28件中 11 - 20件表示
  • 梵英心

    梵英心から見た石川雄洋石川雄洋

    、小窪とのポジション争いが注目される中、オープン戦では打率.227と振るわなかったものの、両リーグ1位の8盗塁を記録し、開幕を2番・遊撃手で迎える。シーズンに入ると3割前後の打率を維持し、1番東出輝裕と共に不動のリードオフマンとして低迷するチームの中で気を吐いた。東出の故障による離脱後は1番に座り、チーム唯一の全試合出場を果たすなど、シーズン終了まで安定した活躍を見せた。3年ぶりの規定打席に到達するとともに初の打率3割を達成。また13本塁打を打ち長打力が戻り、3年ぶりの二桁本塁打となった。横浜ベイスターズの石川雄洋に競り勝ち、自己最高の43盗塁を記録し、盗塁王(チームでは1997年の緒方孝市以来13年ぶり)を獲得した。更にリーグ4位の36犠打、自身初となるゴールデングラブ賞も受賞するなど、過去2年の不振からの完全復活を果たしたシーズンとなった。梵英心 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た石川雄洋石川雄洋

    2月1日から始まった横浜のキャンプに参加。実戦で一度も遊撃を守ることなく二塁にコンバートされたが、若手の特守にも志願して毎日参加しアピールを行った結果、4月12日の開幕戦でスタメンを勝ち取った。4月24日の阪神戦では下柳剛から自身2年ぶりとなるホームランを放った。7月には監督推薦で自身初となるオールスターゲームに選出された。仙台で開催されたオールスター第三戦目では「9番・二塁手」としてスタメン出場、2安打を放ち、敢闘選手賞を獲得した。夏場に調子を落とし藤田一也との併用の時期もあったが、正遊撃手の石川雄洋の怪我により9月終盤からは移籍後初となる遊撃に回った。最終的には、チーム方針により少なかった盗塁数以外は例年並みの成績を残した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤政隆

    遠藤政隆から見た石川雄洋石川雄洋

    は開幕から一軍登録された。中日時代同様、主に中継ぎで登板し、ロングリリーフもこなせることから首脳陣からの信頼も厚かった。4月19日の横浜戦で、7回表に代走で出場した石川雄洋が大量得点差にも関わらず、盗塁(プロ初)をしたため、その報復として、内川聖一に故意と思われる死球を投げ、次の村田修一に投じた変化球がすっぽ抜け、頭部死球となり乱闘騒ぎになる。この試合は警告試合となった。「10年以上やっているから、やっていい事と悪いことはわかる」と言い、内川の死球はやむをえないが、次の打者には絶対にぶつけてはいけなかったといい、村田にぶつけてしまったのにはプロとして反省していると言う。また、6月11日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦においてもリック・ショート・山崎武司に対して死球を与え、この試合も警告試合になっている。この年は4月22日対中日戦で、2番手で登板し移籍後初勝利を、7月1日の対中日戦で、4番手で登板し移籍後初セーブを挙げるなど、古巣相手に印象的な活躍を見せている。遠藤政隆 フレッシュアイペディアより)

  • 福田永将

    福田永将から見た石川雄洋石川雄洋

    横浜高校では打撃を買われ1年春からベンチ入り。2学年上の涌井秀章とバッテリーを組み、石川雄洋らとともに甲子園にも出場。レギュラーであったが、まだ1年で経験も浅かったために、試合終盤の大事な場面では交代させられることが多かった。2年春から4番打者を務めた。2006年春の第78回選抜高等学校野球大会では1学年下の高濱卓也、同期の佐藤賢治とクリーンナップを組み、主将として優勝を経験。同年夏は史上初の同校2度目の「春夏連覇」が期待されたが、大阪桐蔭高校に6-11と大敗し、大会開幕初日に敗退。福田永将 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜中学校・高等学校

    横浜中学校・高等学校から見た石川雄洋石川雄洋

    石川雄洋(横浜DeNAベイスターズ)横浜中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た石川雄洋石川雄洋

    1イニング4奪三振:2012年4月13日、対横浜DeNAベイスターズ1回戦(横浜スタジアム)、5回裏に石川雄洋・黒羽根利規・小林太志(振り逃げ)・金城龍彦から ※史上14人目(セ・リーグ7人目)澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田一也

    藤田一也から見た石川雄洋石川雄洋

    、不調の石井琢朗に代わって遊撃を守る機会も増えたが、五輪期間中に代表選手としてチームを離れた村田修一に代わって三塁を守った石川雄洋が活躍し、村田の復帰後も石川がそのまま遊撃を守るようになったため、仁志が怪我で離脱した後は二塁を多く守った。藤田一也 フレッシュアイペディアより)

  • あの・・こんなんできましたケド。

    あの・・こんなんできましたケド。から見た石川雄洋石川雄洋

    プロ野球選手で小池正晃(中日ドラゴンズ)、坂本勇人(読売ジャイアンツ)、柴原洋(福岡ソフトバンクホークス)、石川雄洋(横浜ベイスターズ)が2010年の登場曲としても使用している。ちなみに小池、石川は横浜高校野球部の後輩である。坂本とはグータンヌーボで共演した事がある。あの・・こんなんできましたケド。 フレッシュアイペディアより)

  • 館山 昌平

    館山昌平から見た石川雄洋石川雄洋

    1000投球回数:2011年7月19日、対横浜ベイスターズ21回戦(横浜スタジアム)、1回裏1死目に石川雄洋を一塁ゴロで達成 ※史上324人目館山昌平 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た石川雄洋石川雄洋

    6月8日に一軍登録され、同日の楽天戦(Kスタ)に「7番・一塁手」でスタメン出場した。6月18日、横浜スタジアムでの福岡ソフトバンクホークス戦で代打で出場し、杉内俊哉から移籍後初本塁打。この本塁打で同点に追いつき、ターメル・スレッジの本塁打でチームは勝利した。この年は当初は代打要員がメインだったが、正一塁手のブレット・ハーパーが左投手相手に弱く、守備面でも不安があるため、対左投手時のスタメンや守備固めでの起用も増えた。10月13日の阪神戦(横浜スタジアム)では正遊撃手の石川雄洋及び二遊間両方を守れる藤田一也が負傷し、正二塁手の渡辺直人が遊撃手に回る状況の中、その代役で二塁手として起用されていた山崎憲晴が失策を連発したため、急遽プロ入り初めて二塁手でスタメン出場した。最後まで一軍登録を抹消されることは無く、62試合に出場したものの、打率.209、1本塁打、14打点と物足りない成績に終わった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「石川雄洋」のニューストピックワード

  • ありえないような額を上げていただいて本当に感謝です。

  • 好きな女性アナウンサーランキング

  • 第13回好きな女子アナウンサーランキング