211件中 11 - 20件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    2000年代後半以降、演歌・歌謡歌手は新曲の歌唱を敬遠されがち(正確には1990年代頃からその傾向が徐々に増えていた。この間2001年・第52回、2004年・第55回は比較的多くの演歌歌手がポップス歌手同様、新曲の歌唱が多かったが、これ以外は新曲を歌唱する演歌歌手が少数派となっている)で、過去のヒット曲が選曲される傾向にあり、且つ同じ曲が何度も歌われることも多い。例えば、石川さゆりは1986年の楽曲「天城越え」を、中村美律子は1989年の楽曲「河内おとこ節」を現在まで共に8回歌っている。同じ曲が何度も歌唱されることに関しては、週刊誌等のメディアに「何故、毎年同じ歌?」のような批判記事が出ることがある。ただし、小林幸子、五木ひろし、氷川きよしは一部の回を除き毎回行われた年に発売されたシングルの新曲を歌っている。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡治

    吉岡治から見た石川さゆり石川 さゆり

    石川さゆり『波止場しぐれ』『天城越え』『夫婦善哉』『滝の白糸』吉岡治 フレッシュアイペディアより)

  • 未知瑠

    未知瑠から見た石川さゆり石川 さゆり

    『もういいかい』/石川さゆり NHKみんなのうた(2011年8-9月) アルバム『石川さゆり2012年全曲集』収録(編曲)未知瑠 フレッシュアイペディアより)

  • 夜のヒットスタジオ

    夜のヒットスタジオから見た石川さゆり石川 さゆり

    この時期になると、歌番組に対するニーズの変化もあり(純粋に音楽を楽しむというよりも、ヒットチャートを調べるために見るという「目的から手段への変化」である)、放送時間の短縮を機に予算が大幅に削減されたことも影響し、大物アーティストの出演頻度が下がった。布施明・井上陽水・サザンオールスターズ・北島三郎・森進一らは「SUPER」には一度も出演せず、それまで月に1、2回出演していた番組最多出演者の五木ひろしも1990年1月10日放送を最後に出演がなくなり、1980年代には毎週のように出演していたジャニーズ事務所の所属タレントの出演頻度も激減。代わって若手バンド、あるいはロック・アイドル歌手が出演者の大半を占めるようになり、1990年4月18日放送に出演した石川さゆりを最後に純然たる演歌歌手の出演は途絶え、「幅広いジャンルを網羅する」という部分は事実上形骸化してしまった。夜のヒットスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • ポニーキャニオン

    ポニーキャニオンから見た石川さゆり石川 さゆり

    以前山本譲二や石川さゆりなどが所属していた演歌・歌謡曲部門は売上不振から1999年をもって撤退し、2000年に中島みゆきが長年所属していた老舗レーベル「アードバーク」を『ヤマハミュージックコミュニケーションズ』として分離・独立した。その後2006年に復帰した森昌子を除いてJ-POPに特化している。これらの経緯もあってか、レコード会社としては非常に長い歴史を持つにも関わらず、所属アーティストの大半は1990年代後半以降にデビューまたは移籍してきたアーティストによって占められている(一番在籍期間が長い工藤静香も2000年から2002年までは別レーベルに所属していた)。ポニーキャニオン フレッシュアイペディアより)

  • きょうのインタビュー

    きょうのインタビューから見た石川さゆり石川 さゆり

    石川さゆり (演歌歌手。出演当時「津軽海峡・冬景色」がヒット)きょうのインタビュー フレッシュアイペディアより)

  • 港が見える丘

    港が見える丘から見た石川さゆり石川 さゆり

    石川さゆり - アルバム『二十世紀の名曲たち』収録港が見える丘 フレッシュアイペディアより)

  • 飽田町

    飽田町から見た石川さゆり石川 さゆり

    石川さゆり(旧飽田村生まれ)飽田町 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木淳 (作曲家)

    鈴木淳 (作曲家)から見た石川さゆり石川 さゆり

    石川さゆり『なみだの宿』(1981年5月1日)鈴木淳 (作曲家) フレッシュアイペディアより)

  • カウントダウンオールヒット

    カウントダウンオールヒットから見た石川さゆり石川 さゆり

    ゲスト:香取慎吾(SMAP)、安室奈美恵、シャ乱Q(中継)、武田鉄矢、石川さゆり、南こうせつ、イルカ、さだまさし(中継)カウントダウンオールヒット フレッシュアイペディアより)

211件中 11 - 20件表示

「石川さゆり」のニューストピックワード