月号:太田裕美、3月号:シェリー、4月号:林寛子、5月号:いけだひろこ、6月号:吉田まり、7月号:芦川よしみ、8月号:森昌子、9月号:荒木由美子、10月号:チェルシャ・チャン(チェルシア・チャン)、11月号:清水由起子(清水由貴子)、12月号:石原初音プレイドライブ フレッシュアイペディアより)

  • ぬかるみの女

    ぬかるみの女から見た石川さゆり石川 さゆり

    さより - 石川さゆり(正)※主題歌を歌ったための特別出演ぬかるみの女 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
311件中 1 - 10件表示

「石川さゆり」のニューストピックワード