345件中 11 - 20件表示
  • 定岡 正二

    定岡正二から見た石橋貴明石橋貴明

    1986年からTBSのスポーツキャスターに転向。引退会見では、「芸能界には入らない」と言い切っていたというものの、やがてイザワオフィス所属のタレントとしても活躍(イザワには2001年頃まで所属)。日本テレビ系列のバラエティ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で『おちゃのこさいさい』と言う所を『へなちょこさいさい』と言い間違えたことから「へなちょこサダ」と命名され準レギュラー出演したことが契機となり、その頃からテレビ出演や著名人との対談など、タレント活動がメインとなる。1997年には上記の「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」での企画で石橋貴明、デビット伊東と共に音楽グループの“ANDY'S”を結成、シングル「FREEDOM」が発表される。定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 笑わず嫌い王決定戦

    笑わず嫌い王決定戦から見た石橋貴明石橋貴明

    第1回「笑わず嫌い王決定戦」を開催するにあたって、岡村隆史は石橋貴明に企画説明とその理解を得るために連絡した際に、石橋から「どうぞやってくれ」と快く許可を貰ったことを明かした。2004年FNS27時間テレビ内に放送された第7回「生・笑わず嫌い王決定戦」では、本家のとんねるずも出演。笑わず嫌い王決定戦 フレッシュアイペディアより)

  • Fish Fight!

    Fish Fight!から見た石橋貴明石橋貴明

    ラストシングルにして初めて秋元康の作詞ではなく作曲担当の後藤次利作詞の曲である。これは楽曲と共に後藤がつけていた歌詞を石橋貴明がいたく気に入り、そのまま正式な歌詞として採用されたからである。Fish Fight! フレッシュアイペディアより)

  • ジャイケルマクソン

    ジャイケルマクソンから見た石橋貴明石橋貴明

    2009年11月25日の放送では、当企画からの派生企画として、「ジャイケル大御所コレクション」を放送。第1回目は上島竜兵(ダチョウ倶楽部)と穂のか(石橋貴明の娘)をスタジオに招いて、大御所(明石家さんま、ビートたけし、タモリ、とんねるず)にまつわる伝説を語り合った。第2回目では、ゲストに小藪千豊、すっちー、アメリカザリガニ、団長安田(安田大サーカス)を迎え、関西の大御所(西川きよし、海原はるか・かなたなど)にまつわる伝説を語り合った。ジャイケルマクソン フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木保奈美

    鈴木保奈美から見た石橋貴明石橋貴明

    私生活では、1994年にF1解説者の川井一仁と結婚するが、1997年に離婚。1998年に現夫で川井の友人でもある石橋貴明(とんねるず)と、『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「新・食わず嫌い王決定戦」の共演をきっかけに妊娠3か月で再婚し、芸能界引退を発表する。既に撮影を終えていた主演映画『いちげんさん/ICHIGENSAN』(2000年公開)で大胆なヌードを披露したのを最後に表舞台から姿を消した。その後3人の娘を出産し、専業主婦として生活をしていた。鈴木保奈美 フレッシュアイペディアより)

  • 新人類

    新人類から見た石橋貴明石橋貴明

    学界・言論界では中森明夫、野々村文宏、田口賢司、浅田彰(当時京都大学人文科学研究所助手)など。芸能界では泉麻人、秋元康、石橋貴明、松田聖子、小泉今日子など。野球界では、当時の西武ライオンズの選手が、ファッションや言動などこれまでの球界の常識を打ち破り、当時在籍していた工藤公康、渡辺久信、清原和博が代表的な存在。新人類 フレッシュアイペディアより)

  • フジ家の流儀

    フジ家の流儀から見た石橋貴明石橋貴明

    フジ家の流儀(フジけのりゅうぎ)はフジテレビ系列で放送されたドラマ仕立てのトークバラエティー。石橋貴明企画・主演。フジ家の流儀 フレッシュアイペディアより)

  • 360°モンキーズ

    360°モンキーズから見た石橋貴明石橋貴明

    その他、過去にはメジャーリーガーや台湾プロ野球の選手を扱ったこともあり、その際は口ずさむBGMもはそれらしいフレーズ(場内BGMなど)に変えている。また、第4回時に一度だけ審査員の石橋貴明のリクエストにより、日本人選手である元ダイエーの山之内健一のモノマネを扱った。しかし、この時も歌っていた応援曲はバースのものだった。これはおそらく、山之内が高校時代「九州のバース」の異名をとっていたからではないかとも推測できる。また、初めてヒッティングマーチを歌いながら披露したモノマネはセシル・フィルダーであったが、実際に球場で使われていたフィルダーのヒッティングマーチも、バースの流用であった。また、第16回において、高校野球のネタを扱った時は、応援歌も「夏祭り」になっていた。360°モンキーズ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤次利

    後藤次利から見た石橋貴明石橋貴明

    前述の通りとんねるず(特に石橋貴明)と非常に仲が良く、とんねるずのオールナイトニッポンにも度々登場、横浜までのドライブで女を落とすためのミュージックテープを作っているなど、その女癖、語録、子供のようなワガママさ、目立ちたがり、面白い恋愛観などを度々披露され、「天才ベーシスト・後藤次利」とリスペクトと揶揄をあわせてリスナーの間でも人気者に。しかし、一時のとんねるずのオールナイトニッポンの中で、とんねるずが後藤絡みの下ネタを話し、一時後藤を「マッスルスティック」呼ばわりした。その後、後藤がバックを務める吉川晃司などのコンサートなどで、リスナーが「マッスルスティックー!」と叫ぶことがしばしばあり、後藤がとんねるずに「アイドルのコンサートでマッスルスティックだけは勘弁してくれ」と泣きを入れた。後藤次利 フレッシュアイペディアより)

  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見た石橋貴明石橋貴明

    とんねるず(石橋貴明・木梨憲武)がメイン司会を務める長寿番組であり、彼らの冠番組。ステレオ放送、文字多重放送、ハイビジョン制作を実施。通称は『スポーツ王は俺だ!』もしくは『とんねるずのスポーツ王は俺だ!』。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

345件中 11 - 20件表示

「石橋貴明」のニューストピックワード