石橋貴明 ニュース&Wiki etc.

石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、歌手、俳優、芸能事務所社長。 (出典:Wikipedia)

「石橋貴明」Q&A

  • Q&A

    ビートたけしと松本人志と有吉弘行は芸人の中で天才だと僕はおもいます。 三又又三は圏外…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年3月22日 23:09

  • Q&A

    石橋貴明(とんねるず) 木梨憲武(とんねるず) 松本人志(ダウンタウン) 浜田雅功(…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年3月17日 13:43

  • Q&A

    石橋貴明がおいしいなんてうそですよね?単なる後輩いじめですよね?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年3月14日 12:56

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「石橋貴明」のつながり調べ

  • とんねるずの生でダラダラいかせて!!

    とんねるずの生でダラダラいかせて!!から見た石橋貴明

    工藤静香と石橋貴明のユニット「Little Kiss」の楽曲「A.S.A.P.」(秋元康プロデュース)、山本譲二と木梨のユニット「憲三郎&ジョージ山本」の楽曲「浪漫-Roman-」(北島三郎プロデュース)、石橋・定岡・デビット伊東のバンド「ANDY's」(当初は「生殺」)の楽曲「Freedom」(佐野元春プロデュース)など、この番組の企画から発売されたCDも数多い。「憲三郎&ジョージ山本」はNHK紅白歌合戦にも出場した。結成当初の衣装は、憲三郎が白の羽織袴、山本が白のスーツで真面目にキメていたが、次第に両者ともラメ入りになるなど華美になっていった(憲三郎は金歯まで入れていた)。晴れの舞台である紅白では豪華路線を変え、憲三郎が北島三郎の姿でものまねで歌い視聴者を笑わせた(台本には無く、憲三郎は出番10分前に思いつき、急遽メイクルームに走ったと言う)。1995年に発売されたとんねるずのオリジナルアルバム「おまえ百までわしゃ九十九まで」は歌謡活動10周年記念のアルバムということで、木梨がお世話になった著名人に歌詞を作ってもらう番組企画から誕生している。(とんねるずの生でダラダラいかせて!! フレッシュアイペディアより)

  • 加藤和也 (ひばりプロダクション)

    加藤和也 (ひばりプロダクション)から見た石橋貴明

    幼いころからビートたけしととんねるずのファンであり、ひばりが生前、たけしやとんねるずと和也を対面させた事があり、現在も交遊がある。このことがきっかけでとんねるずと美空ひばりは親しくなり、「お嬢」「タカ・ノリ」と呼び合う仲となった。(加藤和也 (ひばりプロダクション) フレッシュアイペディアより)

「石橋貴明」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「石橋貴明」のニューストピックワード