113件中 31 - 40件表示
  • 石川直宏

    石川直宏から見た川上つよし

    スタジアムでは東京スカパラダイスオーケストラの「Down Beat Stomp」のサビ部分に独自の歌詞をつけたものが応援歌となっている。石川とスカパラのベーシスト川上つよしは交友関係があり、それが縁で2003年、2004年シーズンの開幕戦ではスカパラがゲストとしてミニライブを行なったり、FC東京の応援ソング「スタジアムへ行こう」を楽曲提供するなどの交流が派生した。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た山本昌邦

    2004年には再び日本代表候補合宿に招集されていたが、日本サッカー協会のオリンピック優先という方針によりU-23日本代表に合流、アテネオリンピックアジア最終予選を突破する。アテネオリンピック本大会では同じ右サイドに攻撃を得意とする石川とともに守備的な徳永悠平が招集されており、山本昌邦監督は守備重視の戦術で大会に臨んだため、出場機会を得たのは消化試合となったグループリーグ第3戦からだった。この試合では攻撃を牽引したにもかかわらず後半早々に交代。消化不良のままグループリーグでの敗退が決定。競技場のサポーターに挨拶する際には号泣し、失意の帰国となった。クラブでは、リーグ戦での得点はなかったが、初選出されたオールスター戦でゴールを決め、MVPを受賞。ナビスコ杯では優勝を体験するが、決勝の浦和戦では退場者を出したことで更に運動量が求められ、自身初となる延長戦までの120分フル出場で走り回り奮闘したため足がつっており、決着をつけるPK戦のメンバーには入らなかった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た倉又寿雄

    2007年に倉又寿雄監督体制下から原監督が復帰したシーズンは、以前までのサイドから仕掛けるスタイルを求めた原に対し、石川は中へ切れ込んだり、引いてボールを受けたりという自身のプレーの幅の広がりを模索していたこともあってか調子が上がらず、出場機会が減った時期もあった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たアイントラハト・フランクフルト

    2015年4月にはJ1第4節甲府で1年4か月振りのゴールを決めた。2トップのFWという新たな起用法の中、躍動感あふれるプレーを見せていたが、8月の親善試合E.フランクフルト戦で左膝前十字靭帯を断裂し(同箇所は2009年にも痛めており、石川自身は「よく(ここまで)もってくれた」と述懐。)長期離脱を強いられた。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たAFCチャンピオンズリーグ

    2012年、アルベルト・ザッケローニ日本代表監督から、攻撃面での「Velocità(スピード)」と「Imprevedibilità(en)(予測不可能性)」を併せ持つ選手として指名され、日本代表に復帰。FC東京では新監督のランコ・ポポヴィッチによって戦意を新たにし、AFCチャンピオンズリーグと並行する過密日程の中でも好調を維持。ゴールへ向かう積極性を発揮した。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た北海道コンサドーレ札幌

    2012年10月27日:J1・250試合出場 - J1第30節 vs コンサドーレ札幌 (味の素スタジアム)石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たトゥーロン国際大会

    2002年 トゥーロン国際大会 (3位)、2002年アジア競技大会 (準優勝)石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たセレッソ大阪

    2017年8月2日、今シーズン限りで引退をすることが発表された。12月2日、最終節のガンバ大阪戦では今季初出場を飾り、味の素スタジアムで最後の出場となった。次の日のJ3最終節セレッソ大阪U-23戦にもオーバーエージ枠として途中から出場し、原大智の得点をアシストしてラストマッチを勝利で飾った。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た川崎フロンターレ

    2010年4月4日:J1・200試合出場 - J1第5節 vs 川崎フロンターレ (等々力陸上競技場)石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た日本サッカー協会

    2004年には再び日本代表候補合宿に招集されていたが、日本サッカー協会のオリンピック優先という方針によりU-23日本代表に合流、アテネオリンピックアジア最終予選を突破する。アテネオリンピック本大会では同じ右サイドに攻撃を得意とする石川とともに守備的な徳永悠平が招集されており、山本昌邦監督は守備重視の戦術で大会に臨んだため、出場機会を得たのは消化試合となったグループリーグ第3戦からだった。この試合では攻撃を牽引したにもかかわらず後半早々に交代。消化不良のままグループリーグでの敗退が決定。競技場のサポーターに挨拶する際には号泣し、失意の帰国となった。クラブでは、リーグ戦での得点はなかったが、初選出されたオールスター戦でゴールを決め、MVPを受賞。ナビスコ杯では優勝を体験するが、決勝の浦和戦では退場者を出したことで更に運動量が求められ、自身初となる延長戦までの120分フル出場で走り回り奮闘したため足がつっており、決着をつけるPK戦のメンバーには入らなかった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

113件中 31 - 40件表示

「石川直宏」のニューストピックワード