前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示
  • 石川直宏

    石川直宏から見た大竹洋平

    2008年に就任した城福浩監督は攻撃の選手に流動性を求めており自由度が増した結果、苦し紛れのパスは減り、課題であったパスやクロスの精度が向上し、安定感が増した。同タイプのプレーをする鈴木達也の新加入や大竹洋平などの台頭によるチーム内での競争の活性化もあってか、再び生き生きとしたプレーが見られるようになった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た加地亮

    移籍発表からわずか3日後の駒沢でのナビスコカップ・清水戦で早速右のサイドアタッカーとして先発出場すると、ずば抜けたスピードによる突破で得点をアシスト。早々にチームにフィットし、同時期にFC東京の右サイドバックとして出場機会を与えられたDF加地亮とのコンビネーションで右サイドからの攻撃を担い、レギュラーを確保した。U-21日本代表としては、10月の釜山アジア大会では準優勝に貢献。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たルーカス・セベリーノ

    2013年はFWルーカスが右SHに配されたことによって定位置を失い、「(東京加入以来)怪我以外で一番試合に出ていない」という苦しい1年を過ごす中、控え組を牽引し、チームを突き上げた。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た大橋正博

    5歳の時にサッカーを始める。小学校時、地元の少年少女サッカークラブである横須賀シーガルスに所属。出身地の近い鈴木達也や、神奈川県内の大会で対戦した茂庭照幸とはこの頃から面識があった。中学に入ると横浜マリノスジュニアユース追浜に所属し、高校進学時に横浜マリノスユースに昇格。成長の遅れによる体格差やクラムジーの発症、当時得意としたトップ下のポジションを争う同期・大橋正博の台頭、樋口靖洋監督による不慣れな右サイドへのコンバート、加えて横浜フリューゲルスとの合併による選手層拡大が重なるなど困難が続いたが、徐々にスピードを身に付けサイドアタッカーとしての能力を開花させ始めた。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た樋口靖洋

    5歳の時にサッカーを始める。小学校時、地元の少年少女サッカークラブである横須賀シーガルスに所属。出身地の近い鈴木達也や、神奈川県内の大会で対戦した茂庭照幸とはこの頃から面識があった。中学に入ると横浜マリノスジュニアユース追浜に所属し、高校進学時に横浜マリノスユースに昇格。成長の遅れによる体格差やクラムジーの発症、当時得意としたトップ下のポジションを争う同期・大橋正博の台頭、樋口靖洋監督による不慣れな右サイドへのコンバート、加えて横浜フリューゲルスとの合併による選手層拡大が重なるなど困難が続いたが、徐々にスピードを身に付けサイドアタッカーとしての能力を開花させ始めた。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た前田遼一

    2009年は、平山相太のポストプレーや羽生直剛の労を惜しまない運動量といったチームメートとの長所が噛み合い、5月2日のJ1大宮戦でプロ入り後初のハットトリックを決めるなど(この日は、年に一度しか来ない家族が見に行った日でもあった)、一時磐田のFW前田遼一と得点王の座を争う程ゴールを量産。チームのリーグ5位、ナビスコカップ決勝進出の原動力となり、同年10月には約5年半ぶりに日本代表に招集された。岡田武史代表監督からは切り札に指名され「ゲームの流れを変えるのに使える」と評価を得たが、同月17日の柏戦で得点直後に相手選手と接触し負傷離脱。チームが2度目の優勝を決めたナビスコカップ決勝には出場できなかった。12月のJリーグアウォーズでは活躍を評価され、初めてJリーグベストイレブンに選出された。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た城福浩

    2008年に就任した城福浩監督は攻撃の選手に流動性を求めており自由度が増した結果、苦し紛れのパスは減り、課題であったパスやクロスの精度が向上し、安定感が増した。同タイプのプレーをする鈴木達也の新加入や大竹洋平などの台頭によるチーム内での競争の活性化もあってか、再び生き生きとしたプレーが見られるようになった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た岡田武史

    2009年は、平山相太のポストプレーや羽生直剛の労を惜しまない運動量といったチームメートとの長所が噛み合い、5月2日のJ1大宮戦でプロ入り後初のハットトリックを決めるなど(この日は、年に一度しか来ない家族が見に行った日でもあった)、一時磐田のFW前田遼一と得点王の座を争う程ゴールを量産。チームのリーグ5位、ナビスコカップ決勝進出の原動力となり、同年10月には約5年半ぶりに日本代表に招集された。岡田武史代表監督からは切り札に指名され「ゲームの流れを変えるのに使える」と評価を得たが、同月17日の柏戦で得点直後に相手選手と接触し負傷離脱。チームが2度目の優勝を決めたナビスコカップ決勝には出場できなかった。12月のJリーグアウォーズでは活躍を評価され、初めてJリーグベストイレブンに選出された。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た大熊清

    2011年は、FC東京のベテラン代表として副主将を務めた。この年は「シーズンの終わりまで石川を(負傷離脱などさせることなく)チームに置いておきたい」という大熊清監督の起用法により、出場時間は多くなかったものの、FC東京の連勝記録を塗り替える得点を挙げるなど勝負所での活躍を見せた。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たアルベルト・ザッケローニ

    2012年、アルベルト・ザッケローニ日本代表監督から、攻撃面での「Velocità(スピード)」と「Imprevedibilità(en)(予測不可能性)」を併せ持つ選手として指名され、日本代表に復帰。FC東京では新監督のランコ・ポポヴィッチによって戦意を新たにし、AFCチャンピオンズリーグと並行する過密日程の中でも好調を維持。ゴールへ向かう積極性を発揮した。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示

「石川直宏」のニューストピックワード