59件中 11 - 20件表示
  • 中川昭一

    中川昭一から見た石川知裕石川知裕

    大臣辞職から約半年後の2009年(平成21年)8月、第45回衆議院議員総選挙が行われ、中川は現職選挙区であった北海道11区から再選を目指して立候補した。中川は謝罪回りに奔走するとともに、断酒宣言を行い、麻生や安倍らも応援のために選挙区入りし、民主党の農業政策や日本国旗への侮辱などを批判した。しかし、民主党の石川知裕(翌2010年1月に政治資金規正法違反で逮捕)に敗れ、比例北海道ブロックにおいて惜敗率3位に留まり、比例復活もならず落選した。同選挙では民主党が大勝して政権交代を実現、落選後の会見で中川は、「私には何の力もなくなったが、みなさんにご恩返しをしたい。」と述べた。中川昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 第178回国会

    第178回国会から見た石川知裕石川知裕

    政治資金規正法違反容疑に問われた小沢一郎元民主党代表の元秘書、石川知裕・池田光智・大久保隆規被告に東京地方裁判所が有罪判決第178回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田正喜

    吉田正喜から見た石川知裕石川知裕

    石川知裕は、起訴される3日前に東京地検特捜部副部長であった吉田が、「小沢一郎はここで不起訴になったとしても、検察審査会で裁かれる可能性が高い。その議決は参議院選前に出るでしょう。そんなことになって良いのでしょうか」と話したと述べた。このことは、鈴木宗男の2010年2月1日付けの日記にも記載されているとされる。吉田正喜 フレッシュアイペディアより)

  • 則定衛

    則定衛から見た石川知裕石川知裕

    武富士会長(事件当時)の武井保雄と武富士によるジャーナリスト宅盗聴事件の刑事裁判で被告弁護人を務めたり、小沢一郎民主党幹事長の陸山会事件において小沢のアドバイザーとして動いている事が『週刊文春』に報じられ話題となった。また石川知裕ら元秘書3人の弁護団と小沢一郎の弁護団を統括していると読売新聞に報じられている。則定衛 フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋良充

    高嶋良充から見た石川知裕石川知裕

    2010年1月19日、小沢一郎の資金管理団体を巡る陸山会事件に絡んで民主党衆議院議員の石川知裕が政治資金規正法違反により逮捕されたことについて「形式犯だけで逮捕された」「最高裁で刑が確定すれば議員辞職しかないが、それまでは推定無罪」「小沢さんと弁護士でやる問題。われわれはノータッチ」と話した。また、「検察がマスコミに情報をタレ流している。情報が検察から出ない限り、皆さん方書けるのか? 基本的には世論操作になっている」「小沢さんが無実だと言っているのに罪人扱いしてマスコミが報道してきたから、国民の皆さんがそう思っているだけの話だ」など発言し、平田健二議員と共に世論はマスコミに誘導されているとの認識を示した。高嶋良充 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た石川知裕石川知裕

    小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入疑惑で当時小沢の私設秘書で陸山会の経理担当だった民主党の石川知裕衆議院議員を東京地検特捜部が政治資金規正法違反(不記載)の疑いで逮捕。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 第174回国会

    第174回国会から見た石川知裕石川知裕

    1月15日 - 東京地検特捜部は、民主党小沢一郎幹事長の「陸山会」の土地購入を巡る一連の事件で、小沢幹事長の元秘書で同党の石川知裕衆院議員ら3人を、政治資金規正法違反容疑で逮捕。第174回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 森田実

    森田実から見た石川知裕石川知裕

    民主党による政権交代が実現した後も小沢に対する批判は続けており、2010年には陸山会の政治資金規正法違反事件を巡る疑惑に対して詳細な説明をしようとしない小沢に「やり方があまりにも姑息で、汚らしい」「独裁者が怖くて民主党議員も小沢を批判できない」などと断じている。その一方で、2011年9月26日に出された石川知裕ら3人への有罪判決については痛烈に批判している。森田実 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久間達哉

    佐久間達哉から見た石川知裕石川知裕

    「陸山会事件」に対しては、「現職議員を逮捕するからには政治資金規正法違反のような『形式犯』ではなく、贈収賄や脱税など『実質犯』を問うべき」と主張し、石川知裕を逮捕に踏み切った判断に苦言を呈している。石川を逮捕する必要性は薄かったと指摘したうえで、形式犯でも容易に逮捕できる風潮となった場合、「検察が議員の生殺与奪を握ることにならないか」と懸念を示している。さらに、佐久間らの主張が正しいとするなら、まずゼネコン側の捜査でダム関連の資金経路を明らかにし容疑を固めることが最優先のはずだと指摘し、検察が石川らに対する強制捜査後にゼネコンの家宅捜索を行うのは捜査として順序が誤っているとしている。そのうえで「捜査手法にも疑問が残った」と述べるとともに、「陸山会事件」は「実質的に特捜部側の敗北」と断じている。佐久間達哉 フレッシュアイペディアより)

  • 陸山会事件

    陸山会事件から見た石川知裕石川知裕

    東京地検特捜部は2010年1月、政治資金規正法違反容疑で石川知裕衆議院議員や小沢の秘書である大久保隆規と小沢の秘書1人を逮捕。また、秘書を告発した別の市民団体が小沢に対しても政治資金規正法違反容疑で告発した。2月に秘書3人が起訴され、起訴状では20億円を超す虚偽記載であり、政治資金規正法の虚偽記載罪では過去最大の金額となった。一方で、小沢は嫌疑不十分で不起訴処分となった。陸山会事件 フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示

「石川知裕」のニューストピックワード