43件中 11 - 20件表示
  • 館山昌平

    館山昌平から見た石川雄洋石川雄洋

    1000投球回数:2011年7月19日、対横浜ベイスターズ21回戦(横浜スタジアム)、1回裏1死目に石川雄洋を一塁ゴロで達成 ※史上324人目館山昌平 フレッシュアイペディアより)

  • 福田永将

    福田永将から見た石川雄洋石川雄洋

    横浜高校では打撃を買われ1年春からベンチ入り。2学年上の涌井秀章とバッテリーを組み、石川雄洋らとともに甲子園にも出場。レギュラーであったが、まだ1年で経験も浅かったために、試合終盤の大事な場面では交代させられることが多かった。2年春から4番打者を務めた。2006年春の第78回選抜高等学校野球大会では1学年下の高濱卓也、同期の佐藤賢治とクリーンナップを組み、主将として優勝を経験。同年夏は史上初の同校2度目の「春夏連覇」が期待されたが、大阪桐蔭に6-11と大敗し、大会初日に敗退。上記以外に同期には下水流昂、西嶋一記がいた。特に下水流とは小学校から高校まで同じチームでプレーした。福田永将 フレッシュアイペディアより)

  • 内村賢介

    内村賢介から見た石川雄洋石川雄洋

    2012年6月24日に横浜DeNAベイスターズの藤田一也とのトレードが発表された。背番号は藤田が着用していた「23」に決定。移籍後は正二塁手の石川雄洋が怪我をしたことも重なり、二塁手のレギュラーを獲得。また、途中加入にもかかわらず、チーム2位となる18盗塁を記録した。一方で、打撃面ではシーズンを通しての打率が.215、移籍後のみでも.237と精彩を欠いた。この年の8月15日の阪神タイガース戦では盗塁を決めたが、その打席に立っていた中村紀洋から盗塁したことを非難される出来事があった。首脳陣がサインを出さなくても自分の判断で盗塁ができる「グリーンライト」の権利を内村が持っていることから中村の叱責は采配批判にあたるとされ、中畑清監督によって中村は登録抹消された。内村賢介 フレッシュアイペディアより)

  • 島田誠

    島田誠から見た石川雄洋石川雄洋

    2009年オフに、横浜ベイスターズのヘッドコーチに就任した。2010年2月のキャンプからチームに合流した。横浜のヘッドコーチに2年契約で就任し、石川雄洋を鍛えたが、球団の成績不振の責任を取り1年で辞任した(球団はヘッドコーチから走塁コーチへの格下げを通告したが、島田は辞任を自ら願い出た)。2011年からは再びRKB毎日放送の解説者に就任。2018年2月1日から10日まで井口が監督に就任した千葉ロッテマリーンズの臨時走塁コーチを務める。島田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田殖生

    柳田殖生から見た石川雄洋石川雄洋

    オープン戦での打撃好調と内野守備のユーティリティ性を買われ開幕一軍入りを果たす。5月29日のソフトバンク戦では欠場した石川雄洋に代わり2番・二塁で先発出場し、7年ぶりの本塁打を含む5打数4安打2打点と活躍。自身初の猛打賞を記録した。この年はほぼ全ての面で自己最高の成績を残し、キャリアハイの74試合に出場した。遊撃手や三塁手として先発出場することもあった。柳田殖生 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田一也

    藤田一也から見た石川雄洋石川雄洋

    ''、不調の石井琢朗に代わって遊撃を守る機会も増えたが、五輪期間中に代表選手としてチームを離れた村田修一に代わって三塁を守った石川雄洋が活躍し、村田の復帰後も石川がそのまま遊撃を守るようになったため、仁志が怪我で離脱した後は二塁を多く守った。藤田一也 フレッシュアイペディアより)

  • 石井琢朗

    石井琢朗から見た石川雄洋石川雄洋

    は前年オフに膝を手術したこともあり、この年監督に復帰した大矢明彦は石井を無理せず休ませると公言。4月1日の巨人戦の6回の守備で石川雄洋と交代し、連続フルイニング出場記録が当時の現役選手では金本知憲に続く2位の339試合で途切れた。また、巨人から移籍した仁志敏久が1番打者に入ったことで、石井は2番打者を打つことが多くなる。9月5日、阪神戦(阪神甲子園球場)の第一打席で死球を受け、右手首を骨折。9月中に戦列復帰を果たすが安打数は99安打に止まり、4年連続・通算14度目のシーズン100安打達成はならなかった。石井琢朗 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年のスポーツ

    1986年のスポーツから見た石川雄洋石川雄洋

    7月10日 - 石川雄洋(静岡県、野球)1986年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アーロム・バルディリス

    アーロム・バルディリスから見た石川雄洋石川雄洋

    には、公式戦の開幕から、主に「6番・三塁手」としてスタメンに起用。移籍後初めて4番打者として出場した5月10日のヤクルト戦(横浜)では、7回裏の第3打席でチーム唯一の安打および打点となる2点本塁打を放って、チームを(前身の大洋ホエールズ時代からの)横浜スタジアム主催試合通算1000勝達成に導いた。キューバを代表する二塁手のユリエスキ・グリエルが入団した6月以降の公式戦では、グリエルを三塁・チームリーダーの石川雄洋を二塁に起用するチーム方針や、一塁を守っていたトニ・ブランコの戦線離脱などを背景に一塁手として出場することもあった。シーズン通算では、一軍公式戦139試合に出場。17本塁打、52打点、打率.255を記録した。アーロム・バルディリス フレッシュアイペディアより)

  • Love BayStars

    Love BayStarsから見た石川雄洋石川雄洋

    第4回 2009年5月3日 - 石川雄洋Love BayStars フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示

「石川雄洋」のニューストピックワード