730件中 91 - 100件表示
  • 石川県

    石川県から見たカキ (貝)

    海面漁業・養殖業の生産は、2005年(平成17年)で60,306トン、219億円である。これは本州日本海側の12府県では生産量で3番目、生産金額で1番目に多い。2010年(平成22年)の魚種別の漁獲量ではカタクチイワシが最も多く、次いでスルメイカ、ブリ、マアジ、ハタハタ、カレイ、ズワイガニ(ベニズワイガニを含む)、サワラ、マダラなどが多い。2008年(平成20年)のブリの漁獲量は都道府県別で最多である。海面養殖業の生産量は2005年(平成17年)で2,560トンとなっており、七尾湾でのカキ養殖がほとんどを占めている。内水面漁業では、アユが主だが、渓流でヤマメ、イワナ、カジカ、湖沼でコイ、フナが生産されている。また、水産加工品の生産量は、2009年(平成21年)でかまぼこ類が13,942トン、生鮮冷凍水産物が6,136トン、水産物つくだ煮類が1,267トンなどとなっている。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見たラムサール条約

    能登半島国定公園は能登半島の海岸一帯を主体とする国定公園である。石川県と富山県に跨る。能登金剛や禄剛崎など外浦の勇壮な海食景観と七尾湾や能登島など内浦の柔和な沈水景観の対比が特徴とされる。越前加賀海岸国定公園は加賀市から福井県敦賀市まで続く海岸一帯の国定公園である。石川県内では柴山潟や雁、鴨の飛来地である片野鴨池が含まれている。片野鴨池はラムサール条約の登録湿地となっている。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見たブドウ

    農業産出額は2008年(平成20年)で583億円であり、1985年(昭和60年)の1,087億円の54%に相当する水準まで減少している。作付面積では2004年(平成16年)で水稲72%、野菜9%、豆類5%、果樹3%となっており、稲作が中心である。米の品種別ではコシヒカリが70%強を占めている。野菜では販売額の16%を占めるスイカが最も多く、次いでダイコンの13%となっている。果樹ではナシが販売額の50%を占め、ブドウの24%が次に多い。乳牛、肉牛、豚、採卵鶏の飼育頭数は減少傾向にあるが、農家1戸当たりでみると乳牛は全国4番目、豚は全国6番目に多い。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た水力発電

    金沢市企業局 - 犀川水系に5か所の水力発電所を有しており、全量北陸電力に売電。日本で唯一の市営の電気事業者。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た斎場

    白山野々市広域事務組合(白山市・野々市市) - ごみ処理・広域消防・斎場(斎場業務は旧松任市・美川町を除く)石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た梅雨

    発達した低気圧が日本海を通過するときに南東からの強い風が両白山地を越えてフェーン現象を起こすことがある。また、同じ中部地方でも太平洋側の東海地方に比べて梅雨が顕著ではないという特徴がある。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た日本のナンバープレート

    なお、石川県では自動車番号登録票でご当地ナンバーが導入されており、石川県内では石川と金沢の2種類のナンバーが存在している。金沢ナンバーは金沢市、かほく市、津幡町、内灘町の地域、石川ナンバーはそれ以外の地域である。いずれも石川運輸支局(国土交通省北陸信越運輸局)の管轄となる。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た富山市

    このほか、金沢市から富山県方面へ向かう道路としては、小矢部市・砺波市などを経て富山市へ向かう国道359号、南砺市の福光、城端へ向かう国道304号、湯涌温泉、刀利ダムを経て南砺市城端・福光方面へ向かう石川・富山県道10号金沢湯涌福光線、金沢大学、医王ダムを経て南砺市福光へ向かう石川・富山県道27号金沢井波線、旧北陸道の一部である石川・富山県道286号刈安安楽寺線、津幡町から国道471号へ伸びる石川県道218号莇谷津幡線などがある。また、福井県方面へ向かう道路としては、国道364号、国道8号の旧道である国道305号がある。なお、石川県と福井県を走る国道416号は県境で分断されているため、福井県に抜けることはできない。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見たエノキタケ

    林業産出額は2008年(平成20年)で28.6億円となっており、1985年(昭和60年)の69.2億円の41%まで減少している。このうち木材生産は16.5億円、特用林産物は12.1億円である。一方で木材供給量に占める県産材の割合は1975年(昭和50年)の18%から、2009年(平成21年)の39%に上昇している。樹種別原木の生産量では、2009年(平成21年)でスギが全生産量の84%を占め、次いで能登ヒバ8%、マツ4%となっている。なお能登ヒバは能登地方で産出されるアテ(ヒノキアスナロの地方名)のブランド名である。2009年(平成21年)の特用林産物の生産量は生シイタケが853トンと最も多く、次いでエノキタケ208トン、ナメコ169トンなどとなっている。1975年(昭和50年)に約2,000トンを生産した木炭は113トンにまで減少している。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見たコミュニティバス

    金沢市内ではこれらの路線バスに加え、金沢市の第3セクターが運営するまちバスが金沢駅と市中心部の間を、金沢市のコミュニティバスであるふらっとバスが市街地の中を運行している。コミュニティバスはこのほかにも白山市(めぐーる)、野々市市(のっティ)、能美市(のみバス)、七尾市(七尾市コミュニティバス)、輪島市(のらんけバス)などで運行されている。石川県 フレッシュアイペディアより)

730件中 91 - 100件表示

「石川のできごと」のニューストピックワード