前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
345件中 1 - 10件表示
  • とんねるず

    とんねるずから見た石橋貴明石橋貴明

    とんねるず(TUNNELS)は、石橋貴明と木梨憲武の2人からなるお笑いコンビ・歌手。芸能事務所はアライバル。とんねるず フレッシュアイペディアより)

  • Smile on me

    Smile on meから見た石橋貴明石橋貴明

    「Smile on me」(スマイル・オン・ミー)は、2004年7月にリリースされたSEIKO with Crazy.T名義のシングルである。Smile on me フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た石橋貴明石橋貴明

    助手・石橋くん(解説役):石橋貴明博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずの生でダラダラいかせて!!

    とんねるずの生でダラダラいかせて!!から見た石橋貴明石橋貴明

    工藤静香と石橋貴明のユニット「Little Kiss」の楽曲「A.S.A.P.」(秋元康プロデュース)、山本譲二と木梨のユニット「憲三郎&ジョージ山本」の楽曲「浪漫-Roman-」(北島三郎プロデュース)、石橋・定岡・デビット伊東のバンド「ANDY's」(当初は「生殺」)の楽曲「Freedom」(佐野元春プロデュース)など、この番組の企画から発売されたCDも数多い。「憲三郎&ジョージ山本」はNHK紅白歌合戦にも出場した。結成当初の衣装は、憲三郎が白の羽織袴、山本が白のスーツで真面目にキメていたが、次第に両者ともラメ入りになるなど華美になっていった(憲三郎は金歯まで入れていた)。晴れの舞台である紅白では豪華路線を変え、憲三郎が北島三郎の姿でものまねで歌い視聴者を笑わせた(台本には無く、憲三郎は出番10分前に思いつき、急遽メイクルームに走ったと言う)。1995年に発売されたとんねるずのオリジナルアルバム「おまえ百までわしゃ九十九まで」は歌謡活動10周年記念のアルバムということで、木梨がお世話になった著名人に歌詞を作ってもらう番組企画から誕生している。とんねるずの生でダラダラいかせて!! フレッシュアイペディアより)

  • 木梨憲武

    木梨憲武から見た石橋貴明石橋貴明

    お笑いコンビ『とんねるず』の小さい方、相方は石橋貴明木梨憲武 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見た石橋貴明石橋貴明

    2005年、不調だった投手陣が復活、4年ぶりのAクラスとなる3位に浮上した。エグゼクティブ・アドバイザーとして牛島の友人である石橋貴明(とんねるず)を抜擢、監督・選手とファンとのパイプ役を担わせる等新しいファンサービスを試みた。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 関東裸会

    関東裸会から見た石橋貴明石橋貴明

    橋貴(バシタカ)関東裸会 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部龍二郎

    阿部龍二郎から見た石橋貴明石橋貴明

    『うたばん』や『COUNT DOWN TV』など音楽番組プロデューサー。石橋貴明やSMAP(特に同郷である中居正広)などとも関係が深い。同局のアナウンサー、安住紳一郎を積極的に起用し往年のTBSテレビの番組や雰囲気にアレンジを加えるという手法を得意としているが、「女性に媚びる低俗な番組構成」との指摘も聞かれ、。阿部龍二郎 フレッシュアイペディアより)

  • がじゃいも

    がじゃいもから見た石橋貴明石橋貴明

    この曲のタイトルは、当時石橋貴明の前妻との間の長女がジャガイモの事を「がじゃいも」と呼んでいたことから名付けられた。がじゃいも フレッシュアイペディアより)

  • 石橋を叩いて笑う〜ゴッホの耳〜

    石橋を叩いて笑う〜ゴッホの耳〜から見た石橋貴明石橋貴明

    『石橋を叩いて笑う〜ゴッホの耳〜』(いしばしをたたいてわらう〜ゴッホのみみ〜)は、とんねるずの石橋貴明がメインを務めるコント風ドラマ番組である。計2回放送。石橋を叩いて笑う〜ゴッホの耳〜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
345件中 1 - 10件表示

「石橋貴明」のニューストピックワード