100件中 81 - 90件表示
  • 石川直宏

    石川直宏から見たミッドフィールダー

    石川 直宏(いしかわ なおひろ、1981年5月12日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属、ポジションはミッドフィールダー。日本プロサッカー選手会副会長。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たリハビリテーション

    2005年8月にイタリア・セリエAに昇格したトレヴィゾから獲得オファーを受けるも、FC東京の苦戦が続いた時期と重なっていたこともあり、交渉最終段階にきてオファーを断った。その決断の直後の9月、日産スタジアムでの古巣・横浜FM戦の試合後半に右膝を傷め途中退場。検査の結果、右膝前十字靭帯損傷及び右膝外側半月板損傷・全治8ヶ月との診断を受け、長期のリハビリテーション期間を過ごすことになった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た横須賀市

    石川 直宏(いしかわ なおひろ、1981年5月12日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属、ポジションはミッドフィールダー。日本プロサッカー選手会副会長。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た万博記念競技場

    2001年3月17日:Jリーグ初得点 - J1リーグ 1stステージ第2節 vs ガンバ大阪 (万博記念競技場)石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た2000年のJリーグ

    2000年4月1日:Jリーグ初出場 - J1 1st第4節 vs 鹿島アントラーズ (国立霞ヶ丘競技場)石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た駒沢陸上競技場

    移籍発表からわずか3日後の駒沢でのナビスコカップ・清水戦で早速右のサイドアタッカーとして先発出場すると、ずば抜けたスピードによる突破で得点をアシストする活躍を見せた。以降、同時期にFC東京の右サイドバックとして出場機会の与えられた加地亮とのコンビネーションで右サイドからの攻撃を担い、レギュラーを確保。U-21日本代表としては、10月の釜山アジア大会では準優勝に貢献。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た半月板損傷

    2005年8月にイタリア・セリエAに昇格したトレヴィゾから獲得オファーを受けるも、FC東京の苦戦が続いた時期と重なっていたこともあり、交渉最終段階にきてオファーを断った。その決断の直後の9月、日産スタジアムでの古巣・横浜FM戦の試合後半に右膝を傷め途中退場。検査の結果、右膝前十字靭帯損傷及び右膝外側半月板損傷・全治8ヶ月との診断を受け、長期のリハビリテーション期間を過ごすことになった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見たトレヴィーゾFC

    2005年8月にイタリア・セリエAに昇格したトレヴィゾから獲得オファーを受けるも、FC東京の苦戦が続いた時期と重なっていたこともあり、交渉最終段階にきてオファーを断った。その決断の直後の9月、日産スタジアムでの古巣・横浜FM戦の試合後半に右膝を傷め途中退場。検査の結果、右膝前十字靭帯損傷及び右膝外側半月板損傷・全治8ヶ月との診断を受け、長期のリハビリテーション期間を過ごすことになった。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た厚木市

    横須賀市立粟田小学校、横須賀市立野比中学校、横須賀市立横須賀高等学校卒業。小学校時、地元の少年少女サッカークラブである横須賀シーガルスに所属。神奈川県内の大会では厚木市のゴールプランターズに所属していた茂庭照幸と対戦し、このころから面識があった。中学に入ると横浜マリノスジュニアユース追浜に所属し、高校進学時に横浜マリノスユースに昇格。身長の伸び悩みやクラムジーの発生、当時得意としたトップ下のポジションを争う同期・大橋正博の台頭、樋口靖洋監督による不慣れな右サイドへのコンバート、加えて横浜フリューゲルスとの合併による選手層拡大が重なるなど困難が続いたが、徐々にサイドアタッカーとしての能力を見せ始めた。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

  • 石川直宏

    石川直宏から見た趣味

    愛称は「ナオ」だが、古くからの知人は「イシ」と呼ぶ。趣味はサーフィン。石川直宏 フレッシュアイペディアより)

100件中 81 - 90件表示

「石川直宏」のニューストピックワード