35件中 11 - 20件表示
  • 石川貢 (サッカー選手)

    石川貢 (サッカー選手)から見た石川直宏石川直宏

    サッカー選手の石川直宏は兄、石川扶は弟。石川貢 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 石川扶

    石川扶から見た石川直宏石川直宏

    サッカー選手の石川直宏は長兄、石川貢は次兄。石川扶 フレッシュアイペディアより)

  • 上里一将

    上里一将から見た石川直宏石川直宏

    背番号は前年に前田俊介が背負っていた背番号32を与えられる。この年のFC東京はJ2ながら日本代表の今野泰幸、権田修一、石川直宏をはじめ、徳永悠平、森重真人、高橋秀人、梶山陽平ら実力者を擁し、Jリーグ全体としても屈指の戦力を有していた為に激しいポジション争いを強いられた。シーズン開幕前のキャンプでは左サイドハーフ、左サイドバックとしての適性も見せたが、リーグ戦が始まるとこれらのポジションでは、前年にセリエAに移籍した長友佑都の穴を埋める活躍を見せていた中村北斗や、若手の田邉草民、椋原健太が主力として起用された。一方、監督の大熊清からは中盤での展開力を買われ主にセグンド・ボランチ(攻撃型ボランチ)として梶山陽平らとポジションを争った(梶山を前線に押し上げる形での併用もあった)。リーグ戦では開幕戦以外の全試合にベンチ入りを果たし、出場時間こそ多くなかったものの起用された試合では期待に応える働きを見せ、チームがJ1昇格を決めた11月19日のJ2第36節鳥取戦では後半ロスタイムに移籍後初ゴールを挙げるなどJ2優勝に貢献した1人となった。また、同年開催の天皇杯でも2回戦以降の全試合にベンチ入りし、チームは優勝を果たすが上里の試合出場は適わなかった。シーズンオフの2012年1月10日にFC東京から上里の移籍期間満了が発表され、同日、徳島ヴォルティスに期限付き移籍する事が所属元の札幌・徳島双方から相次いで発表された。上里一将 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河へキックオフ!!

    銀河へキックオフ!!から見た石川直宏石川直宏

    第6回 - FC東京(石川直宏、高橋秀人)VS FC東京アドバンスクラス銀河へキックオフ!! フレッシュアイペディアより)

  • 樋口靖洋

    樋口靖洋から見た石川直宏石川直宏

    石川直宏 - ユース時代に監督として指導樋口靖洋 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田光洋

    戸田光洋から見た石川直宏石川直宏

    2000年、Jリーグ・FC東京に入団。ここで大熊清監督から守備意識を叩き込まれたことがその後のサッカー人生につながった。2001年、FWを2トップから1トップへと変更したことに伴い、MF(左サイドハーフ)に配されるようになる。当初はFWへのこだわりを捨てられずにいたが、2002年に就任した原博実監督によって、ポジションの固定観念を捨ててサイドからゴールを狙うスタイルを身に付け、同年J1・1st第8節サンフレッチェ広島戦でハットトリックを記録した。右サイドのMF石川直宏がサイド突破を仕掛けていくのに対し、戸田は左から中、時には右へとピッチを横切る破天荒なダイアゴナルランで相手をかき回し、チーム1のスタミナと運動量で原が志向するサッカーのシンボル(石川談)として活躍。2003年にはチーム唯一の公式戦全40試合出場を記録した。献身的な守備とチャンスメイクが光る一方、決定力には欠け、原からは「戸田は(1シーズンで)30点くらい取っていてもおかしくない(くらいに多くの決定機を作っていた)よね」と評されていた。戸田光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 星大輔

    星大輔から見た石川直宏石川直宏

    2000年、FC東京へ移籍。右サイドハーフ(SH)佐藤由紀彦の控えという立ち位置だったが、同年途中からこのポジションを務める増田忠俊も移籍加入したことから、8月に大宮アルディージャへ期限付き移籍。移籍期間の延長を経て、2002年にFC東京へ復帰。この年は佐藤のコンディションが悪く、原博実監督の下でJ1初出場を果たしたが、同年4月末の石川直宏加入を境に再び出場機会を失った。原は星を評価しながらも、石川の重用を続け「(星は)なるべく試合に出られる所でやった方が良い」 と退団を促した。星大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 茂庭照幸

    茂庭照幸から見た石川直宏石川直宏

    東京都品川区に生まれ、小学校3年生の時に仲間内でキックベースが流行ったことをきっかけに神奈川県厚木市のゴールプランダーズ(GP)でサッカーを始める。FWとして活躍していたが、6年生の時(1993年)にセンターバックへのコンバートを言い渡され 以来このポジションを中心にプレー。県内のサッカー大会では同い年で後にチームメートとなるライバル石川直宏と熾烈なマッチアップを繰り広げた。同年の全日本少年サッカー大会では全国ベスト8に進出するも、小松原学が所属する群馬県代表のFC邑楽に敗れた。茂庭照幸 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保哲哉

    大久保哲哉から見た石川直宏石川直宏

    1996年 - 1998年 横須賀市立横須賀高等学校 (2年後輩に石川直宏がいるが、石川は横浜F・マリノスユース育ち)大久保哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木規郎

    鈴木規郎から見た石川直宏石川直宏

    FC東京でも出場機会を徐々に増やし、2004年6月のナビスコカップ神戸戦では、ゴールまで約30メートルの位置から左足で強烈なフリーキックを突き刺し、原博実監督から「FKだけでお客を呼べる魅力のある選手」と賛辞された。サポーターにとっても衝撃は大きく、この得点以降FKの際は、鈴木が助走を取るだけで場内から歓声が挙がる程だった。原は「規郎は不器用だけど…」と口癖のように語っていたが、戸田光洋や石川直宏に代わって先発出場することも増え、左サイドからの力強い突破と威力のあるシュートでサイドアタックを担った。鈴木規郎 フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「石川直宏」のニューストピックワード