44件中 11 - 20件表示
  • 高嶋良充

    高嶋良充から見た石川知裕石川知裕

    2010年1月19日に小沢一郎の資金管理団体を巡る陸山会事件に絡んで民主党の石川知裕衆議院議員が政治資金規正法違反による逮捕については「形式犯だけで逮捕された」「最高裁で刑が確定すれば議員辞職しかないが、それまでは推定無罪」「小沢さんと弁護士でやる問題。われわれはノータッチ」と話した。また「検察がマスコミに情報をタレ流している。情報が検察から出ない限り、皆さん方書けるのか? 基本的には世論操作になっている」「小沢さんが無実だと言っているのに罪人扱いしてマスコミが報道してきたから、国民の皆さんがそう思っているだけの話だ」など発言し、世論はマスコミに誘導されているとの認識を示した。高嶋良充 フレッシュアイペディアより)

  • 指揮権 (法務大臣)

    指揮権 (法務大臣)から見た石川知裕石川知裕

    2010年、千葉景子法務大臣は就任当初から従来の大臣とは異なり「法務大臣が一般的に指揮権を持っているということは認識をしています」と指揮権発動もありうることを示唆していた。2009年に小沢一郎秘書が起訴された際には民主党の第三者委員会が「指揮権発動による捜査中止もありえた」と指揮権発動に肯定的な報告書をまとめたことも指揮権発動の容易さに拍車をかけていた。2010年に小沢一郎の資金管理団体の土地購入に関する陸山会事件で与党民主党幹事長の小沢一郎に対して強制捜査が行われ、石川知裕衆議院議員を含む元秘書3人が捜査対象にはなった時は指揮権発動の可能性が指摘されたが、最終的に元秘書3人は逮捕、起訴され、指揮権発動は行われなかった(当時の検事総長は樋渡利秋)。指揮権 (法務大臣) フレッシュアイペディアより)

  • 新生党

    新生党から見た石川知裕石川知裕

    塾出身者達はその後政財界で活躍し、石川知裕衆議院議員、工藤大輔岩手県議らを初めとして小沢一郎事務所、小池百合子事務所、中田宏事務所の秘書、県会議員、市議会議員、新聞記者などを輩出し続けている。新生党 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見た石川知裕石川知裕

    2010年1月、小沢一郎の政治資金収支報告書に関する虚偽の疑惑が高まっていることや、石川知裕衆院議員の逮捕によって急落、共同通信社が、1月17、18日に行った世論調査では、支持は41.5%、不支持は44.1%で不支持が上回る結果となった。時事通信社が2月4日から7日に実施した世論調査では、支持率は35.7%(前月比11.4%減)、不支持率は上昇し、44.7%となった。 日本テレビが2月12から2月14日にかけて行なった2010年2月定例世論調査では支持率38.0%、不支持率45.6%だった。『朝日新聞』が2010年2月20日、21日に行った世論調査では支持率37%、不支持率は46%となり、民主党が参院選で過半数をとることに反対したのは55%となった。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 村越祐民

    村越祐民から見た石川知裕石川知裕

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では再び薗浦を破り、4年ぶりに返り咲きを果たした。同年10月、Twitter上で与党である民主党が国会質問を行わず、また自らが事業仕分けチームから外されたことに対する批判を展開。「今の民主党はまるで北朝鮮」などと記述し、鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長の党運営を強く批判した。翌2010年1月、石川知裕ら小沢の秘書及び秘書経験者が逮捕された際も、日本テレビのインタビューで小沢の議員辞職を要求。小沢の民主党への貢献については評価し、検察による捜査のあり方の検証の必要性を述べた上で、政治活動のために集めた政治資金で不動産を購入していた問題や秘書及び元秘書が逮捕されたことへの道義的責任を、議員辞職を求める理由に挙げた。その後も複数のメディアで小沢批判を展開し、民主党内では異彩を放った。村越祐民 フレッシュアイペディアより)

  • 江川紹子

    江川紹子から見た石川知裕石川知裕

    小沢一郎の政治資金団体である陸山会事件において、小沢の元秘書、石川知裕衆議院議員が逮捕されたときは検察に批判的な論調を繰り返した。「沢山の記者を投入し、地道な取材を重ねていて、検察のリーク頼みのように思われるのは心外、と言いたい気持ちは分かる。しかし、そうした取材の努力が、検察側と目的を共有化する『小沢氏のクビを捕る』という方向にだけ向けられ、検察の捜査のあり方にはまったく振り向けられないことが問題なのだ。その結果、マスコミは検察の応援団としての役割を発揮した。新聞などに激しく叱責されて、民主党の議員も捜査批判をまったくしなくなった。鳩山首相も、あれだけターゲットにされた小沢氏自身まで、検察の捜査は『公正公平』などと言っている。メディアが検察批判を封じ込んだ格好だ」とマスコミを批判した。江川紹子 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久間達哉

    佐久間達哉から見た石川知裕石川知裕

    佐久間が特別捜査部の部長として指揮を執った「陸山会土地取引事件」に対しては、「現職議員を逮捕するからには政治資金規正法違反のような『形式犯』ではなく、贈収賄や脱税など『実質犯』を問うべき」と主張し、石川知裕を逮捕に踏み切った判断に苦言を呈している。石川を逮捕する必要性は薄かったと指摘したうえで、形式犯でも容易に逮捕できる風潮となった場合、「検察が議員の生殺与奪を握ることにならないか」と懸念を示している。さらに、佐久間らの主張が正しいとするなら、まずゼネコン側の捜査でダム関連の資金経路を明らかにし容疑を固めることが最優先のはずだと指摘し、検察が石川らに対する強制捜査後にゼネコンの家宅捜索を行うのは捜査として順序が誤っているとしている。そのうえで「捜査手法にも疑問が残った」と述べるとともに、「陸山会土地取引事件」は「実質的に特捜部側の敗北」と断じている。佐久間達哉 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保隆規

    大久保隆規から見た石川知裕石川知裕

    2010年1月16日、小沢一郎の資金管理団体「陸山会」の土地購入経緯を巡る陸山会事件で政治資金規正法違反(虚偽記入)容疑で東京地検特捜部に民主党国会議員である石川知裕と共に逮捕、2月4日に起訴された。2月5日に保釈される。3月に公設秘書を辞職した。大久保隆規 フレッシュアイペディアより)

  • 西松建設事件

    西松建設事件から見た石川知裕石川知裕

    2009年3月12日、東京地検特捜部は小沢の元秘書・石川知裕衆院議員を参考人聴取した。西松建設事件 フレッシュアイペディアより)

  • ガソリン値下げ隊

    ガソリン値下げ隊から見た石川知裕石川知裕

    衆議院委員の隊員は、大島敦、菊田真紀子、郡和子、太田和美、柚木道義、鈴木克昌、福田昭夫、津村啓介、田名部匡代、石川知裕、三井辨雄、伴野豊、加藤公一、細野豪志、松野頼久ら。ガソリン値下げ隊 フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示