前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • 民野健治

    民野健治から見た石川知裕石川知裕

    民野 健治 (たみの けんじ)は日本の検察官。現職は札幌地方検察庁特別刑事部長。東京地方検察庁特別捜査部勤務の際、陸山会事件の捜査において、容疑者であった石川知裕の女性秘書を取り調べた際、嘘の理由で呼び出し、10時間にもわたって監禁した上、恫喝したとして、批判を受けた。民野健治 フレッシュアイペディアより)

  • 田代政弘

    田代政弘から見た石川知裕石川知裕

    田代 政弘 (たしろ まさひろ)は日本の元検察官で、現在は弁護士。東京地方検察庁特別捜査部勤務の際、陸山会事件の捜査において、容疑者であった石川知裕の捜査報告書に虚偽の記載をしたとして、健全な法治国家のために声をあげる市民の会から虚偽公文書作成及び行使罪で告発されたが、不起訴 となった。なお法務大臣からは、減給6ヶ月、100分の20の懲戒処分を受け、検察官を辞職した。田代政弘 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の政治

    2011年の政治から見た石川知裕石川知裕

    26日 - 小沢一郎民主党元幹事長の資金管理団体の土地購入疑惑(陸山会事件)で政治資金規正法違反(不記載)の罪に問われた石川知裕衆議院議員ら小沢の元秘書3名に東京地方裁判所は執行猶予付きの判決。2011年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 新党大地 (2012-)

    新党大地 (2012-)から見た石川知裕石川知裕

    2011年12月28日に、元民主党の松木謙公・石川知裕、新党大地の浅野貴博の計3名の衆議院議員と、元民主党の横峯良郎、無所属(会派は民主党・新緑風会所属。元新党日本)の平山誠の計2名の参議院議員、合わせて国会議員5名と、新党大地の代表で鈴木宗男事件の実刑判決による服役後、12月6日に仮釈放された鈴木宗男元衆議院議員によって東京都選挙管理委員会に新党「大地・真民主党」の設立を届け出た。新党大地 (2012-) フレッシュアイペディアより)

  • 円より子

    円より子から見た石川知裕石川知裕

    2010年1月19日、石川知裕衆議院議員が政治資金規正法違反で逮捕されると、森裕子と一緒に「検察は、取り調べの録画・録音など、自分たちに不都合な制度を推し進めようとしている民主党政権をつぶそうと強引な捜査をしている」など、検察当局の捜査を批判し、千葉景子法務大臣に適正な捜査を求める申し入れを行うことや、逮捕された石川知裕議員の釈放を求める活動を行うことを宣言した。円より子 フレッシュアイペディアより)

  • 河村たかし

    河村たかしから見た石川知裕石川知裕

    長年中小企業に従事していた経験からリアリストを自認する。石川知裕衆議院議員は選挙の鉄則として河村から、「若いウグイス嬢を使うと中年女性の反感を買う」ので若いウグイス嬢は使ってはならないこと、顔を売るために街宣車の100メートル後ろを自転車で走るといいこと、取れない票は割り切って捨てるべきであることなどという現実的・実践的アドバイスを受けたという。また公職選挙法では、公示前に実名入りのタスキを使用することが禁じられていることから、「本人」と書かれたタスキを使用していた。その後、「本人」と書かれたタスキが、政党、候補を問わず広く使われるようになった。河村たかし フレッシュアイペディアより)

  • 新党大地

    新党大地から見た石川知裕石川知裕

    12月28日、6日に仮釈放された鈴木宗男代表は新党「新党大地・真民主」の設立を総務省に届け出た。新党大地・真民主には大地衆議院議員の浅野貴博の他、無所属衆議院議員の松木謙公と石川知裕、参議院からは横峯良郎と平山誠が参加する。新党大地 フレッシュアイペディアより)

  • 石川香織

    石川香織から見た石川知裕石川知裕

    石川 香織(いしかわ かおり、1984年5月10日 - )は、日本の政治家、立憲民主党所属の衆議院議員(1期)。「陸山会事件」で有罪判決を受けた元衆議院議員の石川知裕の妻。公民権停止の夫に代わり第48回衆議院議員総選挙に出馬して当選した。また旧姓名の阪中香織で元日本BS放送のアナウンサーとして活動した。石川香織 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た石川知裕石川知裕

    2010年1月20日付夕刊では、「石川知裕衆院議員が東京地検特捜部の調べに、(中略)小沢氏に報告し、了承を得ていたと供述していることが、関係者の話でわかった」と、陸山会の虚偽記載について報告し了承を小沢氏から取った、ことを一面でスクープ。新聞・テレビによる「陸山会の『虚偽報告書』問題」報道をリードした。また2010年10月8日朝刊では、「ブレなかった石川供述」と題し、「小沢氏の公判では、石川議員が供述を翻すことも考えられる。その場合、保釈後も崩れなかった石川供述が再び意味を持つことになる」と、自社のスクープをもちあげ、検察審査会は、「強制起訴議決」の有力な根拠に石川供述を挙げるほどであった。だが、担当検事による「供述の捏造」が指摘され、東京地裁は石川供述の採用を却下。すると、2012年3月2日朝刊一面トップで、「地検が問題発覚の約1年前にこの事実を把握しながら、十分な調査を行わず放置していたことがわかった」と、今度は自社のスクープを否定するスクープを報道。読売新聞による2010年1月20日以降の「(虚偽記載について)小沢先生への報告・了承を求めた」の報道についての釈明・訂正・謝罪はなく、その余りのマッチポンプな報道ぶりで呆れさせた。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 森裕子

    森裕子から見た石川知裕石川知裕

    2010年1月に衆議院議員・石川知裕が政治資金規正法違反の容疑で逮捕されると、「検察をトップとする官僚機構と、国民の代表である民主党政権との全面的な戦争。一致団結して最後まで戦う」と検察の姿勢を批判した。森裕子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示

「石川知裕」のニューストピックワード