81件中 21 - 30件表示
  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た仁志敏久

    は、開幕スタメンは逃すが、遊撃手のポジション争いをしていた藤田一也が仁志敏久の不調により二塁手に固定されたことで、レギュラーに定着。吉村裕基に次ぐチーム2位の134試合に出場し、初の規定打席到達、2年連続チームトップの19盗塁、チーム2位の15犠打を記録した。一方で、規定打席到達者ではリーグワースト2位の打率(.242)、リーグワーストの出塁率(.267)、四球数(13個)と対左打率(.156)、98三振、遊撃手リーグワースト2位の17失策を記録するなど、攻守に課題を残すシーズンとなった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た梵英心

    は、開幕から遊撃手のレギュラーとして好調を保ち続け、リーグ30盗塁一番乗りを果たす。終盤、梵英心に競り負け、盗塁王のタイトルは逃すも、36盗塁(リーグ2位)、38犠打(リーグ3位)、打率.294(チーム2位)を記録。守備面では失策数は6に減ったが、石川が守備に就くと得点換算で平均的な遊撃手に比べて年間17.92の失点(12球団ワースト2位)が増えるゾーンデータが算出されるなど、守備範囲に不安を残した。相変わらず三振は多く、四球数も規定打席到達者の中で2年連続リーグワースト(21個)を記録。XR27も3.87と規定打席到達者31人中29番目だったが、出塁率は初めて3割を超えた。なお両リーグ規定打席到達者で唯一本塁打ゼロであった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た吉村裕基

    は、開幕スタメンは逃すが、遊撃手のポジション争いをしていた藤田一也が仁志敏久の不調により二塁手に固定されたことで、レギュラーに定着。吉村裕基に次ぐチーム2位の134試合に出場し、初の規定打席到達、2年連続チームトップの19盗塁、チーム2位の15犠打を記録した。一方で、規定打席到達者ではリーグワースト2位の打率(.242)、リーグワーストの出塁率(.267)、四球数(13個)と対左打率(.156)、98三振、遊撃手リーグワースト2位の17失策を記録するなど、攻守に課題を残すシーズンとなった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た遠藤政隆

    初盗塁:2007年4月19日、対東京ヤクルトスワローズ3回戦(明治神宮野球場)、7回表に二盗(投手:遠藤政隆、捕手:古田敦也)石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見たpredia

    predia 「You're my Hero」(2016年 - ) ※1・4・6打席石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た東京ヤクルトスワローズ

    は、同年現在チーム内に「石川」姓の選手・スタッフは在籍していなかったが、ユニフォームの背ネームを“T.ISHIKAWA”に変更。春季キャンプでは二塁手にコンバートされる。また、新生・横浜DeNAベイスターズ初代主将に指名される。シーズン序盤は打率2割に満たない極度の不振に陥っていたが、6月頃から徐々に調子を上げていった。しかし、7月18日の東京ヤクルトスワローズ戦でファウルを打った際投球が右手を直撃し、右手小指の骨折で登録を抹消される。8月下旬に復帰し、8月26日にはチーム事情によりプロに入って初めて外野(ライト)を守り好プレーも見せていたが、前日の8月25日の巨人戦でバントをした際に、今度は左手人差し指を骨折。再び登録を抹消された。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た読売ジャイアンツ

    は、初の開幕一軍入りを果たすと、4月1日の読売ジャイアンツ戦、シーズン初打席で高橋尚成からプロ初安打(投手強襲の内野安打)を放つ。さらに代走としても出場機会を得ていた。しかし、4月19日ヤクルトスワローズ戦で11点の大量リードをしていたにも関わらず石川は盗塁を敢行。これが石川のプロ入り初盗塁となったが、これに怒ったヤクルトバッテリーが次の打者の内川聖一、村田修一に連続死球を与えて乱闘騒ぎになり、この試合で2,000試合出場達成となった古田敦也選手兼任監督が球審井野修に退場を宣告されるなど後味の悪いゲームとなってしまった。さらに翌4月20日の練習中には打球を顔面に当て唇を20針縫う大怪我を負い、長期離脱をした。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た井野修

    は、初の開幕一軍入りを果たすと、4月1日の読売ジャイアンツ戦、シーズン初打席で高橋尚成からプロ初安打(投手強襲の内野安打)を放つ。さらに代走としても出場機会を得ていた。しかし、4月19日ヤクルトスワローズ戦で11点の大量リードをしていたにも関わらず石川は盗塁を敢行。これが石川のプロ入り初盗塁となったが、これに怒ったヤクルトバッテリーが次の打者の内川聖一、村田修一に連続死球を与えて乱闘騒ぎになり、この試合で2,000試合出場達成となった古田敦也選手兼任監督が球審井野修に退場を宣告されるなど後味の悪いゲームとなってしまった。さらに翌4月20日の練習中には打球を顔面に当て唇を20針縫う大怪我を負い、長期離脱をした。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た涌井秀章

    横浜高校では1年生からベンチ入りを果たし、春、第75回選抜に左翼手で出場し準優勝。夏、第86回全国選手権にも出場して14打数10安打と活躍、ベスト8に進出した。高校の同級生に涌井秀章、1年先輩に成瀬善久、荒波翔、2年後輩に福田永将、佐藤賢治、下水流昂がいる。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見たエリアン・エレラ

    は、負傷で出遅れるも、4月8日に一軍登録。主に「2番・二塁手」として先発出場したが、打率2割前後を推移し続けた。そのため、7月以後は宮崎敏郎や同シーズン途中に加入したエリアン・エレラに徐々に出場機会を献上することが増えていった。8月13日対広島カープ戦で通算1,000試合出場。最終的に95試合出場(うち先発出場73試合)、打率.209と、不本意なシーズンになってしまった。シーズンオフの11月21日、300万円ダウンの年俸6300万円で契約更改。三浦大輔の現役引退により、チーム生え抜きとしては最古参の選手となった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「石川雄洋」のニューストピックワード