63件中 41 - 50件表示
  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た明治神宮野球場

    初出場:2006年10月12日、対東京ヤクルトスワローズ21回戦(明治神宮野球場)、7回表に木塚敦志の代打として出場石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た出塁率

    、開幕スタメンは逃すが、ポジション争いをしていた藤田一也が仁志敏久の不調によりセカンドに固定されたことで、ショートのレギュラーに定着。吉村裕基に次ぐチーム2位の134試合に出場し初の規定打席到達、2年連続チームトップの19盗塁、チーム2位の15犠打を記録した。一方で、規定打席到達者ではリーグワースト2位の打率(.242)、リーグワーストの出塁率(.267)、四球数(13個)と対左打率(.156)、98三振、遊撃手リーグワースト2位の17失策を記録するなど、攻守に課題を残すシーズンとなった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た三塁打

    2004年の全国高等学校野球選手権大会、対京都外大西戦では6回に三塁打を放ちヘッドスライディングした際に三塁手と交錯。首などを強打し左肩を捻挫する。一時は意識を失い担架で運ばれるも、その後意識を取り戻し強行出場した。スコア0対0の9回には自身のエラーをきっかけに満塁のピンチを迎えるが涌井が三振で抑えると、10回には涌井が招いたピンチをファインプレーで助け、チームは11回に1対0でサヨナラ勝ちを決めた。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た盗塁

    、スイッチヒッターから再び左打ちに戻す。開幕一軍こそ逃すが、その後シーズンを通じて一軍に定着。故障の石井琢朗の代わりに遊撃手を守ったり、北京オリンピック出場のためにチームを離れた村田修一の代わりに三塁を守るなど主に1番打者でのスタメン出場が続き、自己最多の83試合に出場。チームトップとなる10盗塁を記録した。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見たスターティングメンバー

    、スイッチヒッターから再び左打ちに戻す。開幕一軍こそ逃すが、その後シーズンを通じて一軍に定着。故障の石井琢朗の代わりに遊撃手を守ったり、北京オリンピック出場のためにチームを離れた村田修一の代わりに三塁を守るなど主に1番打者でのスタメン出場が続き、自己最多の83試合に出場。チームトップとなる10盗塁を記録した。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た左翼手

    横浜高校では1年生からベンチ入りし、春の甲子園に左翼手で出場し準優勝。夏の甲子園にも出場して14打数10安打と活躍、ベスト8に進出した。高校の同級生に涌井秀章(西武)、1年先輩に成瀬善久(ロッテ)、荒波翔(DeNA)、2年後輩に福田永将(中日)、佐藤賢治(日本ハム)がいる。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た三振

    2004年の全国高等学校野球選手権大会、対京都外大西戦では6回に三塁打を放ちヘッドスライディングした際に三塁手と交錯。首などを強打し左肩を捻挫する。一時は意識を失い担架で運ばれるも、その後意識を取り戻し強行出場した。スコア0対0の9回には自身のエラーをきっかけに満塁のピンチを迎えるが涌井が三振で抑えると、10回には涌井が招いたピンチをファインプレーで助け、チームは11回に1対0でサヨナラ勝ちを決めた。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た右翼手

    、同年現在チーム内に「石川」姓の選手・スタッフは在籍していなかったものの、ユニフォームの背ネームを"T.ISHIKAWA"に変更。春季キャンプではセカンドにコンバートされる。また2月8日、中畑清監督より、チーム名を変更した新生・横浜DeNAベイスターズ初代主将に指名される。シーズン序盤は打率2割に満たない極度の不振に陥っていたが、6月ごろから徐々に調子を上げていった。しかし7月18日のヤクルト戦でファウルを打った際投球が右手を直撃し右手小指の骨折で登録を抹消される。8月下旬に復帰し、8月26日にはチームの事情によりプロに入って初めて外野(ライト)を守り好プレーも見せていたが、前日の8月25日の巨人戦でバントをした際に、今度は左手人差し指を骨折し再び登録を抹消された。契約更改では、700万円減となる5000万円でサインした。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た第75回選抜高等学校野球大会

    横浜高校では1年生からベンチ入りし、春の甲子園に左翼手で出場し準優勝。夏の甲子園にも出場して14打数10安打と活躍、ベスト8に進出した。高校の同級生に涌井秀章(西武)、1年先輩に成瀬善久(ロッテ)、荒波翔(DeNA)、2年後輩に福田永将(中日)、佐藤賢治(日本ハム)がいる。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た三塁手

    2004年の全国高等学校野球選手権大会、対京都外大西戦では6回に三塁打を放ちヘッドスライディングした際に三塁手と交錯。首などを強打し左肩を捻挫する。一時は意識を失い担架で運ばれるも、その後意識を取り戻し強行出場した。スコア0対0の9回には自身のエラーをきっかけに満塁のピンチを迎えるが涌井が三振で抑えると、10回には涌井が招いたピンチをファインプレーで助け、チームは11回に1対0でサヨナラ勝ちを決めた。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「石川雄洋」のニューストピックワード

  • ありえないような額を上げていただいて本当に感謝です。

  • 好きな女性アナウンサーランキング

  • 第13回好きな女子アナウンサーランキング