311件中 21 - 30件表示
  • 第58回NHK紅白歌合戦

    第58回NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    本紅白での石川さゆりの歌唱を観たイチローは、これがきっかけで翌年の自身の打席登場曲に石川の「天城越え」を使用することを決めた。そして、イチローが打席登場曲に使った話題性から翌年の第59回での石川の歌唱曲が「天城越え」となった。また今回以降、石川は「津軽海峡・冬景色」と「天城越え」を交互に歌唱する形となっている。石川自身はこのことを不服に思っているとされる。第58回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 真木ことみ

    真木ことみから見た石川さゆり石川 さゆり

    最初に歌った歌は、石川さゆりの津軽海峡冬景色。友達の家族と何家族かでバス旅行に行ったバスの中で歌った記憶がある。5歳ぐらいの時だった。裏声に返すところ、「あーあー」というファルセットになるところがすごく心地よくて、歌うとまわりの大人にほめられるのがたまらなく快感で、やみつきになった。石川さゆりとは後に同じレコード会社で活動もした。真木ことみ フレッシュアイペディアより)

  • 樋口了一

    樋口了一から見た石川さゆり石川 さゆり

    また、歌手活動の傍ら、SMAP、TOKIO、20th Century、沢田研二、鈴木雅之、石川さゆり、郷ひろみ等、歌手のジャンルを問わず、また演劇集団キャラメルボックス等にも楽曲を提供している。樋口了一 フレッシュアイペディアより)

  • 矢井田瞳

    矢井田瞳から見た石川さゆり石川 さゆり

    歌との出合いは父親のおかげ。父親がスナックで歌うためにリビングでその時の流行歌などいろいろな音楽を聴く時、家族みんなも一緒に聴くという環境で育った。ザ・フォーク・クルセイダーズ、井上陽水などの70-80年代のフォークソングには聴いていて景色が浮かぶ曲が多く、そのメロディや曲の暖かさに影響を受けた。またよく父親に連れて行かれたスナックで父親がカラオケで歌うのを聞かされ、中でも父が歌う井上陽水の『傘がない』の独創的な歌詞には最も心惹かれた。小学四年生の頃にはスナックで披露するために自分でも歌の練習を始めていた。よく声がひっくり返るのが特徴的と言われるが、自分では裏声を身につけたのはその頃練習した石川さゆりの「津軽海峡冬景色」「天城越え」など演歌の歌い方のおかげではないかと思っている。矢井田瞳 フレッシュアイペディアより)

  • 第34回NHK紅白歌合戦

    第34回NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    この年デビュー10周年を迎え、前回まで初出場の第28回(1977年)以来6年連続出場をしていた石川さゆりは、当時産休に入り臨月間近だったことから今回は出場者発表前に自ら辞退を宣言。しかし、NHKの番組プロデューサーから「未だ入院していないなら、応援だけでも良いので是非登場して欲しい」との熱意に押されて、紅組の応援ゲストとして特別出演した。なお、石川は翌年の第35回で復帰出場している。第34回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た石川さゆり石川 さゆり

    島倉の死去から6日後の2013年11月14日、葬儀が南青山の青山葬儀所で営まれた。会場には、『からたちの小径』の録音後に涙声で次の言葉を語る、島倉の生涯最後となる肉声テープが流された。また告別式では、島倉に憧れて演歌歌手となった石川さゆりが代表として「本当に寂しいです。もっともっと、お元気で歌っていて欲しかった。優しく、時に厳しく、叱ってくれる人が、居なくなってしまいました…」「これからも、私達後輩を、空高くから見守っていて下さい」と、涙で時折言葉を詰まらせながら弔辞を読んだ。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 石原 詢子

    石原詢子から見た石川さゆり石川 さゆり

    一方で、五木ひろしの大ファンだった母親の影響、石川さゆりへの憧れから歌手になる夢を抱きはじめる。しかし、石原を詩吟の跡取りにと考える父親から猛反対にあう。石原詢子 フレッシュアイペディアより)

  • 未知瑠

    未知瑠から見た石川さゆり石川 さゆり

    『もういいかい』/石川さゆり NHKみんなのうた(2011年8-9月) アルバム『石川さゆり2012年全曲集』収録(編曲)未知瑠 フレッシュアイペディアより)

  • くるり

    くるりから見た石川さゆり石川 さゆり

    2012年春には、石川さゆりからの依頼を受けて岸田が書き下ろした新曲「石巻復興節」をレコーディング(細野晴臣も演奏に参加)。3月12日に石巻市内の提携ショップ、及びオンラインでの販売を開始した。それに先立ち、サポートドラマーにあらきゆうこを迎えニューアルバムのレコーディングが2月末から韓国でスタート。帰国後もレコーディングは続けられ、録音された新曲はいち早く5月28日から行われたくるりワンマンライブツアー2012?Clear Water Japones?で披露された。8月1日には、発売が一週間延期となっていた先行シングル『everybody feels the same』がリリース。ジャケットは、シングルとしては2004年の『ロックンロール』以来となる、メンバー全員が顔を見せるデザインとなった。また、その前日には、実に2004年以来となるフリーライブ「QURULI FREE LIVE at YOYOGI 2012?everybody feels the same?」が開催された。これらのレコーディングをまとめた、19曲入りのニューアルバム『坩堝の電圧』を9月19日に発売。また11月1日からは、くるりワンマンライブツアー2012?国民の性欲が第一?も実施された。くるり フレッシュアイペディアより)

  • 夜のヒットスタジオ

    夜のヒットスタジオから見た石川さゆり石川 さゆり

    この時期から歌番組に対するニーズの変化もあり、放送時間の短縮を機に予算が大幅に削減されたことも影響し、大物アーティストの出演頻度が下がった。布施明・井上陽水・サザンオールスターズ・北島三郎・森進一らは『SUPER』には一度も出演せず、それまで月に1、2回出演していた番組最多出演者の五木ひろしも1990年1月10日放送を最後に出演がなくなり、1980年代には毎週のように出演していたジャニーズ事務所の所属タレントの出演頻度も激減。時期的にJ-POP、J-ROCKが隆盛を迎え、若手バンドやロック・アイドル歌手が出演者の大半を占めるようになり、1990年4月18日放送に出演した石川さゆりを最後に純然たる演歌歌手の出演はついに途絶え、「幅広いジャンルを網羅する」という部分は事実上形骸化してしまった。夜のヒットスタジオ フレッシュアイペディアより)

311件中 21 - 30件表示

「石川さゆり」のニューストピックワード