26件中 11 - 20件表示
  • 中村北斗

    中村北斗から見た石川直宏石川直宏

    2009年、FC東京に完全移籍。当初は守備的なユーティリティープレイヤーとしての起用が目されていたが、10月に右サイドMFの石川直宏が負傷離脱したシーズン終盤はサイドアタッカーとしても起用された。直接FKのキッカーも担当し、地元・長崎で行なわれた天皇杯では無回転のブレ球による直接ゴールを決め勝利に貢献した。中村北斗 フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た石川直宏石川直宏

    2001年アルゼンチン大会では、佐藤寿人、駒野友一、石川直宏、前田遼一、山瀬功治らの世代。西村昭宏監督の指向する攻撃的サッカーで挑んだが、大久保嘉人、阿部勇樹、松井大輔、今野泰幸、茂庭照幸といった既にJリーグの各クラブで主力の位置にあった選手を怪我で欠いた事もあって、グループリーグ突破は成らなかった。この年代は1999年のFIFA U-17世界選手権の出場を逃し、ワールドユースでいきなり世界と戦うことになった事から「強化の谷間」という意味で「谷間の世代」と呼ばれていたが、前3大会で果たした決勝トーナメント進出を逃したことで、「実力的な谷間」という意味が付きまとう様になった。しかし、この年代からは多くの日本代表選手を輩出し中核を担っている。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 石川扶

    石川扶から見た石川直宏石川直宏

    サッカー選手の石川直宏は長兄、石川貢は次兄。石川扶 フレッシュアイペディアより)

  • 第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た石川直宏石川直宏

    試合は序盤から攻守の切り替えの激しい展開となり、13分に京都FWドゥトラがドリブルで持ち込んだボールのこぼれ球をMF中山博貴が決めて京都が先制するも、その2分後にはFC東京が左CKからMF石川直宏の上げたクロスをMF今野泰幸が頭でたたき込んで同点に追いつく。その後も一進一退の攻防が続くが、36分にFC東京が得たFKのチャンスで、石川の流したボールをDF森重真人が無回転シュートを決めて逆転、42分にもFWルーカスが流し込んで追加点を挙げ、前半は3-1で折り返す。第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年J2最終節

    2011年J2最終節から見た石川直宏石川直宏

    一方、札幌では、FC東京がMF石川直宏、FWロベルト・セザーを投入し組織力だけではなく個人技を交えた攻撃的な布陣を敷いたこともあって攻め込まれ、後半35分にFC東京がMF谷澤達也がミドルシュートで1点差とした。さらにFC東京は同点の機会をうかがうも、札幌の堅い守りに阻まれた。札幌の守備が機能して得点を許さない。2011年J2最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 石川貢 (サッカー選手)

    石川貢 (サッカー選手)から見た石川直宏石川直宏

    サッカー選手の石川直宏は兄、石川扶は弟。石川貢 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た石川直宏石川直宏

    2008年からはエースの象徴でもある”背番号10”を託されている。これはチームの悲願であった『ユース出身者による背番号10』の誕生でもあった。2008年北京オリンピック・サッカー日本代表(U-23)でも背番号10を背負い、香川真司が「一緒にやっていてもうまい。縦パス1本でもアイデアがある。攻撃の核」と話すなど、同代表のチームメートからも一目置かれ期待されたが、日本は3戦全敗で梶山も強い存在感を示す事が出来なかった。同年から城福浩がFC東京の監督に就任し、中盤の底のポジションでの守備面の安定感も増加。攻撃の基点としてパスを各所に配球しチームの心臓として機能。石川直宏が「FC東京は(梶山)陽平のチーム」とコメントするなど、チームの主軸として確固たる存在となった。この年、梶山と対談した名波浩は、梶山について「前線の選手を自分の手のひらの上で転がしているかのようなプレーを見せてくれる。それができる選手は(日本人Jリーガーだと梶山の他には)ヤットと憲剛ぐらい(しかいない)」と評した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋秀人

    高橋秀人から見た石川直宏石川直宏

    尊敬するサッカー選手として、特別指定登録中に接した石川直宏、高校時代までを同じ群馬県で過ごし共にユニバーシアードを戦った中町公祐、大学の先輩である岩政大樹を挙げる。高橋秀人 フレッシュアイペディアより)

  • 5月12日

    5月12日から見た石川直宏石川直宏

    1981年 - 石川直宏、サッカー選手5月12日 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た石川直宏石川直宏

    2009年5月、城福監督からの「試合に出られそうなときとそうでないときで練習でのプレーにムラがある。サッカー選手は選手寿命が短いのだから時間の使い方がもったいないのではないか」との指摘や、NHKの番組にてプロ野球選手・小笠原道大の練習姿勢に感銘を受けた事などが重なり、「プロとしての自覚が足りないことに気付き、極限の努力をするべき」だと意識改革を試みる。以降は出場停止となった2試合を除き全試合にスタメン出場。6月20日のJ1第14節柏戦では身体の強さを活かし、チェックに来たDF小林祐三を吹き飛ばしてゴールを決めた。以降、ゴール量産こそならなかったが、体躯を活かしたプレーで貢献。このシーズン、15得点の活躍を見せた石川直宏からは「前に起点ができるおかげで、ぼくらが前に行ける。FWだからゴールに近い位置でプレーしたいはずなのに(ポスト役をこなしてくれる)」と平山のポストプレーなどを高く評価した。また、この頃から梶山陽平が「守備では本当に助かっている」と話すなど、運動量と守備意識に改善を見せている。城福監督からは「バイタルエリアからでも難しいパスを出すことができるが、シンプルなパスを出すところとの判断が甘い」と課題を挙げられている。11月3日のナビスコカップ決勝・川崎戦では後半にヘディングでのゴールを決め、自らの初タイトル獲得に大きく貢献した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「石川直宏」のニューストピックワード