100件中 61 - 70件表示
  • 石川直宏

    石川直宏から見た消化試合

    2004年には再び日本代表候補合宿に招集されていたが、日本サッカー協会のオリンピック優先という方針によりU-23日本代表に合流、アテネオリンピックアジア最終予選を突破する。アテネオリンピック本大会では、強豪イタリアと同組だったこともあり、山本昌邦監督は守備重視の戦術で大会に挑んだため、出場機会を得たのは消化試合となったグループリーグ第3戦からだった。試合では攻撃を牽引したにもかかわらず後半早々に交代。消化不良のままグループリーグでの敗退が決定。競技場のサポーターに挨拶する際には号泣し、アテネの地を去ることとなった。クラブでは、リーグ戦での得点はなかったが、初選出されたオールスター戦でゴールを決め、MVPを受賞。ナビスコ杯では優勝を体験するが、決勝の浦和戦では退場者を出したことで更に運動量が求められ、自身初となる延長戦までの120分フル出場で走り回り奮闘したため足がつっており、決着をつけるPK戦のメンバーには入らなかった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たPK戦

    2004年には再び日本代表候補合宿に招集されていたが、日本サッカー協会のオリンピック優先という方針によりU-23日本代表に合流、アテネオリンピックアジア最終予選を突破する。アテネオリンピック本大会では、強豪イタリアと同組だったこともあり、山本昌邦監督は守備重視の戦術で大会に挑んだため、出場機会を得たのは消化試合となったグループリーグ第3戦からだった。試合では攻撃を牽引したにもかかわらず後半早々に交代。消化不良のままグループリーグでの敗退が決定。競技場のサポーターに挨拶する際には号泣し、アテネの地を去ることとなった。クラブでは、リーグ戦での得点はなかったが、初選出されたオールスター戦でゴールを決め、MVPを受賞。ナビスコ杯では優勝を体験するが、決勝の浦和戦では退場者を出したことで更に運動量が求められ、自身初となる延長戦までの120分フル出場で走り回り奮闘したため足がつっており、決着をつけるPK戦のメンバーには入らなかった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たアテネオリンピック (2004年)

    2003年8月、FC東京に完全移籍。また、アテネオリンピックを目指すU-22日本代表として活動する一方で、この年のキリンカップのためのA代表に初選出される。同年の東アジア選手権でもA代表に選出され、香港戦において国際Aマッチ初出場を記録(U-22代表から抜擢されたのは大久保嘉人、松井大輔と石川の3人)。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た2004年のJリーグカップ

    2004年には再び日本代表候補合宿に招集されていたが、日本サッカー協会のオリンピック優先という方針によりU-23日本代表に合流、アテネオリンピックアジア最終予選を突破する。アテネオリンピック本大会では、強豪イタリアと同組だったこともあり、山本昌邦監督は守備重視の戦術で大会に挑んだため、出場機会を得たのは消化試合となったグループリーグ第3戦からだった。試合では攻撃を牽引したにもかかわらず後半早々に交代。消化不良のままグループリーグでの敗退が決定。競技場のサポーターに挨拶する際には号泣し、アテネの地を去ることとなった。クラブでは、リーグ戦での得点はなかったが、初選出されたオールスター戦でゴールを決め、MVPを受賞。ナビスコ杯では優勝を体験するが、決勝の浦和戦では退場者を出したことで更に運動量が求められ、自身初となる延長戦までの120分フル出場で走り回り奮闘したため足がつっており、決着をつけるPK戦のメンバーには入らなかった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たハットトリック

    2009年は5月2日のJ1の大宮戦でプロ入り後初のハットトリックを決めるなど(この日は、年に一度しか来ない家族が見に行った日でもあった)、一時磐田の前田遼一と得点王の座を争う程ゴールを量産。チームのリーグ5位、ナビスコカップ決勝進出の原動力となり、同年10月には約5年半ぶりに日本代表に招集された。しかし、10月17日の柏戦で得点直後に相手選手と接触し負傷離脱。チームが2度目の優勝を決めたナビスコカップ決勝には出場できなかった。12月のJリーグアウォーズでは活躍を評価され、初めてJリーグベストイレブンに選出された。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たニューイヤーユースサッカー

    2001年 ジャパンユースカップ2001 (優勝)、2001 FIFAワールドユース選手権 (グループリーグ敗退)石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たU-20サッカー日本代表

    2000年には横浜F・マリノスのトップチームに昇格となり、Jリーグデビュー。U-19日本代表としてアジアユース、U-20日本代表としてワールドユース アルゼンチン大会に背番号10を背負って出場、この大会のテレビ解説を原博実が担当していたことが後にサッカー人生の契機となる。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た期限付き移籍

    2002年4月 - 2003年7月 FC東京 (期限付き移籍)石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た国立霞ヶ丘陸上競技場

    2000年4月1日:Jリーグ初出場 - J1 1st第4節 vs 鹿島アントラーズ (国立霞ヶ丘競技場)石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た2010年のJリーグ

    2010年4月4日:Jリーグ200試合出場 - J1リーグ第5節 vs 川崎フロンターレ (等々力陸上競技場)石川直宏 フレッシュアイペディアより)

100件中 61 - 70件表示

「石川直宏」のニューストピックワード