前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示
  • 杉真理

    杉真理から見た石川さゆり石川 さゆり

    レコーディングは自身のバックバンド【The Dreamers】や【カルパッチョス】のメンバーに加え、曲ごとに異なるミュージシャンが起用されることが多い。編曲やコーラスアレンジは初期の作品以外は杉自身がそのほとんどを手掛けている。作曲家として多数の楽曲制作に携わっており、須藤薫やHi-Fi SETに多数の楽曲を提供しているほか、アイドル歌手や松田聖子、山口百恵にも楽曲を提供している。多数のコーラスアレンジも手掛けている。多数のCMソングも手掛けており、代表的な作品にサントリーのCMソング『ウイスキーが、お好きでしょ』(SAYURI〔石川さゆり〕、ゴスペラーズ、竹内まりや)がある。杉真理 フレッシュアイペディアより)

  • 国民銀行

    国民銀行から見た石川さゆり石川 さゆり

    破綻の要因として、カラオケボックス運営会社「カミパレス株式会社(ドレミファクラブ)」(東京都三鷹市)に対して90億円を上回る不正融資が挙げられている。同社は1980年代に石川さゆりの個人事務所が立ち上げた事業であった(会社設立は1987年4月18日)が、後に実業家の種子田益夫が関与することになる。もともと収益の見通しがつかない状況下で、1997年から充分な担保を設定せず、銀行頭取の承認と石川の連帯保証を得て迂回融資を行い、銀行へ損失を与えたのである。国民銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 竜飛崎

    竜飛崎から見た石川さゆり石川 さゆり

    石川さゆりのヒット曲「津軽海峡・冬景色」の歌詞の一節に唄われていることでも知られており、"よしだたくろう & かまやつひろし" 名義の歌でそのまま「竜飛崎」というタイトルの曲もある。竜飛崎 フレッシュアイペディアより)

  • 真木ことみ

    真木ことみから見た石川さゆり石川 さゆり

    最初に歌った歌は、石川さゆりの津軽海峡冬景色。友達の家族と何家族かでバス旅行に行ったバスの中で歌った記憶がある。5歳ぐらいの時だった。裏声に返すところ、「あーあー」というファルセットになるところがすごく心地よくて、歌うとまわりの大人にほめられるのがたまらなく快感で、やみつきになった。石川さゆりとは後に同じレコード会社で活動もした。真木ことみ フレッシュアイペディアより)

  • プレイドライブ

    プレイドライブから見た石川さゆり石川 さゆり

    1975年4月号:キャシー中島、5月号:岡田奈々、6月号:高原ユキ、7月号:坂口良子、8月号:太田裕美、9月号:浅野ゆう子、10月号:石川さゆり、11月号:和田アキ子、12月号:伊藤咲子、1976年1月号:西川峰子(仁支川峰子)、2月号:アグネス・チャン、3月号:八代亜紀、4月号:リリーズ(ザ・リリーズ)、5月号:小川順子、6月号:アン・ルイス、7月号:天地真理、8月号:三木聖子、9月号:藤圭子、10月号:佐良直美、11月号:エバ(ゴールデンハーフ)、12月号:キャンディーズ、1977年1月号:石川さゆり、2月号:太田裕美、3月号:シェリー、4月号:林寛子、5月号:いけだひろこ、6月号:吉田まり、7月号:芦川よしみ、8月号:森昌子、9月号:荒木由美子、10月号:チェルシャ・チャン(チェルシア・チャン)、11月号:清水由起子(清水由貴子)、12月号:石原初音プレイドライブ フレッシュアイペディアより)

  • 第37回NHK紅白歌合戦

    第37回NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    石川さゆりが「天城越え」で自身初のトリを務めた。第37回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第34回NHK紅白歌合戦

    第34回NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    石川さゆりは産休に入り臨月間近だったことから、この回は早々に出場を辞退した。しかし番組プロデューサーの「応援だけでも出演して欲しい」との熱意に押されて、紅組の応援ゲストとして特別出演した。第34回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 三木たかし

    三木たかしから見た石川さゆり石川 さゆり

    1977年、「津軽海峡・冬景色」 (作詞: 阿久悠、歌唱: 石川さゆり) が大ヒット。第19回日本レコード大賞・中山晋平賞 (後の作曲賞) を受賞する。三木たかし フレッシュアイペディアより)

  • 矢井田瞳

    矢井田瞳から見た石川さゆり石川 さゆり

    音楽との出合いは、幼い頃、よく父親に連れて行かれたスナック。そこで父親がカラオケで歌うのを聞かされていた。中でも、父が歌う井上陽水の『傘がない』の独創的な歌詞に一番心惹かれた。小学校四年生の頃には、スナックで披露するために自分でも歌の練習を始めていた。裏声を身につけたのは、その頃練習した石川さゆりの津軽海峡冬景色のおかげだと言う。矢井田瞳 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    特別ゲストの桑田佳祐は東京都内の青山ビクタースタジオ から中継で出演した。衣装は紋付き袴であった。歌唱前には自身が病気(食道癌)から復活したことなどについて語り、「それ行けベイビー!!」、「本当は怖い愛とロマンス」を歌唱した(いずれもテレビ初披露で、前者は当時未発表曲であった)。後者の歌唱中にはトラとウサギの着ぐるみが餅つきをしていたり、2人のバニーガールが登場した。なお、歌唱中は桑田の主治医が点滴を持って待機していたという。歌唱終了後に桑田は「次は石川さゆりです」と述べた。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示

「石川さゆり」のニューストピックワード