63件中 31 - 40件表示
  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た全国高等学校野球選手権大会

    2004年の全国高等学校野球選手権大会、対京都外大西戦では6回に三塁打を放ちヘッドスライディングした際に三塁手と交錯。首などを強打し左肩を捻挫する。一時は意識を失い担架で運ばれるも、その後意識を取り戻し強行出場した。スコア0対0の9回には自身のエラーをきっかけに満塁のピンチを迎えるが涌井が三振で抑えると、10回には涌井が招いたピンチをファインプレーで助け、チームは11回に1対0でサヨナラ勝ちを決めた。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た広島東洋カープ

    は開幕からショートのレギュラーとして好調を保ち続け、リーグ30盗塁一番乗りを果たす。終盤、梵英心(広島)に競り負け、盗塁王のタイトルは逃すも、36盗塁(リーグ2位)、38犠打(リーグ3位)、打率.294(チーム2位)を記録。守備面では失策数は6に減ったが、石川が守備に就くと得点換算で平均的な遊撃手に比べて年間17.92の失点(12球団ワースト2位)が増えるゾーンデータが算出されるなど、守備範囲に不安を残した。相変わらず三振は多く、四球数も規定打席到達者の中で2年連続リーグワースト(21個)を記録。XR27も3.87と規定打席到達者31人中29番目だったが、出塁率は初めて3割を超えた。なお規定打席到達者の中で、両リーグで唯一本塁打ゼロであった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た北海道日本ハムファイターズ

    横浜高校では1年生からベンチ入りし、春の甲子園に左翼手で出場し準優勝。夏の甲子園にも出場して14打数10安打と活躍、ベスト8に進出した。高校の同級生に涌井秀章(西武)、1年先輩に成瀬善久(ロッテ)、荒波翔(DeNA)、2年後輩に福田永将(中日)、佐藤賢治(日本ハム)がいる。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た横浜スタジアム

    初安打:2007年4月1日、対読売ジャイアンツ3回戦(横浜スタジアム)、5回裏に高橋尚成から投手内野安打石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た横浜DeNAベイスターズ

    石川 雄洋(いしかわ たけひろ、1986年7月10日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(内野手)。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た二塁手

    、開幕スタメンは逃すが、ポジション争いをしていた藤田一也が仁志敏久の不調によりセカンドに固定されたことで、ショートのレギュラーに定着。吉村裕基に次ぐチーム2位の134試合に出場し初の規定打席到達、2年連続チームトップの19盗塁、チーム2位の15犠打を記録した。一方で、規定打席到達者ではリーグワースト2位の打率(.242)、リーグワーストの出塁率(.267)、四球数(13個)と対左打率(.156)、98三振、遊撃手リーグワースト2位の17失策を記録するなど、攻守に課題を残すシーズンとなった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た遊撃手

    、スイッチヒッターから再び左打ちに戻す。開幕一軍こそ逃すが、その後シーズンを通じて一軍に定着。故障の石井琢朗の代わりに遊撃手を守ったり、北京オリンピック出場のためにチームを離れた村田修一の代わりに三塁を守るなど主に1番打者でのスタメン出場が続き、自己最多の83試合に出場。チームトップとなる10盗塁を記録した。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た代打

    、ドラフト6巡目で横浜ベイスターズに入団。シーズン途中に左打ちからスイッチヒッターに転向。シーズン終了目前の10月12日に一軍初昇格し、代打で初出場を果たす。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た失策

    、開幕スタメンは逃すが、ポジション争いをしていた藤田一也が仁志敏久の不調によりセカンドに固定されたことで、ショートのレギュラーに定着。吉村裕基に次ぐチーム2位の134試合に出場し初の規定打席到達、2年連続チームトップの19盗塁、チーム2位の15犠打を記録した。一方で、規定打席到達者ではリーグワースト2位の打率(.242)、リーグワーストの出塁率(.267)、四球数(13個)と対左打率(.156)、98三振、遊撃手リーグワースト2位の17失策を記録するなど、攻守に課題を残すシーズンとなった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た犠打

    、開幕スタメンは逃すが、ポジション争いをしていた藤田一也が仁志敏久の不調によりセカンドに固定されたことで、ショートのレギュラーに定着。吉村裕基に次ぐチーム2位の134試合に出場し初の規定打席到達、2年連続チームトップの19盗塁、チーム2位の15犠打を記録した。一方で、規定打席到達者ではリーグワースト2位の打率(.242)、リーグワーストの出塁率(.267)、四球数(13個)と対左打率(.156)、98三振、遊撃手リーグワースト2位の17失策を記録するなど、攻守に課題を残すシーズンとなった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「石川雄洋」のニューストピックワード

  • ありえないような額を上げていただいて本当に感謝です。

  • 好きな女性アナウンサーランキング

  • 第13回好きな女子アナウンサーランキング