100件中 21 - 30件表示
  • 石川直宏

    石川直宏から見た石川扶

    実弟の石川貢(DF)、石川扶(GK)もサッカー選手。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た原博実

    2000年には横浜F・マリノスのトップチームに昇格となり、Jリーグデビュー。U-19日本代表としてアジアユース、U-20日本代表としてワールドユース アルゼンチン大会に背番号10を背負って出場、この大会のテレビ解説を原博実が担当していたことが後にサッカー人生の契機となる。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たセバスティアン・ラザロニ

    横浜FMは2001年に成績が低迷し監督交代が相次ぎ、出場機会に乏しかった。ラザロニ監督とは特に相性が合わず、石川は紅白戦での「Bチームの控え」にも入れてもらえず、2002年も引き続いてラザロニが指揮を執ることになった状況に危機感を持ち、自ら横浜FM強化部に出場機会を直訴。サンフレッチェ広島が移籍先の有力候補に挙がったが、この年にFC東京の監督に就任した原博実が石川の獲得を熱望したこともあり、4月にFC東京へのレンタル移籍が決定。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たアレッシャンドレ・タデウ・ガーロ

    2006年にガーロ監督が就任したが、その在任期間が右膝のリハビリの時期と重なっており、ガーロ体制下でのプレーは少ない。同年7月19日のアビスパ福岡戦で305日ぶりの復帰を果たした。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た川上つよし

    スタジアムでは東京スカパラダイスオーケストラの「Down Beat Stomp」のサビ部分に独自の歌詞をつけたものが応援歌となっている。石川とスカパラのベーシスト川上つよしは交友関係があり、それが縁で2003年、2004年シーズンの開幕戦ではスカパラがゲストとしてミニライブを行なったり、FC東京の応援ソング「スタジアムへ行こう」を楽曲提供するなどの交流が派生した。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た山本昌邦

    2004年には再び日本代表候補合宿に招集されていたが、日本サッカー協会のオリンピック優先という方針によりU-23日本代表に合流、アテネオリンピックアジア最終予選を突破する。アテネオリンピック本大会では、強豪イタリアと同組だったこともあり、山本昌邦監督は守備重視の戦術で大会に挑んだため、出場機会を得たのは消化試合となったグループリーグ第3戦からだった。試合では攻撃を牽引したにもかかわらず後半早々に交代。消化不良のままグループリーグでの敗退が決定。競技場のサポーターに挨拶する際には号泣し、アテネの地を去ることとなった。クラブでは、リーグ戦での得点はなかったが、初選出されたオールスター戦でゴールを決め、MVPを受賞。ナビスコ杯では優勝を体験するが、決勝の浦和戦では退場者を出したことで更に運動量が求められ、自身初となる延長戦までの120分フル出場で走り回り奮闘したため足がつっており、決着をつけるPK戦のメンバーには入らなかった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た倉又寿雄

    2007年に倉又寿雄監督体制下から原監督が復帰したシーズンは、大怪我を負う以前のスタイルを求めた原監督に対し、石川自身は中へ切れ込んだり、引いてボールを受けたりという自身のプレーの幅の広がりを模索していたこともあってか調子が上がらず、出場機会が減った時期もあった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たガンバ大阪

    2001年3月17日:Jリーグ初得点 - J1リーグ 1stステージ第2節 vs ガンバ大阪 (万博記念競技場)石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た川崎フロンターレ

    2010年4月4日:Jリーグ200試合出場 - J1リーグ第5節 vs 川崎フロンターレ (等々力陸上競技場)石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た日本サッカー協会

    2004年には再び日本代表候補合宿に招集されていたが、日本サッカー協会のオリンピック優先という方針によりU-23日本代表に合流、アテネオリンピックアジア最終予選を突破する。アテネオリンピック本大会では、強豪イタリアと同組だったこともあり、山本昌邦監督は守備重視の戦術で大会に挑んだため、出場機会を得たのは消化試合となったグループリーグ第3戦からだった。試合では攻撃を牽引したにもかかわらず後半早々に交代。消化不良のままグループリーグでの敗退が決定。競技場のサポーターに挨拶する際には号泣し、アテネの地を去ることとなった。クラブでは、リーグ戦での得点はなかったが、初選出されたオールスター戦でゴールを決め、MVPを受賞。ナビスコ杯では優勝を体験するが、決勝の浦和戦では退場者を出したことで更に運動量が求められ、自身初となる延長戦までの120分フル出場で走り回り奮闘したため足がつっており、決着をつけるPK戦のメンバーには入らなかった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

100件中 21 - 30件表示

「石川直宏」のニューストピックワード