4881件中 51 - 60件表示
  • 北陸地方 (広義)

    北陸地方 (広義)から見た石川県石川県

    北陸地方(ほくりくちほう)は、日本海に面する日本の地域の一つで、新潟県・富山県・石川県・福井県の4県の総称。気象学、交通、歴史地理学、土木、地理の教科書など、地理学に関連する分野で、この範囲が用いられる。名称は五畿七道の北陸道に由来する。中世以前は北国(ほっこく)と称した。北陸地方 (広義) フレッシュアイペディアより)

  • 1960年-1989年の市町村合併

    1960年-1989年の市町村合併から見た石川県石川県

    石川県河北郡宇ノ気町+金津村=河北郡宇ノ気町(編入)1960年-1989年の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県道103号鶴来水島美川線

    石川県道103号鶴来水島美川線から見た石川県石川県

    石川県道103号鶴来水島美川線(いしかわけんどう103ごう つるぎみずしまみかわせん)は、石川県白山市白山町から同県能美郡川北町を経て、同県白山市美川中町を結ぶ石川県の一般県道(石川県道)である。石川県道103号鶴来水島美川線 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸コンピュータ・サービス

    北陸コンピュータ・サービスから見た石川県石川県

    なお、登記上の本社は、石川県金沢市に置いている。北陸コンピュータ・サービス フレッシュアイペディアより)

  • 北菱電興

    北菱電興から見た石川県石川県

    北菱電興株式会社(ほくりょうでんこう、英称:HOKURYO DENKOU Co.,Ltd.)は石川県金沢市に本社を置く電気・電子機器の販売、各種制御機器、コンピュータ関連及び周辺機器、CATV関連機器等の開発・製造、および建設業設備工事を行う総合商社である。北菱電興 フレッシュアイペディアより)

  • 上坂典子

    上坂典子から見た石川県石川県

    上坂 典子(うえさか のりこ、1961年1月7日 - )は、元北陸放送のアナウンサーで現在はフリーアナウンサー。主に石川県を中心にテレビやラジオでの出演をしている。上坂典子 フレッシュアイペディアより)

  • 珠洲春希

    珠洲春希から見た石川県石川県

    福井県福井市出身、福井県立羽水高等学校出身。愛称ともえ、こっしい。83期生。身長168cm。血液型はA型。珠洲観光大使(石川県珠洲市)。珠洲春希 フレッシュアイペディアより)

  • 岡井直道

    岡井直道から見た石川県石川県

    1966年、石川県立金沢泉丘高等学校卒業。1971年、金沢大学法文学部卒業。1973年、俳優教室を経て東京演劇アンサンブルの演出部に入団。以後、演出家広渡常敏に師事し、ブレヒト、チェーホフ、シェイクスピア、木下順二、宮澤賢治等の作品を中心に関わり続ける。 1980年より7年間、京都の劇団京芸に招かれ演出家として数多くの作品を創り出す。ブレヒト作「夜打つ太鼓」、井上ひさし作「11ぴきのネコ」、広渡常敏作「グスコーブドリの伝記」、谷川俊太郎作「おばけリンゴ」、梅小路操作場で本物の蒸気機関車を、使用した銀河鉄道の夜の野外公演等を行う。一連の公演は、80年代の関西演劇界に大きな刺激を与えた。ニューヨークやソウルなどでも仕事を行う。1992年文化庁の文化交流事業でドイツに派遣され、劇作家ハイナー・ミュラーの稽古に参加する。1996年の10月からは、石川県金沢市にできた金沢市民芸術村のドラマ工房を拠点にした劇団アンゲルスを主催する。2001年、夏、東欧国際演劇祭(ルーマニア、モルドバ共和国)に公式招待され“Othello Material”の公演を行う。 2001年5月より「かなざわ演劇人協会」の事務局長となり、その主な事業として「かなざわ国際演劇祭」を企画、立案し、2001年11月にモルドバ共和国の〈イヨネスコ劇場〉、2002年、韓国の〈劇団滄波〉を招聘した。岡井直道 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本ジェイアールバス金沢営業所金沢支店

    西日本ジェイアールバス金沢営業所金沢支店から見た石川県石川県

    西日本ジェイアールバス金沢営業所金沢支店(にしにほんジェイアールバスかなざわえいぎょうしょ・かなざわしてん)は、石川県金沢市にある西日本ジェイアールバスの営業所である。西日本ジェイアールバス金沢営業所金沢支店 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村三策

    奥村三策から見た石川県石川県

    1864年、加賀国(現在の石川県金沢市)で生まれる。3歳のときに失明した。8歳から加賀藩医久保三柳について鍼灸・按摩術を学んだ。研究意欲が旺盛で、西洋医学を学ぶことの必要を感じ、金沢医学専門学校の教師や学生について解剖・生理・病理などを学び、鍼灸・按摩術の研究をする。上京してさらに研鑽を積みたいという志を持つが、父親は盲人の一人旅に強く反対していた。その父親が亡くなったことから、1886年(明治19年)に上京し、築地の訓盲唖院に入学する。ところが、技術に優れ、学力識見ともに高かったので、10月から助手に、12月から嘱託に抜擢された。それ以降は、理療の研究と盲学校生徒の教育にあたり、鍼按担当の初代教諭となる。また、土曜日曜には、鍼按業界の集まりに招かれては新知識の講義をし、業界の進歩向上に尽くした。『奥村鍼治学』という点字本は、1933年(昭和8年)に墨字訳され一般活字本として出版され、理療を学ぶ晴眼者にもきわめて便利な教科書として利用されていた。『高等按鍼学』を全36巻の予定で起稿していたが、3巻を出したところで逝去した。49歳だった。奥村三策 フレッシュアイペディアより)

4881件中 51 - 60件表示

「石川のできごと」のニューストピックワード

  • Google Play Musicはコンテキストを理解する