211件中 81 - 90件表示
  • 第35回NHK紅白歌合戦

    第35回NHK紅白歌合戦から見た石川さゆり石川 さゆり

    前回は妊娠・産休により出場辞退(但し特別応援ゲストで登場)した石川さゆりが、第33回以来2年ぶりに紅白復帰を果たす。大相撲の現役力士で当時大関・琴風豪規(現:尾車親方)とのデュエット曲「東京めぐり愛」だったが、琴風は同紅白に出演しなかったため、石川一人で琴風が歌う部分も含めて歌唱披露した。第35回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 大空港 (テレビドラマ)

    大空港 (テレビドラマ)から見た石川さゆり石川 さゆり

    水島さゆり:石川さゆり(1979年9月から)大空港 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 音楽自由区。

    音楽自由区。から見た石川さゆり石川 さゆり

    radio CUBE FM三重 ※金曜のみ5:00で飛び降り。5:00からは「石川さゆり ねこふんじゃった」を放送。音楽自由区。 フレッシュアイペディアより)

  • さそり座の女

    さそり座の女から見た石川さゆり石川 さゆり

    NHKの年末恒例番組である『NHK紅白歌合戦』においても度々歌われ、2009年までに計7回も歌唱している(紅白で同一曲の7回披露は中村美律子「河内おとこ節」、石川さゆり「天城越え」の8回に次ぐ記録)。さそり座の女 フレッシュアイペディアより)

  • ばってん荒川

    ばってん荒川から見た石川さゆり石川 さゆり

    2006年10月24日に熊本市内の葬儀場で行われた葬儀・告別式には、ビートたけし、たけし軍団、北島三郎、西川きよし、市原悦子、天童よしみら東京・関西の大物芸能人や水前寺清子、八代亜紀、石川さゆり、原田悠里、コロッケ、井手らっきょら熊本県出身の有名芸能人から供花が贈られた。弔辞は、長年テレビ・ラジオで共演した熊本ローカルタレントの後輩・大田黒浩一が読み上げた。大田黒は、遺影に向かって「(逝くのが)早か」と絶叫した。そして、歌手としての代表曲「帰らんちゃよか」をカバーした熊本出身の演歌歌手・島津亜矢が遺影の前で「帰らんちゃよか」を熱唱した。ばってん荒川 フレッシュアイペディアより)

  • 帯をギュッとね!

    帯をギュッとね!から見た石川さゆり石川 さゆり

    読者人気が非常に高く、人気投票では第1回・第2回において主人公の巧を抑えて1位を獲得し、第3回でも2位に入っていた。なお、主要7人のキャラの中で唯一家族が登場しなかった。好きな芸能人は寺田農で、カラオケは坂本冬美や石川さゆりなど演歌を好むという渋い一面がある。(コミック参照)帯をギュッとね! フレッシュアイペディアより)

  • 蘇州夜曲

    蘇州夜曲から見た石川さゆり石川 さゆり

    石川さゆり(2001年、アルバム「石川さゆり音楽会 2001秋」収録)蘇州夜曲 フレッシュアイペディアより)

  • ホリプロ

    ホリプロから見た石川さゆり石川 さゆり

    1970年代中頃から後半は、主に山口百恵や石川さゆり、森昌子らの活躍によって、堀威夫が目標とし、かつ最大のライバル事務所であると語っていた渡辺プロダクションに次ぐ勢力となった(堀の自伝によれば、ミュージシャン時代一時期ナベプロにマネージメントしてもらっていたが、やがて決裂したという因縁があったという)。特に東宝で公開された一連の山口主演映画はコンスタントに10億近くの配給収入を挙げ続けたが、これは物価換算や興行収入換算を加えれば今日の興行収入30億円近くにも相当し、比較的低予算であること、単独製作であること(東宝は配給だけで、撮影所すら安い日活を使った)からも同社の財政基盤を飛躍的に向上させた。また社名を冠した「ホリプロタレントスカウトキャラバン」からは榊原郁恵が輩出し、事務所名が茶の間に知れ渡った。その後も女性タレントを中心とした育成・養成に力を入れる一方、お笑いにも進出した。この当時は雲の上の存在的な所属者ばかりの渡辺プロダクションとは対照的に、一貫した庶民派路線が時代の多様化に呼応し成功を収めたと言える。ホリプロ フレッシュアイペディアより)

  • みちのくひとり旅

    みちのくひとり旅から見た石川さゆり石川 さゆり

    同曲の次シングルは1982年発売の「旅の終りはお前」(作詞:市場馨、作曲:三島大輔、編曲:斉藤恒夫)だが、この曲も「みちのくひとり旅」のメロディーをほぼ踏襲している。なお、大ヒットした作品の次に同系統の曲調の作品を出す手法は、レコードセールス戦略上しばしば採用されている(石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」「能登半島」、狩人の「あずさ2号」「コスモス街道」、サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」「気分しだいで責めないで」、松田聖子の「青い珊瑚礁」「風は秋色」など)。みちのくひとり旅 フレッシュアイペディアより)

  • 天城越え (曲)

    天城越え (曲)から見た石川さゆり石川 さゆり

    『天城越え』(あまぎごえ)は、石川さゆりが1986年に発売した曲。天城越え (曲) フレッシュアイペディアより)

211件中 81 - 90件表示

「石川さゆり」のニューストピックワード