354件中 141 - 150件表示
  • 立見里歌

    立見里歌から見た石橋貴明石橋貴明

    後に、「漢字が読めない」、「歌が下手」などといったおバカ(お笑い)キャラが発覚したほか、「顔が大きい」ととんねるずの石橋貴明によく指摘されていた。1986年6月3日、火曜ワイドスペシャル枠にて放送された番組、おニャン子のアブない夜だよ 生放送の中でVTR出演の石橋が、当時在籍していたおニャン子クラブのメンバーをパネル写真を基に紹介するコーナーで、立見と内海和子のパネルを二つ折りになる程、拳で殴り紹介した。翌日の『夕やけニャンニャン』のコーナー『新エバッてんじゃねえよ おいにいの逆襲バージョン』本番中に立見が昨日の放送内容に対し石橋に怒りを露にした。また石橋も感情的に応対してとんねるずは番組途中で出演をボイコットした事件がおきた。その結果、その頃には『夕やけニャンニャン』に週1回の出演となっていたとんねるずが出演する曜日は立見が欠席するようになった。このケンカには内海が立見に同調し、とんねるずと顔をあわせないようにしていた。立見里歌 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一物語 〜亡き妻へ贈る言葉

    星野仙一物語 〜亡き妻へ贈る言葉から見た石橋貴明石橋貴明

    元中日ドラゴンズ→阪神タイガース監督の星野仙一の、ドラゴンズ監督要請から就任(1986年・1987年)から最愛の妻の死とナゴヤドーム完成(1997年)を経てタイガースを18年ぶりの優勝へ導く(2003年)までを描いた作品であり、主人公の星野仙一役を星野本人と親交のあるとんねるずの石橋貴明が演じた。星野が在籍した中日・阪神両球団が撮影協力に携わっていることや、東名阪テレビネットワーク完成30周年記念番組でもあるため、中部日本放送 (CBC) 、毎日放送 (MBS) も制作に参加している。星野仙一物語 〜亡き妻へ贈る言葉 フレッシュアイペディアより)

  • マービンJr.

    マービンJr.から見た石橋貴明石橋貴明

    生まれも育ちも東京で、母方の祖父の影響で相撲に興味を持った。7歳の時に東京都文京区の相撲クラブに入る。1995年春には日本テレビ系「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で、番組準レギュラーの第54代横綱・輪島大士の指導を受けたことがある。当時は口調が舌っ足らずで、自己紹介で「7歳」と言ったつもりが「ララ歳」としか聞こえず、出演者の笑いを誘った(この時はとんねるずの石橋貴明も同行しており、マービンがとんねるずのみなさんのおかげでしたの博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜に出演した際に石橋から「小学生の時に会ったことがあるよね」と言われたという)その後わんぱく相撲で活躍し、“下町の曙”の異名を取った。埼玉栄高校相撲部時代には、インターハイ団体戦で連覇を達成するなど活躍した。同校の1年先輩に澤井=後の豪栄道がいる。後年本人は「(澤井は)ちょっとやんちゃで後輩からは少し怖がられていたけど、なぜか僕はすぐ気に入られて可愛がってもらいました」と振り返っている。稽古場では澤井と300回ほど手を合わせたが、5回だけ勝った相撲は嬉しくて全部覚えていると、2017年に芸人たちと千代の国とで行ったトークライブで語っている。マービンJr. フレッシュアイペディアより)

  • ブレインサバイバー

    ブレインサバイバーから見た石橋貴明石橋貴明

    各回の内容は異なるが、総じて記憶力、動体視力、思考力などが試された。第2回以降は、タイトルに『 - II』『 - III』がつく。総合司会は石橋貴明(とんねるず)。ブレインサバイバー フレッシュアイペディアより)

  • M.C.ハマー

    M.C.ハマーから見た石橋貴明石橋貴明

    1991年、3rdアルバム2 Legit 2 Quitでハマーと改名しビデオ『ハマー』を作った。その後再びMCハマーに改名した。Too Legit To Quitのプロモーションビデオにはジェームス・ブラウンが出演している。日本ではテレビ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』の中で石橋貴明が「MCタカー」としてギャグを取り入れながら再現した。後に本人も出演、MCタカーと共演し U Can't Touch This を披露した。M.C.ハマー フレッシュアイペディアより)

  • 成増 (アルバム)

    成増 (アルバム)から見た石橋貴明石橋貴明

    アルバムタイトルの由来は、石橋貴明の出身地域である東京都板橋区成増から。正式なタイトルは、「成増 とんねるず 一番」といい、「成増」は「とんねるずが一番になります」に、更に「一番」は「一番になる」事に加えて、自身のファーストアルバムであることとも引っ掛けている。アルバムジャケットは写真は一緒だが、レイアウトがLPとCDでかなり異なっている。成増 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • Moon Water

    Moon Waterから見た石橋貴明石橋貴明

    作曲を担当した谷本新は、石橋貴明の同級生である。Moon Water フレッシュアイペディアより)

  • 星屑の狙撃手

    星屑の狙撃手から見た石橋貴明石橋貴明

    「狙撃手」にちなみ、跪いて銃を構える振り付けを取り入れた。フジテレビのバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』内で、石橋貴明がコントの脈絡に関係なく唐突に真似をしたことがある。星屑の狙撃手 フレッシュアイペディアより)

  • Mina (歌手)

    Mina (歌手)から見た石橋貴明石橋貴明

    1996年11月、TBS系列の音楽番組『うたばん』でMCの石橋貴明(とんねるず)に「君、“みたらし団子”って言われたことない?」と言われ、「だんご」というあだ名をつけられた。さらに、14歳の時に出演したKATO&KENテレビバスターズの映像が流れたが、ドッジボールをもったMinaの姿を見た石橋から、「どれがドッジボールだかわかんない!」と揶揄された。Mina (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • 可愛かずみ

    可愛かずみから見た石橋貴明石橋貴明

    多くの写真集にプレミアがついており、初期のものは生前から高値で取引されていた。特に「アイドル」「光の中の少女」はプレミア写真集として知られている。グラビア時代の可愛の人気は絶大で、毎週、特集を組んでいた雑誌もある。また、可愛のファンだったという芸能人は多く、ダウンタウンの松本人志、とんねるずの石橋貴明、高嶋政宏などがテレビで公表している。可愛かずみ フレッシュアイペディアより)

354件中 141 - 150件表示

「石橋貴明」のニューストピックワード