81件中 41 - 50件表示
  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た京都外大西高等学校

    の全国高等学校野球選手権大会、対京都外大西戦では6回に三塁打を放ちヘッドスライディングした際に三塁手と交錯。首などを強打し左肩を捻挫する。一時は意識を失い担架で運ばれるも、その後意識を取り戻し強行出場した。スコア0対0の9回には自身のエラーをきっかけに満塁のピンチを迎えるが涌井が三振で抑えると、10回には涌井が招いたピンチをファインプレーで助け、チームは11回に1対0でサヨナラ勝ちを決めた。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た阪神タイガース

    は、3月28日の巨人戦でプロ通算100盗塁を達成した。前半戦では主に1番打者を任され、シーズン序盤には第一打席で出塁すると全勝するという珍記録がおき、「石川神話」と呼ばれた。一時は首位打者に立つこともあるなど好調であったが、交流戦前後からチームの調子に合わせて次第に調子を落とし、大きく打率を下げてしまった。6月11日には出場選手登録日数が8年に達し、国内FA権を取得。7月3日の阪神タイガース戦では、9回裏に敗色濃厚の状態で守護神の呉昇桓からサヨナラタイムリーヒットを放ち、これが自身プロ初のサヨナラ打となった。7月31日の広島戦では5回表の守備で左足を負傷し翌日登録を抹消、その後はシーズン最終盤(最終戦から2試合目)の10月2日に出場するまで一軍に昇格することはなかった。この年は登録抹消を2回味わうなど、最終的に89試合の出場で、打率.259であった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た横浜中学校・高等学校

    横浜高校では1年生からベンチ入りを果たし、春、第75回選抜に左翼手で出場し準優勝。夏、第86回全国選手権にも出場して14打数10安打と活躍、ベスト8に進出した。高校の同級生に涌井秀章、1年先輩に成瀬善久、荒波翔、2年後輩に福田永将、佐藤賢治、下水流昂がいる。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た全国高等学校野球選手権大会

    全国高等学校野球選手権大会、対京都外大西戦では6回に三塁打を放ちヘッドスライディングした際に三塁手と交錯。首などを強打し左肩を捻挫する。一時は意識を失い担架で運ばれるも、その後意識を取り戻し強行出場した。スコア0対0の9回には自身のエラーをきっかけに満塁のピンチを迎えるが涌井が三振で抑えると、10回には涌井が招いたピンチをファインプレーで助け、チームは11回に1対0でサヨナラ勝ちを決めた。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た広島東洋カープ

    1000試合出場:2016年8月13日、対広島東洋カープ19回戦(横浜スタジアム)、2番二塁手でスタメン出場石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た横浜スタジアム

    初安打:2007年4月1日、対読売ジャイアンツ3回戦(横浜スタジアム)、5回裏に高橋尚成から投手前内野安打石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た二塁手

    は、開幕スタメンは逃すが、遊撃手のポジション争いをしていた藤田一也が仁志敏久の不調により二塁手に固定されたことで、レギュラーに定着。吉村裕基に次ぐチーム2位の134試合に出場し、初の規定打席到達、2年連続チームトップの19盗塁、チーム2位の15犠打を記録した。一方で、規定打席到達者ではリーグワースト2位の打率(.242)、リーグワーストの出塁率(.267)、四球数(13個)と対左打率(.156)、98三振、遊撃手リーグワースト2位の17失策を記録するなど、攻守に課題を残すシーズンとなった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た横浜DeNAベイスターズ

    石川 雄洋(いしかわ たけひろ、1986年7月10日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(内野手、外野手)。右投左打石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た外野手

    石川 雄洋(いしかわ たけひろ、1986年7月10日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(内野手、外野手)。右投左打石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た規定打席

    は、開幕スタメンは逃すが、遊撃手のポジション争いをしていた藤田一也が仁志敏久の不調により二塁手に固定されたことで、レギュラーに定着。吉村裕基に次ぐチーム2位の134試合に出場し、初の規定打席到達、2年連続チームトップの19盗塁、チーム2位の15犠打を記録した。一方で、規定打席到達者ではリーグワースト2位の打率(.242)、リーグワーストの出塁率(.267)、四球数(13個)と対左打率(.156)、98三振、遊撃手リーグワースト2位の17失策を記録するなど、攻守に課題を残すシーズンとなった。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「石川雄洋」のニューストピックワード