178件中 21 - 30件表示
  • 石川葉子 (ゴルファー)

    石川葉子 (ゴルファー)から見た石川遼石川遼

    石川葉子 (ゴルファー) フレッシュアイペディアより)

  • 田村尚之

    田村尚之から見た石川遼石川遼

    石川遼の出場で注目された2007年7月日本アマチュア選手権では、若手選手を次々破り初の決勝に進出。マッチプレーが復活した2000年以降では最年長43歳での進出。しかし準々決勝、準決勝を1日で40ホール、さらに翌日の決勝も史上最多の41ホール(従来の記録は1929年、38ホール)、5日間154ホールを戦い、最後は力尽き準優勝に終わった。田村尚之 フレッシュアイペディアより)

  • 薗田峻輔

    薗田峻輔から見た石川遼石川遼

    3歳の時からゴルフの英才教育を受け、中学の時、オーストラリアに単身2年間ゴルフ留学している。ジュニアのトーナメントを総ナメにしていた。 杉並学院高等学校に入学、2年後輩には石川遼がいた。二人は2007年にチームとして全国高校選手権などで活動した。石川からは薗田君と呼ばれている。また愛称はKINGであった。薗田峻輔 フレッシュアイペディアより)

  • 小林正則 (ゴルファー)

    小林正則 (ゴルファー)から見た石川遼石川遼

    2004年にシード権を失い、2005年から2008年は年間獲得賞金額が0というようにイップスに悩む年が続いたが、2010年頃から復調し、2011年のとおとうみ浜松オープンでは石川遼とのプレーオフを制し、14年目にしてプロ初優勝を果たす。翌2012年のアジアパシフィック・パナソニックオープンでは、ツアー新記録を打ち立てて優勝している。小林正則 (ゴルファー) フレッシュアイペディアより)

  • オバスカ

    オバスカから見た石川遼石川遼

    このゴルフラインは2008年にJJGA(日本ジュニアゴルフ協会)の日本代表公式ウェアに選定され、ゴルフ日本代表選手が「OBASUKA GOLF」のポロシャツを着用し世界で戦い、「ハニカミ王子」の愛称で有名な石川遼選手などが着用している。オバスカ フレッシュアイペディアより)

  • 平成立川ボーイズのオールナイトニッポンR

    平成立川ボーイズのオールナイトニッポンRから見た石川遼石川遼

    よく公園の公衆トイレにあるような面白い落書きを募集するコーナー(例:石川遼くんのトイレの落書:タイガー・ウッズだって大人だもの)。平成立川ボーイズのオールナイトニッポンR フレッシュアイペディアより)

  • 小田孔明

    小田孔明から見た石川遼石川遼

    2009年4月、開幕戦の東建ホームメイトカップで通算2勝目。11月、カシオワールドオープンで優勝し大会2連覇を達成。同年、賞金1億円を突破。最終戦で片山晋呉を抜き、賞金ランキングで石川遼、池田勇太に次ぐ3位となった。小田孔明 フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム (スポーツ)

    スター・システム (スポーツ)から見た石川遼石川遼

    石川遼はスターシステムとして顕著な選手であるとされる。スター・システム (スポーツ) フレッシュアイペディアより)

  • 中條寿子

    中條寿子から見た石川遼石川遼

    2010年にはCNNの“東京ホットリスト:今一番旬な20人 ―今日本で一番旬なこの人達を知らずに、東京は語れない―”と題した企画記事に、女優の沢尻エリカ、ミュージシャンのマドモアゼル・ユリア、実業家の柳井正、モデルの益若つばさ、ゴルファーの石川遼、歌手のalan、モデルの黒木メイサ、音楽グループのEXILE、俳優の尚玄、フラワーアーティストの東信、写真家の梅佳代、モデルの岡本多緒、スタイリストの奈良裕也、アイススケート選手の浅田真央、野球選手のダルビッシュ有、モデルの西山茉希、実業家の田中良和、アイドルグループのAKB48、およびサッカー選手の本田圭佑という、各分野から選抜された19名とともにその名が登場。中條寿子 フレッシュアイペディアより)

  • アイス・サランユー

    アイス・サランユーから見た石川遼石川遼

    2007年7月セカンドアルバム「PARTY ON ICE」リリース。ハニカミ王子の名で知られるプロゴルファー(当時アマチュア)の石川遼に似た風貌から、女性週刊誌を中心に「タイのハニカミ王子」と呼ばれる。アイス・サランユー フレッシュアイペディアより)

178件中 21 - 30件表示

「石川遼」のニューストピックワード