前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た古田敦也

    は、初の開幕一軍入りを果たすと、4月1日の読売ジャイアンツ戦、シーズン初打席で高橋尚成からプロ初安打(投手強襲の内野安打)を放つ。さらに代走としても出場機会を得ていた。しかし、4月19日ヤクルトスワローズ戦で11点の大量リードをしていたにも関わらず石川は盗塁を敢行。これが石川のプロ入り初盗塁となったが、これに怒ったヤクルトバッテリーが次の打者の内川聖一、村田修一に連続死球を与えて乱闘騒ぎになり、この試合で2,000試合出場達成となった古田敦也選手兼任監督が球審井野修に退場を宣告されるなど後味の悪いゲームとなってしまった。さらに翌4月20日の練習中には打球を顔面に当て唇を20針縫う大怪我を負い、長期離脱をした。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た村田修一

    は、初の開幕一軍入りを果たすと、4月1日の読売ジャイアンツ戦、シーズン初打席で高橋尚成からプロ初安打(投手強襲の内野安打)を放つ。さらに代走としても出場機会を得ていた。しかし、4月19日ヤクルトスワローズ戦で11点の大量リードをしていたにも関わらず石川は盗塁を敢行。これが石川のプロ入り初盗塁となったが、これに怒ったヤクルトバッテリーが次の打者の内川聖一、村田修一に連続死球を与えて乱闘騒ぎになり、この試合で2,000試合出場達成となった古田敦也選手兼任監督が球審井野修に退場を宣告されるなど後味の悪いゲームとなってしまった。さらに翌4月20日の練習中には打球を顔面に当て唇を20針縫う大怪我を負い、長期離脱をした。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た高橋尚成

    は、初の開幕一軍入りを果たすと、4月1日の読売ジャイアンツ戦、シーズン初打席で高橋尚成からプロ初安打(投手強襲の内野安打)を放つ。さらに代走としても出場機会を得ていた。しかし、4月19日ヤクルトスワローズ戦で11点の大量リードをしていたにも関わらず石川は盗塁を敢行。これが石川のプロ入り初盗塁となったが、これに怒ったヤクルトバッテリーが次の打者の内川聖一、村田修一に連続死球を与えて乱闘騒ぎになり、この試合で2,000試合出場達成となった古田敦也選手兼任監督が球審井野修に退場を宣告されるなど後味の悪いゲームとなってしまった。さらに翌4月20日の練習中には打球を顔面に当て唇を20針縫う大怪我を負い、長期離脱をした。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た小林誠司

    100盗塁:2015年3月28日、対読売ジャイアンツ2回戦(東京ドーム)、1回表に二盗(投手:アーロン・ポレダ、捕手:小林誠司石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た成瀬善久

    横浜高校では1年生からベンチ入りを果たし、春、第75回選抜に左翼手で出場し準優勝。夏、第86回全国選手権にも出場して14打数10安打と活躍、ベスト8に進出した。高校の同級生に涌井秀章、1年先輩に成瀬善久、荒波翔、2年後輩に福田永将、佐藤賢治、下水流昂がいる。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た欅坂46

    欅坂46 「サイレントマジョリティー」(2017年 - ) ※第2戦目、2・3打席石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た三浦大輔

    は、負傷で出遅れるも、4月8日に一軍登録。主に「2番・二塁手」として先発出場したが、打率2割前後を推移し続けた。そのため、7月以後は宮崎敏郎や同シーズン途中に加入したエリアン・エレラに徐々に出場機会を献上することが増えていった。8月13日対広島カープ戦で通算1,000試合出場。最終的に95試合出場(うち先発出場73試合)、打率.209と、不本意なシーズンになってしまった。シーズンオフの11月21日、300万円ダウンの年俸6300万円で契約更改。三浦大輔の現役引退により、チーム生え抜きとしては最古参の選手となった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見たレミオロメン

    レミオロメン「もっと遠くへ」(2016年 - )※2・3・5打席石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た石井琢朗

    は、スイッチヒッターから左打ちに戻す。開幕一軍入りこそ逃すが、その後シーズンを通じて一軍に定着。故障の石井琢朗の代わりに遊撃手を守ったり、北京オリンピック出場のためにチームを離れた村田修一の代わりに三塁を守るなど主に1番打者でのスタメン出場が続き、自己最多の83試合に出場。チームトップとなる10盗塁を記録した。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見たユリエスキ・グリエル

    は、開幕から「1番・二塁手」としてほぼ固定起用される。5月4日の広島戦(マツダスタジアム)では前田健太から初回に先頭打者本塁打、翌5日の同カードでは2試合連続の本塁打を放った。野球キューバ代表の二塁手として国際大会などで活躍したユリエスキ・グリエルが入団した6月以降の公式戦では、グリエルに二塁を守らせる関係で、高校時代に経験のある外野手として先発起用されることもあった。自己最高の本塁打数である7本塁打を記録したものの、打率は最終的に.248と前年より下げてしまった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「石川雄洋」のニューストピックワード