120件中 71 - 80件表示
  • 石川遼

    石川遼から見た京阪宇治バス

    第2回アジアパシフィック・パナソニックオープンの開催を告知するため、2009年9月から10月まで京阪宇治バスで宇治営業所のノンステップバス1台に石川の顔写真がラッピングされたバスが運行されていた(パナソニックによる広告掲出)。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見た第一三共ヘルスケア

    第一三共ヘルスケア(2009年 -)石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見たTBSテレビ

    2007年関東アマチュアゴルフ選手権にて、TBSが石川に取材を試みようとし、同伴競技者に小型マイクを装着する依頼を行った。しかし、依頼は通らず、選手は大会主催者に報告をした。また、同日にTBSのヘリコプターを大会中に飛ばし、プレイを妨げる事件が起きた。この迷惑行為により、TBSは関東ゴルフ連盟に謝罪を行い、同日午前放送の番組で陳謝した。また、同局の『筑紫哲也 NEWS23』キャスターの膳場貴子が石川宛に書いた手紙をスタッフが手渡そうとしたことも発覚。ちなみに、この作戦は失敗に終わった。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見た能勢電鉄

    2008年4月25日 - 27日に行われたつるやオープンゴルフトーナメントでは、多数のギャラリーの対応の為に、送迎バスの増発や会場の最寄駅である能勢電鉄日生中央駅の発車ダイヤは臨時ダイヤになり増発となった。また、ギャラリーの女性が転倒・骨折し救急車に運ばれる事故も発生。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見た新学社

    2008年1月25日にはヨネックスと5年間総額10億円の用具総合使用契約(ボール以外のクラブ、ウェアなど)を結んだ。ヨネックスと契約をしたのは、石川が10歳のとき実父とヨネックス本社に赴き、用具提供の支援の依頼をし、それをヨネックスが快諾したという関係からとされる。ヨネックスの他に、所属契約をパナソニックと、移動サポートをANA、サングラスを山本光学などとも契約した。その他、4月1日からトヨタと2年契約、コカ・コーラと5年契約、NTTドコモと3年契約、新学社と1年契約(その後も更新を続け、2011年現在継続中)を交わした。パナソニックとの所属契約を2013年1月27日で満了、更新しないことをパナソニックが発表した。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見たTXN

    石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜(2010年4月4日 - 2012年3月31日、テレビ東京系列石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見た瀬戸内海放送

    15歳の時プロトーナメント初参加したマンシングウェアオープンKSBカップの優勝インタビューでの言動から「ハニカミ王子」というニックネームが付いたことがあった。ちなみにその名づけ親は、この大会のテレビ中継を実況し、彼の優勝インタビューの最中にふと彼を「ハニカミ王子」と呼んだ瀬戸内海放送(KSB)の多賀公人アナウンサーである。まさに優勝した瞬間に生まれたニックネームであった。優勝記者会見で石川本人も「ハニカミ王子」のニックネームについてコメントした。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見た松伏町

    石川 遼(いしかわ りょう、1991年9月17日 - )は、埼玉県北葛飾郡松伏町出身のプロゴルファー。カシオ計算機所属。ニックネームは「ハニカミ王子」。男子ツアー世界最年少優勝、日本での最年少賞金王記録保持者。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見たサッカー

    6歳の頃、父に連れられてゴルフ練習場に行ったのをきっかけに、ゴルフにのめりこむ。小学校時代は、サッカークラブ、園芸委員会に所属。松伏町の自宅から車で30分程度の距離にある、千葉県野田市にあるゴルフ練習場に通って練習をしていた。中学校は、地元の松伏町立松伏第二中学校に進学。中学にゴルフ部がなかったため、陸上部に所属した。理由は、短距離走で足の筋力と体力を付けるため。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見た石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜

    4月4日より自らがホストを務めるゴルフトーク番組「石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜」がテレビ東京で放送される。石川遼 フレッシュアイペディアより)

120件中 71 - 80件表示

「石川遼」のニューストピックワード